FC2ブログ
2014/07/03.Thu

母と娘


季節はいつのまにか、夏。7月。

先日お越し下さった方は、

ご依頼、瞑想会の場でお会いする方で

葉山町在住の方。

透き通るような色白のお肌。

すぐに日焼けする私とは大違い。

髪型もとても似合っています。



さて。



部屋にお通しし、

他愛もないお天気などの話をしながら、

いつものように 自然に 穏やかに調整。

しばらくしますと、

Tさんがお越しになる前から来られていましたおふたりが、

お越しになりました。



Tさんがお見えになる前、

” ○○の母です。”

と話してくださいました。

「お母さんと私で、何気ない会話をしていたのですよ。」

とお伝えしておきました。

もちろん、会話の内容も。

その会話の内容に、

愛しいお母さんを思い起こすことが

含まれていたようです。

お母さんらしさを耳にされ、

涙をぬぐっておられたようです。



お母さん、若くして他界されたお祖父さん、

ご依頼人、そして、私。

見た目、2人なんですけれども

4人での会話のひとときは、

ご依頼人さんにとって

とても佳い機会となったようです。

表情に輝きが増しておいででした。



他界から届く内容は、

突拍子ではなく、

私たちが悩みを持っていても

” あぁ、そうだな。その通りだな。”

と 思えます。

無理なく、自然な感じです。



さあ、そろそろ終わりかなと思えたその時に、

突然、

お母さんは私と重なって来られました。

お母さんが私に託される思いを

伝わってくるままに

さっと走り描きのような絵でも

ご説明しました。

それらは お母さんが

よくそうしておられた姿でおられたようです。



「今のこの状態をどう表現しようか・・・

 すみません。

 言葉が見当たりません。」

というようなことを言いながら、

何か お伝えしていたと思います。



気が少し遠のいている私の耳に聞こえたのは、

「 とても今、母を 感じます。」

という言葉でした。

母がそこに居るのが、わかる _

これはもう、言葉では説明の

つかないことなのです。

体感されたご本人にしかわかりません。





Tさんは、お母さんの愛に包まれ、

ご自身の胸の内も「よしっ!」

という希望と意欲の光で

輝かれていました。



「 すっきりしました。」



そうおっしゃるお顔とお姿は

葉山の自然のように、

爽やかで しなやかでした。







きのこのキャンドル、なんて可愛いのでしょう!
ほのぼのします。
部屋がまるで 緑いっぱいの自然の中にあるようです。
アンティークな感じの一輪差しも 素敵で和みます。ありがとうございます。





アガサ






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |