FC2ブログ
2015/05/26.Tue

ほら、見て!

髪の毛の先がくせっ毛なのか、寝ぐせなのか・・・

どちらにしても、元気よく 私の方へ走ってきてくれた

男の子。

「 小学校3年生ぐらいにも見えるかなぁ・・・」

お顔の感じなどを描写しながら Eさんに伝えます。



お電話をくださったEさんは、

電話の向こうで 伝えるたびに

「そうです。そうです。」

と、丁寧に相槌をくださいました。



「 息子は、4才で天国へ行きました。」

「 あらま、でも、この子はどうみても

 小学3年生ぐらいに 見えますよ。」

「 ええ、でも、息子です。」

「 でも、年齢がちょっと・・・」

と 言う私に Eさんは優しく、

何やら心躍るような空気感で 話してくださいました _

「 私の誕生日の日に ○○○は夢に出てきてくれたんです。

 4才ではなく、小学校3年生ぐらいに成長したあの子でした。」

「 あら まぁ・・・」

もう私は、何も言えませんでした。

言う必要など ありません。

「 そうですか!」

母親同士の気持ちは繋がれ、とても安定した空間に

成って行きました。



「 あれ? 先週、来てくれた子だね。

 あぁ、そっか。そうだったんだ。

 Eさん、すみません、勝手に話して。

 どういう意味か言いますと

 先週、他様のご機会の時に来られたので

 描写するも、他様はお分かりにならなかったのです。

 ご家族に会えればいいなぁと思っていたら、

 Eさんの子どもさんだったんですね。

 そっかそっか、良かった。

 会えて 良かった。」

「 あぁ、そうなんですか。私、先週末に

 『 来週はアガサさんとお話するから、

  アガサさんのところに来てね。』って

 手を合わせて話していたんです。

 そうですか・・・。」



そうして、○○○くんに注目しますと

< ほら、見て!>

何だろうと、目を凝らしますと

小学生の男の子らしく? 人差し指と親指で

捕まえた虫を見せてくれているのです。

( あぁ、虫を捕まえたんだね!)

虫が苦手な私は、半ば、どきどきしながら

( もう十分にわかったからお母さんに伝えるね。)

虫を捕まえたことを 興奮気味に 誇らしげに

教えてくれていますよ、とEさんに伝えました。

「 そうですか。あの子、成長してるんだ(泣)・・・

 ○○○は、虫が苦手だったんです。

 虫を掴めるようになりたいって言ってたんです。」

「 ○○○くんは、ちゃんと成長されていますね。

 嬉しいことですね。」

「 はい・・・(泣)」

「 あれ、今度は・・・ん? どうして、三輪車に乗ってるのかな?

 小学3年生ぐらいの子が 三輪車に乗るってちょっと・・・(笑)

 面白いですね(笑)。」

「 三輪車に乗ってるんですか?!

 まぁ・・・実は・・・○○○が天国へ行ったあと、

 弟が生まれまして、そろそろ、三輪車を買おうかと

 考えて選んでいました。

 何をするのも、○○○と一緒に遊んでいる、生活している、

 というふうに心の中で思いながらいるのです。

 足をひっぱってはいけないと思うのですが・・・」

「 足をひっぱるなんていうことは、迷信です。

 実際にこうして、○○○くんは成長されています。

 それをお母さんに知らせたかったのでしょう。

 よかったですね。」



Eさんのお子さんが話してくれることを

伝えているうちに、おばあさんも来られました。

生前のおばあさんらしいことをいくつかおっしゃって

< ・・・よぉー、来たねぇー >

「 Eさん、おばあさんが『 よぉー、来たねぇー』って

 おっしゃっていますが、意味がわかりますか?」

「 あ、そうですか。はい、わかります。

 私は○○市に住んでいるのですが、最近、祖母が

 住んでいた○○県に行ってきたところです。

 そうですか。おばあちゃん、ありがとう。」

おばあさんは、ご自身で大切になさっていた

家族の在り方、

家庭の在り方、

を織り混ぜて Eさんに心を話しておいででした。



終始非常に電波の通りが良く、驚く程でした。

普段の倍以上の通りの良さに、私は少々あっけに

とられっぱなしのご機会と成りました。





< ぼくね、これ、好きなんだよ!>

( えぇ? 何それ? ウィンナーの長いような形だね。

 お菓子だね。なんていうお菓子なんだろうね。

 美味しそうに食べてるね。)

< うん!>

笑顔いっぱいに 言ってくれたね、○○○くん。

Eさんに伝えますと、

「 それは、○○○の大好きなお菓子、アイスです。」

と 嬉しそうに話してくださいました。



子どもと話す時、私は時間も世の中の鬱蒼としたことも

私の中から消えます。

子ども嫌いと思っていた私。

とんでもない!

子どもがこんなに愛しいと思えるなんて

なんて素晴しいことだろうと思います。

子どもの心は 本当に美しいのです。



早々にくださったEさんからのメールを

一部掲載させて頂き、

読んでくださっているあなた様の心に

温かみがさしますように。



- - - - -

心暖まる時間をありがとうございました。
まだ嬉しくて心が温かい気持ちです。
より一層、○○○を側で感じる事が出来て、
幸せな時間でした。
感謝の気持ちでいっぱいです。
私と○○○、住む世界が違っても、
ずっと家族、ずっと仲良しでいたいと思います。

- - - - -



成長し続ける○○○くんは、

小学生らしく ふっとお母さんに甘えたくなったようです。

「 Eさん、今ね、○○○くんが ふっと

 お母さん恋しいって 思ってるんです。

 寂しいのとは 違います。

 ただ恋しい、甘えたいんです。

 良いでしょう?」



時間にして 1分ほどだったでしょうか、

○○○くんは、お母さんに抱きついていました。

私は もう 胸いっぱいでした。



天国に住んでいるわが子も

この世にいるわが子と一緒に育てる。

本当に素晴しいことで、

なかなか難しいことで、

だけど、

真理は 身近な生活の中にあるのだと

再確認いたしました。






○○○くん、

また 遊ぼうね!








27th May 追記:
後日、Yさんが下さったメールの一部です:
「 私の時に出てきた男の子はEさんのお子さんだったのですね。
 お母さんに会えて良かった〜。私も嬉しく思いました。」

Yさん、優しいお気持ちと言葉をありがとうございます。



アガサ 葉山在住 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
天国との対話(霊交信 / 霊界通信)








愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |