FC2ブログ
2014/06/16.Mon

心の距離


そろそろ暑くなってきたこの季節。

お待合せ場所へ行くと、

美しい色の、チュニックというのでしょうか、

それをお召しになっていました。

私の好きな色が 目に飛び込んできて

ぼんやりしてしまいました。



静かに調整を合わせ、

"ご家族"の細かなことに注意を払うものの、

どうしてもわからないことが出てきました。

他界に尋ねる私を気づかって

ご依頼人さんは、ご協力下さいます。

本当に、有難いものです。



あちらから見せられること、

囁かれること_

これらが時に、パズルのように

思う時があります。

情報として、

淡々と伝えてこられる時もあれば、

最後に大きな意味をもたせるような時も

あります。

毎回、全く違います。

同じご依頼人さんであっても、

違います。

だからこそ、私は信頼しているのだと思います。



人生のひとこまをご一緒させて

頂いているのだと思っています。



本当に、人それぞれ。

さまざまな人生が あります。

この世では、

家族と心の距離が出来てしまったまま、

心の距離を作ってしまったまま、

他界された方々も

多くいらっしゃいます。

心についた傷というのは、

そう簡単には、消えない_

そう思います。

でも、消えることはないかもしれませんが

いつか、その傷が癒される時が

来るだろうと思っています。



人の人生は、決して、

スピリチュアルなんとかというもので、

扱われるべきものではないと思います。

生命の毎日(日常)は、

重みがあるのですから。



ご依頼人さんは、決して、

親しい人にも愚痴を言わない人。

言う自分が嫌いになると思います _

そうおっしゃっていました。

溢れ出る涙が物語っていました。



海のような色をお召しになって

海のように深い心を お持ちでした。

すべてを 抱いた上で

「 主人が 好きなんです。」

そう おっしゃっていました。



家族というのは、

好き嫌いだけのことではないのだと

あらためて思いました。












合掌

アガサ














愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |