FC2ブログ
2015/06/20.Sat

信じるもの

まだ若い男性が来られました。



< お母さん、見て!見て!>



元気そうなその姿を見せたい・・・

ただ それだけではないような、

その奥に ” 何か ” が含まれているとても

微細なものが 私の内によぎりました。



非常に静かに ゆっくりとお伝えしていたように思います。

ただ単に元気な姿を見せたい!・・・

安心させたい!・・・

だけではない” 何か ” が ずっと気になっていました。

それは、

非常に強く、信じておられるものに違いない_

その頑なに信じている内容が何であるか・・・

その時点では わかりませんでした。

「 息子さんから感じ得ることですが、

 とても熱心に本を読んでおられて・・・

 それをとても強く信じておられたように 思えます。」

Yさんは「 はい。息子はよく本を読んでいました。」

「今のところ、私には、その” 何か ” が、何であるのか、

 わからないのです。

 でも、きっと あるはずなんです。

 それが分かればいいのですが・・・。」

Yさんにそう説明しながら、同時に、あちらに何度尋ねても、

息子さんは パッ パッ と動くばかり。

その動きが何であるのかも わからず、

具体的で、決定的な” あること ” を掴めずにいる私自身に

苛立ちました。



こうしたように、

最初の方の伝わり方は、途絶え途絶えで

その間、とても疲れはしました。

( ただ話を伝えるだけで、 この人(息子さん)の役に立つのか・・・

 ・・・それは、少し違うように思える・・・)

Yさんに事情をお話し、

息子さんとお話することの承諾を得ました。



< 悲しい思いをさせて・・・>



お母さんへの感謝の気持ちと共に、

息子さんは 心からそう謝っておいででした。

彼が信じていたことが実現できたかどうかは

その喜びようで わかるように思います。



- - - - -
(略)

息子と会えたことを、本当に本当に、うれしく思っています。

息子は私と会うことがもしかしたら嫌なのではないか
という気持ちが大きくて、行きの電車の中では、
今日会えない場合のことばかり考えていました。
会いに来てくれたことだけでも、もう、感激していて、
感謝しております。

アガサさんが息子の特徴をお話していく中、
驚きとうれしさで、涙がわいてきて
止まらなくなっていました。
息子は、自分のことを証明するために、
制服のような服を着てたとお聞きし、自分のことを分かって欲しくて
「お母さん見て見て!」という声が聞こえてきそうでした。
(中略)

どれもあてはまっていて、息子が○○な性格であることも
読み取ってくださり、息子をとても近くに感じることが出来て、
もううまく言葉にならないくらいの喜びがありました。
(中略)

息子が私に「悲しい思いをさせて」と謝っていることに対し、
うれしく思いますが、逆に私も、
悲しんでばかりでごめんなさいの気持ちでいます。

私は、自分が息子と似ている部分があることを
子育てしながら感じてきていて、
息子の気持ちは、私自身にも感じる部分があるので、
どちらかと言うと息子に対し私は
おはずかしながら「同化」していたところがあります。
仲間のようにも、思っていました。
(中略)

正直言いまして、
息子が今この世界に居ないことの寂しさ辛さは毎日のようにあり、
まだまだ整理がつかない心境ではありますが、
息子とはつながっているということを固く信じていきます。
(中略)

今は息子は息子のペースで過ごしているのだと、
それを日々かみしめて、
私自身も自分のペースをつかんでいきます。


- - - - -



あちらでは、

叔父さんが息子さんを見ている、傍にいる、

ということも伝えに来られました。



” 決して、ひとりではない。”



こうしたことを伝えられるたびに

家族、親戚、友人、ペットの存在を大きさを

あらためて思います。



それにしても、

彼の信じていることが ○○移動だったとは!

このことを最初の方で とっくに教えてくれていたのに

無知な私でした。



とにかく、

息子さんは元気を取り戻しておられます。


















アガサ 葉山在住
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |