FC2ブログ
2014/10/30.Thu

ラケット

ほっそりとした二十歳ぐらいの女性が

動揺されながら、私の前にあらわれてくださいました。



お伝えしてゆく中で

突然、ラケットを見せられました。



「 ラケットを私に見せてくださいました。」

とお伝えしますと、

ご依頼くださった方は、声をあげて泣かれ、

「 私の娘です。」

そうおっしゃいました。

娘さんも自分だと認めてもらえてとても嬉しそう。


そうして、

娘さんは、いろいろ話してくださいました。



< お父さんに 悪いことしたね・・・

 私の花嫁姿を見せてあげれなかった・・・>



< お母さんに これは強く言ってほしいです。>

( どうぞ、おっしゃってください。)

< 自分を責めすぎて・・・ してはいけないことをしないで。
 (自死を選ぶこと)

 そんなことしたら、お迎えに行かないよ。って。>

 言葉を変えて、そうお伝えしますと、

 「何度か未遂をしたのです」

 とご依頼人さんはおっしゃいました。



娘さんは、

< 自分の病気は誰のせいでもない!>

そう強くおっしゃっていました。



ご両親が 天命を全うするその時には

< 必ず 私がお迎えに行くから!>

と。



両親の愛をたくさん感じ、

天国で成長され続ける娘さん。



<お母さんが悲しい時はいつも傍にいると伝えてください。

 あ!じゃー、いつも傍にいるってことになるわ!>

ご自分で言って、ご自分で笑っておられました。



ご依頼人さんは、ずっとご自分を

責めて、責めて 責めておられました。

夜は 眠れず、お薬を飲まれて

ようやく眠れる日々と伺いました。

何年もの間、ずっと。



娘さんとの対話が終わる前には

お母さん、娘さん 双方の心が

互いに寄り添い、穏やかになってゆかれました。

言葉がなくとも、それは伝わります。



それを確認したかのように、

娘さんは 私から離れてゆかれました。



私も おかげさまで、

肩の荷が降ろせました。

本当に、良かったです。







アガサ





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |