FC2ブログ
2015/06/19.Fri

存在を知らす、知らされる 〜 あれ? まさか 〜

愛する家族、愛する人、愛犬、愛猫・・・

他界後、その存在を知らせるようなことがあり、

ご依頼後もメールで知らせてくださいます。



” こんなことが、ありました。”

” 偶然かと思うようにしても、幾度もあると

見守ってくれているのかも・・・。”

きっと 多くの人々が そうした経験を

されているでしょう。



他界した人々は、自分のやりたかったこと、

やりたいことを家族や恋人、知人友人にさせる _

ということは ないと思います。

そっと見守ることはあっても、

自分以外の誰かに ” させる ” というのは

やってはいけないことなのです。



例えば・・・

うちの家族が随分前にある霊能者の方から言われたのは、

「 ○○が食べたいと言っている。

 あなたが食べるか、仏壇に供えて。」

です。

当時、それを聞かされた時 私は大笑いしました。

当たると言われていた別の方も私の祖母が

「 うどんを食べたい、あぁ、食べたい

 っておっしゃっていますよ。」

と言われた時には、祖母がどうこうではなく

そんなことを伝えてくる方を心配したものです。

そうしたことを言いに、わざわざ 来られません。

良識常識で考えれば わかることです。



存在を知らすのは、

他界後まもないうちが確率的には高いです。

そうしたことも、次第に回数は減ります。

私たちが、悲しみ続けていると

< そんなに泣かないで。私は元気だから。見守っているから。>

愛情プラス心配されたりは するでしょう。

それは、こちらの世界もあちらの世界でも

同じ。



私たちにとって、

” あれ? まさか・・・”

と思うような偶然すべてが、愛しい家族や愛しい人の

” しわざ ” ではありません。

可能性は高くなるかもしれませんが、

愛する家族、人、ひとりの ” しわざ ” では

ないと思います。

あちらの方々とこちらの方々からの愛と

自分の無意識のものも混ざって

到底、自分では成し得ないと思うような

奇跡的なことが起こるのだと 思います。



そうした偶然というのは、

愛しい人の存在を 心から信じたいけれども

信じにくい状態にある、

悲しみが深い時に 起こりやすいように思います。



そうした偶然を そう思う自分を

” 私は 頭がおかしくなったんだろうか・・・ ”

そう思う必要は ありません。

大切な人の他界を経験した人々は

そうした経験をされています。



ただ、私が思うのは、

そうした偶然のような経験は

自分の胸に 宝物として 扱うこと。

これが大切だと思います。

見えないこと、

見えない世界の美しさは

自分の心の内で 大切に温めるのが最高と思います。



そうした偶然がなくとも、

” 愛しい人は元気で今も居る。”

いつか、

心から そう思えてきますよ。






私は 自分の経験から

そう思います。
















今月最初ぐらいの頃の写真です。
今では随分と育ってるでしょうね、夏野菜たち。
時間をみつけて、見に行きたいと思います。







私のあちらの居る家族や親戚たちは
うんともすんとも言ってこない。(笑)
” お〜い。元気かぁ〜?! ” とたまに心で話すのですが。
まあ、元気にしてるだろうから いっか。


アガサ 葉山在住
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)
思うこと | Comments(0)
 | HOME |