FC2ブログ
2014/06/20.Fri

気づく人 気づかない人


先日、ご依頼下さった方は、

ご依頼時からとても丁寧な、

心のこもったご挨拶を

Eメールに載せて下さいました。

有難いなぁ~

そうしみじみ致します。



待合せ場所へ お迎えにあがった時、

( 清い白がなんて似合うんだろう・・・)

そう思いました。

白という色は、とても難しい色です。

色だけが浮きやすいのです。

白が板についた、しみこんだ方でした。



交信を交えつつ、

今、ご依頼人様にとって

必要なことへと 話が移ってゆきました。

時間も終わりに近づいた頃、

「 アガサさんがブログでおっしゃっている

 とおりですね。

 立派なもっともらしいことを

 言われていても、

 本を出版されていても、

 実際の行動とは、同じではないのですね。」

と、そうお話くださいました。

続きを少しお話になると、

私は、

耳を疑いました。

そして、思わず、

「 え? そんなことをする人が

 実際にいるんですね・・・」



さぞ、怖かったと思います。

洗脳の怖さに、

気づく人と 気づかない人が

いるのだと思いました。

気づかない人達は、

何をどうされても、

教祖的な人を崇め奉るのですね。

なんだかなぁ・・・。



普通が一番ですよ。

本当に。






気づくも、

気づかないも、

人生なんでしょうね。

「気づく」というのは、

何も特別なことを気づくわけでは

ないんですよ。



気づいたら、

” 何であんなことを・・・”

と思いますもんね。

視野の狭い世界_

” 井戸 ” の中に居る時は、

井戸の中でのことが ” すべて ” に

思えるんでしょうね。



特別にならなくても

良いんじゃないかなぁ~。

人として 全うに歩いてゆければ

それが十分で、最高だと思いますよ。



特別になりたい時、

選ばれたいと思う時、

不安が大きい状態だと

思うんですよ。

権力が欲しい人、

いじめる側の人間、(いじめは犯罪ですけどね)

これらの人たちには

大きな 大きな不安が

いつも あるんです。



普通で 良いじゃん!





自然の美味しさを頂き中です。ありがとうございます。
ジャムはすっかり完食です。






合掌

アガサ





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |