FC2ブログ
2014/11/28.Fri

わが子への貯金

-----

昨日の帰り道、
持ってきた本も読み終えてしまい、
色々と考える時間が持てました。

昨日の帰り道、○月にお伺いした時より
自分の気持ちが変化していることを感じました。

○の今の様子を教えていただき、ありがとうございます。
○とは、住む世界は変わったかもしれなけれど、
私たち家族がこちらの世界でできることを頑張って、
幸せや楽しいと感じることを増やし、
天国に住む○に日常の出来事を報告できれば
○もそれを励みに
天国で幸せや楽しいと感じるように
過ごしてくれるのではないのかなと。

私が親として、これから○にしてあげられることは、
今までしてあげられなかった事を
悔やんでいることを伝えるより、
これからの日常での幸せや頑張りを貯金として
○に仕送りしてあげよう。
仕送りが増えたら○も喜んでくれる。
仕送りが減ったら○が悲しむ(○)
仕送りが出来ないこともありますが、
少しずつ、少しずつ。

そんなことを感じられた日になりました。


(Nさん)
-----

むこうからのお話や通信状態は

いつも同じでは ありません。

こちら側が 望むような、望んでいる通りには

なかなか行かないのだと思わされることは

多々あります。

家族を偲んでも 何も感じないことも

あります。

どういうことであっても、

現実を受け入れるしかないんだ・・・

そう思う日も あるでしょう。



家族の他界を迎えても、

感覚や思いというのは、ひとりひとり違います。

父としての思い、

母としての思い、

兄弟姉妹としての思い、

ひとりひとり違います。

それぞれに 励まし合いつつも、

人には いろいろな時があります。

強くなれる時と

弱気になっている時、

前へ歩いていこうと思える時と、

そう思えない時。

いろいろ です。

複雑な心境と問題が絡み合い、

なかなか 思うように行かないことも

あります。

悲しいことが起こり、

手相やら占いやら何やらに行くと

「 運命だったから 」

と言われたりします。

励ましも込めてもらっているだろうけど

運命という言葉で 片付けられないことは

あると思っています。

命に関わることに

「 運命だから 」という言い方は ない!

私は そう思っています。

とてもじゃないけれど、そんな言い方は

私には出来ないし、したくないし、

そんな血も涙もないような言い方は

しない。これが、私です。



一番苦しいのは、

死の真実を 思いやりのもとで

言えないことなのかもしれない_

生まれる、ということと

死する、ことは どちらも尊い。

その尊い真実を 隠し通すのは

想像を絶する強さと悲しみと愛を

維持しつづけなければならない。

これは 非常に辛い。苦しい。

胸の内を吐けたら、どんなに楽に

なるだろう・・・

でも、それは しまい。言うまい。



口に出すことは、我慢し続けることよりも

もしかして 容易いかもしれない。

” 真実を解明すること = しあわせ ”

とは、すべてがすべて言えないだろう。



それが、

家族にとって 最善であるかどうか

わからない。

自分の胸に押さえ込まれた感情は

膨らみ続け、

時に、爆発しそうになる自分を

わが子にために、

家族のために、

耐えねばならなことも あるのだ_

頭と心で感じ取っても、

当人になることは出来ず、

お辛い胸の内を察することしか出来ない

そんな自分が 増えてまいります。



この方と対面をさせて頂き、

その悲しみと辛さは

一体どこまで

耐えねばならないのだろう・・・

私個人としての感情は、

求められない、取るに足りない。

だったら、

あちらは 何と言ってくるのだろうか・・・

こちらに心を傾け、

あちらに耳を傾けての時間。



「 図書館からたくさん借りた、

 瞑想の本やそうした本も

 全く 読む気がしなかったです。

 読まずに返却しました。

 ” あなたも訓練すれば、

 ミディアム(霊媒)になれます ”

 そうしたことにも 心は揺れない、

 逆に驚きました。

 本当に多いんですね、そういうの。」

とおっしゃった姿に、

全うな強さと愛を感じました。

少しずつ 少しずつ

Nさんがおっしゃる「貯金」が

子どもさんのために、

ご家族のために、

ご自分のために、

貯まっておられるのだなぁ・・・

と とても嬉しく思いました。



言うは、易し。

行うは、難し。



こうして私たちは、

生きていく上で

何が大切なのかを知っていくのだと

思います。












アガサ










愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |