FC2ブログ
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

働きどおしの母

見せてくださるお姿から年齢を察するのは

私の”苦手”な分野です。

なぜなら、

「見た目」と「実年齢」には差があるからです。

わずか数才違うだけで、ご依頼人によっては

「 違う 」と思われる方もおられます。

それはさておき。



お越しになられたご婦人は、

現在の人々の実年齢とは思えないほど、

苦労に苦労を重ねた方でした。

そして、日常においても

質素倹約を心掛けておられた・・・

そうせざるを得ない緊迫したものを感じながら

芯の強さと深い愛情と自己犠牲、

まるで、武家を支える妻のような気迫さえ

お姿から発せられる空気から感じ取れました。

しかも、

健康状態は、虚弱体質。

私は虚弱体質ではありませんが、

全身が弱々しく感じられながらも

家族を支えてゆかねばならない_

身体の弱い自分が 意思強固であった理由を

こう話してくださいました。

「・・・この子のために、

 娘のために、生きてきました。

 働きました。

 この子がいてくれたからこそ

 私は生きてこれました。

 一緒に遊んであげたい_

 そう思ってきましたが、

 なかなかそういう時間がなかった。

 寂しい思いをさせたと思います。」



そのあと、突然、パタンと倒れる感覚が

私の内にありました。

そう思いましたあとに、ご依頼人Tさんは

「母は、働いて働いて、

 これから少しゆっくりできるかなと

 思った矢先に、倒れました。」

とおっしゃいました。

Tさんの胸にあった思いを涙と共に

少しずつお話されますと、

お母さんは、

「 倒れたあとの時間(月日)に

 ようやく この子と一緒に居れる時間が

 出来ました。

 話すことはできませんでしたが、

 娘が傍にいてくれる、

 娘との時間は私にとって有難かった。

 この子がいてくれたから、私は

 生きようと思えました。」

そうしっかりとおっしゃいました。



介護する側は、思います、

「生きてほしいと思うがゆえに

 親に無理をさせたんじゃないか」

と。

そのこともTさんは思ってました。

お母さんは、わかってらした。

娘の気持ち、

娘の愛情をね。



お母さんの気持ちが、私と

重なっていますから

娘を思う母の思いを何とか

そのとおり、

そのまんま、

お伝えしなければ

お伝えしたいと

その一心でした。



お母さんは、

大変お元気でおられることと

天国でわが子を思いながら

相変わらずの ” 働きもの ” で

おられることをお伝えしました。






お母さんに、心から敬礼いたします。










アガサ 葉山在住 霊媒 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
霊交信(霊界通信)公開霊視







テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体