FC2ブログ
2015/06/18.Thu

” ありがとう ”

ご機会の時まで待てない、あちらに引越された方々も おられます。

この方も そのおひとり。

早朝起きるか起きないか・・・そのさなかに

< 家に帰りたかった・・・>

そう 私に話される声で 目が覚めました。

いつものことながら、しばし ぼんやり。

( この声の男性は 本当はお家に帰りたかったんだ・・・)

ひとりひとり 様々な事情があり、思いやりがあって

言わない気持ちだって あるよな _

( 間違えなく 届けてあげたい )

いつも そう思い、日常に戻ります。



娘さんとおふたりでお越しになる。

娘さんが小さいお子さんだったら・・・

まぁ、絵本はあるし、くまさんのぬいぐるみもあるし、

いざとなれば、LEGOブロックもあるから いいか・・・

そんなことを思っていると 到着を知らす電話を頂きました。

とっても可愛い元気な声!

待ち合わせ場所に向かうと 親子というよりは、

友達同士のような女性がおふたりでした。

我が家にお越し頂いて、少ししてから

静かに ” 対話 ”へと入っていきました。



すると、

ひとりの男性が 来られました。

容姿やお人柄といった伝わってくる描写を伝えたあと、

お会いする前の調整時間に 話してくださっていたことを

Tさんと娘さんに伝えてゆきました。

「 家に帰りたかった、そうおっしゃるんです。」

「 すごく息がしづらくなりました。

 肺が息苦しくてね、私も、困ったなと思うほどです。

 そして、酸素マスクっていうのかわかりませんけれど

 ほら、こういうマスク(手でジェスチャーをし)、

 ” マスクをとりたい ” って 思っておいででした。」

「 靴に関して おっしゃっていますね・・・

  靴が好きなのかな?・・・う〜ん、これについては

  はっきりした内容がまだわかりません。

  きっとあとでわかるでしょう。」

「 ” 母に会った ” っておっしゃるんですよ。

  そして、

  万感の思いをこめて、

 ” ありがとう ”  って。

  そうおっしゃるんです。」



そうしたことを立て続けに 伝えました。

気づけば、Tさんも娘さんも

目を真っ赤にされていました。

( おわかりになったようですよ、ご主人。)

ご主人は、安堵されている様子を私に体感で

知らせてくださいました。



このあとも、いろいろとお話になりました。

最愛の妻にむけて、

最愛の娘にむけて、

とても素晴しく私に話しかけてくださったご主人、お父さん。



以下、Tさんから頂いたメールを部分的に掲載致します。

- - - - -

お話の最初の、肺が苦しい、母に会ったよ‥‥
もうそれだけで主人だと思いました。
3日前からアガサさんに連絡を取っていたなんて‥
私も逢いたかったけど主人も逢いたかったったんだなぁ―と、
嬉しく成りました。
(中略)
主人も、私の事を安心させよと、アガサさんに
お話ししてくれたんだと思うと‥涙が溢れます。
私は亡くなってからも主人を愛してます!
(中略)
アガサさんが交信の中で‥‥
ご主人が「親父の一言が悪かった‥ゴメン!」と、言ってますよ。
その言葉‥主人の言い方そのものです!
何度聞いても涙が溢れます。
(中略)
主人の気持ち伝えて下さって、本当に有り難うございました。
心穏やかに生活出来そうです。

- - - - -


「 もし、主人が来てくれたら・・・と思って

  質問することを書いてきたんです。」

とおっしゃいながら、メモを出されました。

でも、

そのメモをTさんはご覧にならなかったと思います。

見る必要がなかったのです。

ご主人が 早々に 話しされていた中にあったからです。

そのひとつをご紹介しましょう_

「 主人が他界したあとに、主人の母が他界しました。

 あちらで会えたかなぁ・・・それが気になっていたんです。

 それを尋ねようと思っていましたけれど、

 もう 主人は 言ってくれてました。」



靴のことも・・・(大笑)

これは、Tさんと娘さんの愛しい楽しい宝にします。



そして。

ご主人の他界後、

Tさんがずっと泣いておられた” ある事 ” についても

ご主人は、真実を話されたのでした。

誤解が解けたことにご主人は安堵され、

しみじみされていました。



万感の思いをこめて、

< ありがとう。>

そうおっしゃったご主人の言葉の意味が

私にも わかりました。







よかったです。

私も安堵しました。











アガサ 葉山在住
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |