FC2ブログ
2015/01/08.Thu

しっかり者の娘さん

ご依頼の申込は 約3ヶ月も前でした。

季節は 秋から冬へと移り変わり

新春らしい晴れた日。

風がないと陽射しは春めいていて

眩しさが増してきました。

お約束の時間より アガサモードとなり

内心、(準備時間には早すぎる・・・)

そう思っておりましたが、

身体は勝手に お迎えの準備。



お約束1時間程前にかかってきた1本の電話。

どなただろう・・・

お待ち合わせ場所に早く到着されたご依頼人

Rさんからのお電話でした。

お電話を頂けてよかった_

心から そう思いました。

1時間も待って頂くような場所もないので

気の毒すぎます。

「お電話を頂いて、本当に良かったです。」

そう私は 心からため息まじりに笑いながら

話しました。

緊張されていることと思い、他愛もない話

お天気のことなどを話しつつ、お茶を入れ

静かに調整して行きました。



おじいさんと呼ぶには、困るほどのお若い

男性が表れ、一緒に持ってこられた物や

お気持ちを話してくださいました。

お気持ちが私に重なって来、

その愛情の多さや純粋さに 心を奪われ

おじいさんの目から流れる愛情の涙が私の

目のからも流れ落ちました。



そして、一緒に来られた方へと私は

移行していきました。

( まだ、間もない・・・)

そう思いましたが、次第にはっきりと

伝えてこられ、彼女に集中しつつ

お伝えしていると、気づけば

Rさんが 泣いておられたのです。

確認をとるのは 野暮なこと_

そう思い、彼女に集中しながら

お伝えして行きました。



実に しっかり者の娘さんでした。

私に慣れてくださると

お気持ちや、あちらで経験されていることを

話してくれました。

印象的だったのは、娘さんが

” 帰りも喋って帰ろうね。って

 お母さんに言ってください。”

とおっしゃったので、

そのままお伝えしました。

Rさんは 大きな瞳をさらに大きくされ

感極まり涙を流れて、こうおっしゃいました_

「 こちらに来る電車の中で、

 心の中で 娘に話しかけていました。

 手を 繋いでるような気がしていました。

 あぁ、そうなんですね。

 そうですか。そう言ってくれたんですね。」



あぁ、だから、

「 帰りも 」とおっしゃったんですねと

私もとても嬉しい気持ちになりました。



母と手を繋ぐ。



私は 何十年前だったろう・・・

そう思いました。

” 親と手を繋ぐ ” って、本当に

幸せなことですよね。



Rさんは、私が対話しやすいように

たくさんの愛情を私にも送って下さいました。

優しい穏やかなお心に 心から

感謝致します。

お心のおかげで、天国の対話は

非常に 通りが良かったです。

これは 霊媒の能力ではなく、

愛の威力です。





ありがとうございます。








冬休みの間、対面はお休みをさせて頂きました。
年末に風邪をひきましたが、のんびりと
過ごさせて頂きました。
こうして、お休み明けの初日からご機会を
頂けることに 本当に 頭が下がります。


アガサ 葉山在住 霊媒 Agatha
~天国の人々の思いを伝えています~
霊交信(霊界通信)公開霊視







愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |