FC2ブログ
2015/02/16.Mon

聞こえてるんですかね?

次の更新はいつだろうという思いが

たくさん届いています。

ようやく、

時間が出来、気力が出てまいりました。

いつものごとく、覚えているところ、

終了後に頂くご依頼人さんからのメール

内容に助けられながら、印象的なことを

綴らせて頂きます。



お越し下さったのは、ご依頼人Aさんの

ご主人でした。

ご主人はあることを話されつつ、

その情景を見せてくださいました。

それは、

美しいオレンジ色の夕暮れ時の水平線・・・

と一瞬見えたあとすぐに、

おふたりが仲睦まじく頭を寄せて

その後方右手には、岩山のようなものが

ある風景でした。

(判別する前に次々変化する あちらの

 速い伝達には毎回驚きます。)

Aさんは、

咄嗟に思い出せなかったようです。

いろいろとお話を伝えてゆき、

ご主人が、私にこうおっしゃったのです_

「(自分が)話しかけていることって

 聞こえてるんですかね?」

と。

私は、一瞬(ん?)と思いましたが、

「 ええ。もちろん、そうだと思いますよ。

 あ・・・でも、わからない時もあると

 思いますよ。」

というようなことをお返事しました。

Aさんに、私が、何を話しているのかを

お伝えしました。

「『 聞こえてるんですかね?』と

 尋ねられたのです。

 つまり、ご主人がAさんに話しかけて

 いるのがAさんに聞こえて(伝わって)

 いるのか?という意味です。

 こういうご質問は、多分・・・初めてと

 思います。

 ご主人は、面白い方ですね。」

とAさんに申しました。

Aさんとご主人の対話は、

まるで ” 夫婦漫才 ” のようでした。



Aさんは、霊媒という人達に何度か

依頼をされたそうです。

霊媒から伝えれたご主人は、

怒ったような・・・

切れ気味で話している内容を伝えられ、

とても悲しい思いをされたそうです。

” そんな切れて話すような人じゃなかったのに・・・”

と。

霊媒と自称する人は多くおられます。

霊媒が ” 繫がる場所 ”を違えてしまうと、

全く違う人を ” 家族 ” だと勘違いして

しまいます。

こうした勘違いや間違いは、

霊媒自身がそこに気づいていないのと

霊媒自身の個性(性格)だと思います。



どういう原因で、他界されたのであれ、

性格や人柄が ごろっと変わってしまうことは

ありません。

私たちもそうです。

服装や持ち物で”見た目”は変われようとも

性格や人柄というのは、急には変われません。

ですので、安心なさってください。



後日、Aさんから頂いたメールの一部です。

- - -

主人が来てくれて、とても嬉しかったです。
そして、わたしが心の中で話してるのが、
主人とわかってほんとに良かった。

主人が「○○○○○○○○○○○○。」
って言ってくれたのが嬉しかった。
亡くなり方が亡くなり方だったので、
気にもしてなかったのかなって、
チョット寂しかったから。

「○○○○○○○○○○○○○○○○。」
って、言うのも嬉しかったです。
わたしの夢の中で、主人が
「○○○○○○○○。」って話してたこと
と重なりました。
(中略)

誰かと主人のことを話せるのは、
とてもとても嬉しかったです。
しかも今の主人のことを伝えてもらえるのは、
涙が出るほどありがたいです。
(中略)

顔を寄せている写真なんてあったかなと
思ってたのですがありました!!
ちゃんと岩山も写ってます
(中略)

- - -

Aさんは、ご主人の変わらない一言や

気持ちに、ほっとされたようでした。



ご機会のあと、

メールで送ってくださった何枚かの写真。

ご主人が私に見せてくださったまんまの

景色でした。

ありがとうございました。





”ご主人。

奥様にはちゃんと聞こえてますから

大丈夫ですよ!”










アガサ 葉山在住 霊媒 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
霊交信(霊界通信)公開霊視












愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |