03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

” お母さんをよろしく ” 


この方のご依頼は

静かに ゆっくりとしたペースで

始まりました。

最初に来られたお身内の方が

ご自分のことをいくつか伝えた後、

思いを話されました。

一緒に来られている方が

おられたので

その方が 少しずつお話を

され始めました。

話されることをお伝えしていく内に

「 父です。」

ご依頼人さんは そうおっしゃいました。

自分が誰だかわかってもらえると

霊界から来られている方は

とても喜ばれます。

そして、流れも一気に良くなります。

通りが良くなります。

お父さんなりに、

いろいろなことをお話下さいました。

仕事ばかりで、

忙しく、厳しかったお父さんは

決して 家族には言われなかったであろう

胸の内を 私に伝えて下さいました。

お父さんの気持ちが高ぶり、

感極まって 泣いていらっしゃる姿に

私は どう表現すれば、

お伝えしきれるのか、、、

語彙の迷いが出て来ます。

愛を表現するのは、

本当に難しいことです。

何を言えたのか覚えていませんが、

私の内側には、お父さんの幻影が

あるような感覚になりながら、

お伝えしていました。

ふと、

「 お母さんを頼む・・・」

「 お母さんをよろしく・・・」

という声が聴こえてきました。

妙な感じがしましたが、

そのままお伝えしました。

ご依頼人さんのご協力により、

” 妙な感じ ” は腑に落ちました。



ご依頼人さんの

胸にあったことへの、

お父さんの気持ちであり、

娘へのお願いであり、

答えでした。

ご依頼人さんは、

まさか、そのことについて、

返事があるとは思われなかったと

思います。

お身内から伝えられたことについても

気になっておられたことだったと

おっしゃっていました。

そして、

コンタクトが終わったあと、

話して下さいました_

” アガサさんにメールを送信した時、

 とても安心しました。

 そして、

 横に母がいるのを感じました。”

その他にもお話下さったことは、

すべて、

霊界からお越し下さった方々が

話して下さったようです。



この方はとても我慢強い方で、

厳しい状況にあっても、

他への思いやりを持ち、

人としての正しい行いを見つめ、

乗り切ろうとされていたようです。



セッションを終えたあと、

肩の荷が 下ろせたことは

言うまでもありません。

ほっとして、麦茶を飲んでいたら

お母さんが、

立ち寄ってくださいました。



きっと、すぐに

お父さんと再会されることでしょう。

おしあわせに。








合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

Posted on 2014/04/30 Wed. 21:31 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

30

田園調布でのサークル(学び会) 


田園調布にお住まいのご夫妻との

サークル(学び会)を終えました。

いわゆる、

” スピリチュアル ” というものに

ご興味のないおふたりでした。

私も、世間一般で言われている、

扱われている” スピリチュアル ”には

興味が ありません。

そういう方だからこそ、

ご依頼をお引き受けしました。



アガサのサークルは、

テクニック(方法)など伝えません。

そんな浅ましい、

欲深いことを

人様にお伝えすることなど

邪道です。

人生に深く関わる、

毎日に深く関わる、

内面_

バランス良く在るようにと

願い、祈りながらの5回です。

5回以降は、

ご自身で温めてゆく、

育ててゆくこと。

それが、6回目であり、

永遠に続く、

真の学び だと思っています。



最終日、家に到着して、

家族との散歩のあとに

メールが 届いていました。

一部だけご紹介します。

- - - - -

初回勉強会からおおむね3ヶ月となりますが、

もっと随分と前に勉強会を始めたような感覚

もあり、不思議なものですね。

- - - - -

私も同じようなことを感じていました。

ずっと、お伺いするような・・・

錯覚が一瞬しました。

きっと、そう思えるのは、

心の深いところまで

しみわたっているからなのだと思います。



こうした学びの会、勉強会、というものは

受講することを続けさせるような取組みは

最善では ありません。

受けていないと、

学んでいないと、

” 不安にかられる ” ような状態を

作り出してしまうことになります。

そういう方々が多くいらっしゃいます。

そうして、

” スピリチュアル中毒症 ” へと

突き進んでゆくようです。

それは 真の学びでは ありません。



必要最低限のことを伝えたら、

あとは、ご本人が

” 自分の力で 生きてゆこう!”

そう思えるような伝え方が

全うだと信じています。



そのお姿を見送り、見守る_

” 卒業 ” です。

まるで、

子どもたちが 育っていくような、

巣だっていくような・・・

たくましさを感じております。



一番大切なことは、

生きる力です。

生きぬくこと。

人生には、いろいろなことが

起こります。

それを、

辛いからといって

悲しいからといって

面倒だからといって

表面だけをみて 生きては

もったいないのです。



自分の内面を見つめず、

外面だけをみて、

生きることは 容易い。

生きること、

死すること、

どちらも尊いことです。



辛く悲しい時ほど、

自分の、

内面の、

本領発揮です。



私は そう思います。









葉山にお越し下さる方々にも、お出ししたいと思います。
ありがとうございます。



合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

Posted on 2014/04/28 Mon. 05:55 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

28

心の しこり 


心の「しこり」。



意識を変えよう!・・・

考え癖をつきつめれば良い!・・・

などと、

ありとあらゆる「方法」が

世の中で言われています。

本に書かれたりします。

方法ということを持ち出すことは

ダイエットと同じだなぁ~ と

思うのです。

新しい方法が出れば、

世間は 飛びつきます。

テレビで放送されるものなら、

一気にその商品なり食材が売切れますね。

(^_^)

新しいもの、乗せられるのが好きな国民性です。

楽しむ分には いいと思います。



心のしこりは、

身体のダイエットとは違って、

短期間でとれる!

と考えること自体、

不自然かもしれません。

何十年と生きてきた中で、

考え方や行動、培われた心は

大体、定まってきます。

それだけ長くかけてきたのですから

同じくらいかかるんだ、

ゆっくり、自分とつきあっていこう_

そういうふうに 捉えることで

随分と「こり」が 小さくなります。

それが、自然です。



方法でパッパッパ~と変わるほど

人間、単純では ありません。

機械を修理するようなわけには

ゆきません。

例えば、

たった一言、

何気なく口から出た言葉が

知らない間に、

相手を傷つけていたり、

傷つけ続けていることだって

あるのです。

新たな「心のしこり」が、

双方に 作られてしまう。

芽生えてしまう。

雪だるまのように 積もり積もってしまう。

素直さが 小さくなり、埋もれてしまう。

もったいないことです。



こうした「心のしこり」は、

他界しても、持ち続ける人が

多いのです。

出来れば、この世にいるうちに

素直な自分を見つめてあげれれば

しあわせです。



心のしこりが

もし、あたなにあるのなら

自分を見つめること。

順調な時にこそ、

必要なことかも しれません。










合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視














Posted on 2014/04/27 Sun. 10:00 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

27

妻に言いたかったこと 


「 予定通り出発しました。」

Yさんは、そうメールを下さいました。

電車を乗り継いで、遠いところから

お越し下さるのに、雨降り。

お迎えする準備を終え、

窓から 雨に濡れる美しい新緑の葉や

桜の木を眺めていました。

しばらくすると、

あちらからご家族がお越しになりました。

ぽつりぽつりと話し出される_

” 突然だったから、

 ありがとう を言えていません。”



そうおっしゃるご主人は、

妻に伝えたい思いを伝えて下さいました。

私は、ご主人と 静かな対話をしながら

「 Yさんがこちらにお越しになってから

 あらためて、おっしゃって下さいね。」

信頼関係が築けているのをわかった上で

そうお話かけさせて頂きました。

ご主人は、少々照れくさそう。

どうやら、

第三者(私)を介してだから、

言える思いもあるのですよと

ご主人は そう言いたそうでした。

「 もちろん、お気持ちわかります。」

そう話し、話して下さることに耳を傾け、

静かなひとときを終えました。



それから、1時間程して

Yさんから到着のお電話を頂きました。

とてもお元気そうなお顔から、

健やかに毎日を暮らしておられるのが

見てとれました。

他愛もない、女性同士のおしゃべりの後、

「 それでは・・・」

とコンタクトに入らせて頂きました。

(すでに奥様の横におられたのです。)

Yさんが到着される前の伝言、

お子さんのことへの伝言、

そして、

今、ご自身が霊界でどのように

幸せでおられるのかということを

お伝えしました。



Yさんは_

何年か経ち、ようやく、最近

焦りや不安というものが

小さくなりつつあり、

元気が出てこれたこと。

興味を持ったことに楽しみながら習え、

周囲の人達にも本当に恵まれているんです。

こんなんでいいのかなぁ~って

思うんですよ_

明るい笑顔と共に、ご自身の日常の

しあわせに戸惑う気持ちも見え隠れしながら、

そうおっしゃっていました。



「 Yさんが落ち着いてこられ、

周囲の人達とも愉しくあれること、

子どもさん達もそうあることは、

ご主人にとっても、最高ですよ。」

そう申し上げました。

あらわれ具合から見て取れます。

慰めではなくて、本当のこと。



帰りは、雨脚が強くなってきましたが

タイミングよく、

バスが来ました。



妻に伝えたかった一言_

” ありがとう ”

連れ添った何十年分の思い出と

感謝の気持ちが

この短い一言に 込められています。

この一言を受け取った時、

ご主人は 私のエネルギーとダブり

奥さんへの感謝の気持ちにあふれ、

身体が震え出し、

感謝の涙が 流れました。



言葉は 短いけれど、

言葉の長さではないことを

この場を借りて

書き残したいと思います。









ありがとう。

合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

Posted on 2014/04/22 Tue. 05:01 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

22

あちらの方の胸の内 


先日のご依頼を振り返ってみますと

新たな方面のことも

伝わってきた_

そう感じています。



あちらとの対話というのは、

全てが全て、

私たちを励ますためだけではなく、

時に、

あちらの方ご自身の心を打ち明けて

来られることも あるのだと。


いずれにせよ、私の内で

腑に落ちないことは、

そのままにしておけません。



ご依頼下さった方に対しても、

あちらからお越し下さった方に対しても、

丁寧でありたい_

事情をお話して、

ご依頼人にご承諾を頂き、

対話(交信)を再度させて頂きました。



そして、翌朝早い時間の再会。

その方のペースに合わせ、

お話を伺って行きました。

その胸の内も 少しずつ話して下さり、

ご依頼人の優しいお気持ちも再度伝え、

落ち着いてこられたのか、今度は、

心からしみじみと 喜ばれました。



すると、次の瞬間、

あたりは 眩しい光につつまれ、

その光の向こうに どなたかの姿が

ありました。

誰であるかは、あちらの方がすぐに

お分かりになったようです。

懐かしく、

心から喜びがあふれておいででした。

こうなりますと、私の出る幕では

ありません。



消え入るお姿をお見送りして、私は

霊界との繋がりを切りました。



その一部始終をご依頼人様に

メールにてご報告しました。

ご依頼人様は とても温厚な方。

純粋な心をお持ちのジェントルマンでした。

寒い日にお越し下さり、

ありがとうございました。







合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視



 

Posted on 2014/04/19 Sat. 16:37 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

19

家族を想う 


数年越しで やっとお会いすることに

なりました。

ご家族それぞれ、今に至るまで

いろいろな思いがあり、

毎日が闘いでおられることは、

聞くに及ばないのです。



” ようやく この季節に咲く花々が

 きれいだなぁと 思えるように

 少しずつ なってきました。”



その言葉を伺うことが出来、

心から 嬉しく思いました。

話される言葉には 心がこもっています。

” では、やはり お願いしたいと

 思います。”

と、コンタクトのことをおっしゃいました。

私は、

” ご自身でコミュニケート出来る方だと

思っておりますので、あえて・・・”

と申し上げたのですが、

お断りする必要もありませんので

ゆるやかにコンタクトへと

入って行きました。



天国から来られた方の思いを

キチンとお届けしたい_

符号するまで、

来られた方の思いと合致するまで、

追求します。

合致したと分かる時は、

はっきりと分かります。



受け手の方の協力により、

天国のご家族の伝えたかったことが、

見事に 伝わりました。



「 驚きました。」



そう何度も おっしゃっていました。

心から 驚いておられる様子。

抱えている悩みや思いが

自分の一存だけで動けないこと程、

驚き、納得、感謝の度合いが

大きいのです。



見事に お伝えされましたね。

と、そう申し上げました。



天国から、

家族それぞれを 思いやり、

見守っておられる姿は、

言葉をなくします。



本当に 見事なお伝えをされました。

良かった。

ありがとうございました。









少しずつ。少しずつ。

合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視










Posted on 2014/04/04 Fri. 17:31 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

04