FC2ブログ
2014/10/11.Sat

人を救いたい気持ち

先日、ご依頼くださった その機会に

あちらに調整しはじめるやいなや、

あらわれてくれたのは

とても聡明なお子さんでした。

一緒に来られた方々は、

お子さんを温かく見守って 後ろに

ひかえておられました。



こんなに小さいのに、私を見つめて

まっすぐに来てくれるなんて・・・。

躊躇するほどの”真っすぐ”な子。

あぁ、本当に良い子だな・・・

と思わず言ってしまうほどでした。

お伝えすると、ご依頼人の女性は

こらえきれない涙が溢れでたようでした。

「 わたしの子どもです・・・」
 (うちの子どもとおっしゃったかもしれません)



小さなお客さんは、少しずつ伝えて

くれました。

時折、一緒に来て下さった方々が

お話もされて。

そのお話さえも、お母さんにとって

わが子だと思えることでした。



終盤の方で、私に言ってくれました_

「ぼく、ひとをすくいたい。

 いっぱいべんきょうして、

 おいしゃさんに なりたいんだ。」

(あぁ、そうなの。お母さんに伝えるね。)

驚いたのは、

2〜3才のころにすでにそうしたことを

話していたとお母さんが思い出されました。

もうこれ以上は、内緒にしておきましょうね。



親よりも先立つ子どもさんは、

どの子も 胸がしめつけられるほど

本当に 良い子ばかりなのです。

そして、

親御さんもまた、心の美しい方ばかり。

どうして、そんな良い方々ご家族が

これほどまでの辛い悲しいことを

経験しなければならないのか・・・

いつも 胸がしめつけられる思いが

いたします。



” ひとをすくいたいんだ。”



ご家族に見守られ、

しっかりとご飯を食べられ、

のびのびと成長されている様子を

少しはお伝えできたようにも

思います。



昨今の、子どもへの虐待、誘拐などの

ニュースの多さには閉口しています。

やりきれない思いの方々が多いことでしょう。

私もそのひとりです。

方や、

わが子を心から愛し、大切に育てておられる

親御さんも多くおられます。

こんな私に何が出来るのか_

私に出来ることは、

家族との日常を愛しく思い、

丁寧に生きていくことしか ありません。

悲しみの淵におられる多くの方々の思いを

一日足りとも 忘れることなどないのですから。



本当に、聡明なお子さんです。






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0)
 | HOME |