02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

ちょっと、座んなさい 


先週末の出張先で、

ご依頼を頂いた方々のコンタクトは

本当に 素晴らしかったです。

私自身にとって、

さらに 微細になった感覚が、

確信に繫がるような機会でした。



ある方のコンタクトを

具体的なことは避け、ご紹介しましょう。

ご依頼前の 私だけの 静かなひととき_

その静寂に 熱が帯び始めました。

圧倒的な存在感のある”その方”は 私を

覆いつくし、重なるようにして

コンタクトが 始まって行きました_



「 ○○、ちょっと 座んなさい。」



( もう始まった・・・ )

( あぁ、早く来て下さらないかな・・・ )

あちらから来られた” その方 ”は、

この世でそうであったように

深い愛をエネルギーにして

思いを 語り始められたのです。

別に、困ることなど無いのですが、

言われた内容の全てを覚えていられないのです。

次々に 伝えてこられる思いに

精一杯応えるべく 波長を調整し続け、

エネルギッシュな勢いに

その速さに

アップアップ状態でした。

( ああ、もう(ご依頼人さんを)呼びに行こう!)

そう思った時に、

来て下さいました。

あぁ、やっと 来て下さった!



あとは、先に 伝えられたこと、

今、伝わってくること、

それらを 出し切ったと思えた時、

あっさりと 大きなエネルギーが

私の内側から

すぅっと抜けてゆきました。



今回の出張も、多くの体験を

四六時中 させて頂きました。

その経験は きっと

霊体験好きな方、興味のある方にとって

興味津々な内容だと思います。

ですが、そうした体験は

あまり 語りたくない_

そう思います。

なぜなら、

輝きが9割程 損なわれるから。

経験は、コンタクトやサークルで

” 深み ” として還元するのが

本筋だと 思っています。



お伝えしたことが、

その方の ” 日常 ” に活かされてこそ

コンタクトの意味が あるのだと

信じています。

普通の日常に、活かされてこそ

あちらから来られた方々の愛が

ご依頼人の内側で 輝き出します。

コンタクトとは そういうものです。

霊媒の 自己満足を満たすための

機会では ないのです。




数ヶ月前、” その方 ” から

「 ある計画 」を突然 告げられたことを

自宅に戻ってから 思い出しました。



” ちょっと 座んなさい。”



何一つとっても、
「 ある計画 」

それはそれは 見事でした。

見事に やってのけられました。




愛犬との散歩道の道ばたに咲いている、たんぽぽ。
花屋さんの美しい花々も好きですが、そこいらに咲いている花に惹かれます。




良き日をお過ごし下さい。

合掌







アガサ AGATHA
~天国からのメッセージを伝えています~

Posted on 2014/03/31 Mon. 11:30 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

31

それぞれのエネルギー 


おはようございます。

今日も良いお天気のようです。

さて。

先日、頂いたご感想に

思わず ほっこり致しました。

- - -

いろいろと丁寧に教えていただき
ありがとうございます。

家内も気づいたこともあり、
お伝えしようと思います。

実は二週に一度、勉強会の後には、
(室内にある植物)が葉を入れ替えています。

普段のエネルギーより多くが行き交うのことに
植物は素直に反応しますね。

昨日はアガサさんもいつもより多くエネルギーを
残されて行かれたようで、
猫がアガサさんのおすわりになっていたところに
丸くなって心地よさそうでした。

- - -

この方から、一度ご依頼を頂き、

しばらくしてから・・・
(どれくらい経ったのか覚えていませんが)

ご夫婦で アガササークルを

受けたいですというご依頼を頂きました。

拙ブログでも何度か書かせて頂いていますように

私がお伝えする回数は「5回」。

1回につき、大体80分~90分程。

この5回に、すべてを 盛り込みます。

だから、5回で十分なのです。



上のご感想を頂いたご夫妻は、

3回目を終えたところですが、

大切に受け取って頂きたいことを

素直に お感じになられているのが

空気で 伝わってきます。

決して、

「 こんなのを感じていました 」とか、

「 数日前に” コレ ”が気になっていました。」

などというようなことは

一切 おっしゃらない方々です。

日常や動物、植物をとても大切にされる、

普通を大切にされる方々。

実は、そういう方のほうが 

素晴らしい感覚の持ち主であることが

多々 あります。



この日も いつものように、

お宅にお伺いさせて頂きました。

始めるまでの、わずかな時間を

いつもよりも、

ぼんやりしておりました。

奥様に、

「 なぜか、今日はぼんやりしています。」

と笑いながら。

そうして、

少しずつ ゆるやかに サークルに

入ってゆき・・・

私の日々の経験も織り交ぜながら、

極意とも言えるような、

すべての根本に気づきつつあることも、

お話をしつつ、

実際に 実践して頂きながら、

本当に 穏やかですけれども

真に 満ち溢れた機会となりました。



頂いたご感想で

一際 嬉しく思いましたのは、

” 猫が丸くなって心地よさそうでした。”

というところ。



動物や 子どもたちが

のんびりとしたくなるような・・・

そんな人で ありたいなと

思っているからです。






猫ちゃん、ありがとう。

あなたが のんびりできたなら

私も 嬉しい。






良き日をお過ごし下さい。

合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視


愛犬との散歩道にある菜の花。
てんとう虫たちのマンションになっています。


Posted on 2014/03/24 Mon. 10:02 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

24

立ち寄ったおばあちゃん 


先日、ご依頼がスタートする前に、

いつものように

ぼんやりと外を眺めている時の事でした。

ふぅぅと穏やかな存在が 私の後ろに

来られました。

( あぁ、ご依頼人さんのおばあさんですね。)

と ご挨拶しますと、

おばあさんは、

( 今日は、宜しくお願いします。)

と 言われました。



ご依頼は、

「 天国からのメッセージ(霊交信)」

ではなく、

「 ご相談(サイキックリーディング)」。

ですので、

霊交信の時とは、

繋げる領域が違うのです。

私の場合、

霊界に自動的に繫がってしまいますので

「ご相談」の場合は、特に

繋げる領域を意識的にする必要が

あるのです。

おばあさんと私の ” ひととき ” を

過ごしたあと、再度、調整しました。



現実的視点を持つこと、

現実的に解決の糸口を見出すこと、

物事の全体を冷静に見つめ、私が

捉えた情報などをわかりやすく

お伝えしていく中で

何故か、

話の流れが おばあさんの方へと

行きました。

驚いたのは、

おばあさんが亡くなられてから、

一週間と少ししか経っていない

ということ。

こんなに早く、

しっかりとした存在で来られたのは

多分、初めてではないか_

そう 申し上げました。

余程、お孫さんが可愛かったのでしょう。

ご依頼人さんとお話する前の

おばあさんが立ち寄られた描写と、

おばあさんがおっしゃった言葉を

お伝えしました。



ご相談の機会でさえ、

他界されたご家族、お身内の方々が

立ち寄って頂けるのは

本当に 有難いの一言に尽きます。



全体を通して

おばあちゃんが

お孫さんに 与えた影響の大きさは

計り知れません。



人徳のある方です。



心温まる「お立ち寄り」でした。

ありがとうございます。










合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

Posted on 2014/03/17 Mon. 14:38 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

17

確信できる、できない 


先日、

お知合いの方からのご紹介ということで

ご依頼を頂きました。

そうして、お約束の時間になり、

いつものように、

1分程、静かな時間を持たせて頂き、

ご依頼人様も 心静かなひとときを

送って頂きました。

そうして、

まず最初に、来て下さった方は、

ご依頼人様が

ずっと気にかけておられた方。

初めて出て来てくれました、

と 驚かれつつも、

ほっとされていたように思います。

頃を見計らって、

別の方に調整し始めました。



そうして、

時間は あっという間に

過ぎてゆきます。



その日のうちに 下さったメールで

こうおっしゃっていました _

 気にかけていたお身内であったこと、

 逢いたかったご家族であったこと、

 伝えられた言葉に、確信できたこと。

そして、

 元気で、心配しないで、

 いつも 傍にいるから_

 そう よくわかっていても、

 それでも確かめたかったこと。

 今日は(家族に)逢えて

 本当に 良かった。

一文字一文字に、ご依頼人様の思いや

流れた時間を感じます。

過ごされた時の流れに共感する思い

が 致します。



確信できる、できない_



この区別は 

様々なことが絡み合っています。

確信できることが ○(正解)で

確信できないことが ×(失敗)、

確信できたことが 白で

確信できなかったことが 黒

というように、

そう簡単に言えないように

思います。

でも、

悲しみの淵に おられる方にとって

確信することが

生きる望み と思われる気持ちは

辛いほど 伝わります。



どういう状況にあっても、

冷静に、

中立的で、

正直で 誠実であり続けることが

ご依頼人さんと

あちらの方々に対しての礼儀 _

そう 心から思い、貫いています。



目にみえないことを

確信する、

確信できない、

ということについては

時機ということも

多々、関係しているのではないかと

思うのです。



いづれにしましても、

今、はっきり言えることは、

私たちは、今、

この世を生きています。

足を 地にしっかりつけ、

丁寧に 日常を生きてゆくことが

誰にとっても、

大切なことだと 思います。












勿体なくて、一粒だけ頂きました。
見た目のくっきり感とは違い、中には、ほっこりするような・・・
美味しいものが入っています。
それぞれ異なる味と食感が見事にハーモニーとなっています。芸術ですね。
外からは見えないものが全体を創り上げます。
私たちも、そうでありたいですね。




合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

Posted on 2014/03/14 Fri. 12:21 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

14

寄せる思い 


あの日も、晴れていました。

普段、

当たり前のように

私たちは、

生きていて_。



突然、起こったことが

何なのか

瞬時に わからなかった。



暗闇と寒さ。

先の見えない、

見出せない不安。



それとは裏腹に、

夜空の美しかったことを

今でも 覚えています。



きっと、

あなたも 覚えているでしょう。



命を奪われた多くの人々に、

多くの動物たちに、

私たちは 心から 祈ります。



そして、



今、生き抜いているあなたに、

動物達に、

復興の作業をしている人達に、

心から 祈り、願います。



あの日を境に、

180度 変わってしまった、

あなたの毎日が

少しずつ、

少しずつ、

穏やかになってゆくことを

願い、

祈り、

祈り、

願います。



今日だけ

祈るのではなく、

合掌するのではなく、

自らの、

毎日の生活から

すべてから

にじみ出るよう、

在りたいと思います。

丁寧に 生きることで。



悲しい別れであっても、

あちらにいる、愛しい人達は

みんな_

” あなたが 笑うと

 わたしは 嬉しい。”

そう 思っています。



震災に遭われた、

すべての方々、動物達へ。

日本に住んでいる方々へ。

日本に支援して下さった、

世界中の方々へ_

心を 寄せます。














私たちには やるべきことが、ある。

合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

Posted on 2014/03/11 Tue. 13:33 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

11

救出 


あっという間に日がすぎ、

今日が何日か?ということさえ

忘れるほどです。

さて。

ここ数日連続して、

眠る前に ある現象が起きていました。

私は そういった現象に

過度な反応や感情を持たない人なので

いつものようにスルーをしていました。

あえて「何か」を感じたと書くならば、

” 何か用事があるんだろうな・・・”。

あちら的な ” 用事 ” 。

それでも、私は、

” 待ってました~!”

という感じではないのです。

なぜなら、

私の時間(人生)の舵取りは

私自身だから。



ようやく、

静かな時間を持つことになりました。

しばらくすると、

私のヘルパー(ガイド)達が

あらわれ、

どうやら連れてゆきたいとこが

あるらしいのです。

心を任せていると_

多くの人達の存在を感じ、

感動に包まれました。

天国にいる、私の身内でした。

いろいろ話され、涙が出る思いでした。

生前からは想像できないようなことばかり。

でも、本当にしあわせそうでした。

良かった・・・



そう思っていたら、ヘルパー達は、

もうひとつ、

別の場所に連れてゆきたそうでした。

了解すると、

寒気が全身を覆いました。

舟のようなものに乗り、

海を漂っていました。

私の目の前には、

何人もの人々がいました。

(この人たちは誰だろう・・・)

その人達には私だけが見えたようでした。

次の瞬間、私は、

なぜ、私のヘルパー達が私を

ここに連れてきたのか?

ということがわかりました。

この人達を助け出す手伝いをと

いうことなのだと思いました。

そうして、

しばらく話していると、

ヘルパー達がタイミング良く、

自然な感じで参加できるようになり、

あたりの景色が変わりました。

まるで、

海岸(陸地)に着いたかのように。

その先には、

眩しい光が大きく、

視野全体にあり、

何とも言えない、優しい光でした。

目をこらすと、

大勢の人達が海岸で出迎えていて、

舟にのっていた人達も、

その人達に 駆け寄ってゆかれました。



そうして、私も無事、戻って来れました。

今、思い出しても・・・

胸が熱くなり、

目頭が熱くなります。



あぁ、行くべきところへ・・・

天国の知合いのところへ

行かれたのだと。



ヘルパー達の用事は、

そういうことだったのかと

その光景をみて

気づきました。



そして、ブログを書き始める前に、

もうひとつ、気づいたことが

ありました_



明日は、3月11日だということを。












少しずつ、少しずつ。

合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

そっか。
こちらのご依頼人さん方からだけでなく
あちらからのご依頼も 私の務めなんだなぁ・・・


Posted on 2014/03/10 Mon. 10:34 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

10