01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

 


用事があって、久しぶりに

京都の実家に電話をしました。

兄に用事がありました。

母が電話に出て、兄と電話で話し、

また、

母に電話をかわった兄。

電話では、

健康かどうか、

ちょっとした近況、

そして、

最後には 必ず、

17年生きてくれた愛犬のことを

話す母。



” (愛犬が)いなくて寂しい ”



いつも、そう言う母。

私は、あふれる思いをぐっと

こらえて、

いつも似たようなことを言います_

「そりゃ、そーや。

 家族なんやもん。

 寂しいに決まってるやん。

 他の人も皆、一緒。

 せやけどなぁ(でもね)

 あっちで今もいるし、

 こっちにもたまに来るんやで。

 寂しいと思う時は、

 いつも 傍に居るんやで。

 そう思うで。」



母は、私が霊媒をしていることを

知りません。

でも、そうと知っても

驚かないでしょう。

小さい時から ずっと

見聞きしたことを話していましたから。

とりあってもらえないと

幼心で感じとった時からは

一切、親や兄弟、友人たちにも

口外することは ありませんでした。

自分の言動で 人が心地良い思いを

しないのなら 言う必要などないと

子どもでも わかっていたからです。



母に、他界の話をすることは ないでしょう。

多分、しないと思います。



母は_

毎朝、私が贈ったダックスフントの

ぬいぐるみに

「おはよう。」

と話しかけ、

寂しくなったら、

ぎゅっと抱きしめているようです。

しかも、

汚れないように

ナイロン袋に入れたまま。



親を想える気持ちは

なんて 愛しくて

懐かしくて

切なくて

しあわせなんでしょう。

親の年代の方に、

祖父母の年代の方に、

出会うと

ふぅ~っと 心が和みます。







アガサ AGATHA
~天国からのメッセージを伝えています~

Posted on 2014/02/28 Fri. 08:49 [edit]

category: 日常

TB: 0    CM: 0

28

心の春 


ご依頼のご縁がきっかけで、

家族ぐるみのおつきあいとなったり、

親戚のような感覚になったり、

また、

友人として大切にして頂いたり、

いたします。

霊媒としてではなく、

ひとりの人として接して下さることが

本当に有難いと思う、

嬉しいメールを今朝頂きました。

子どもさんの大学合格のご連絡です。



子どもさんを天国へ見送られ、

家族で懸命に乗り越えてこられました。

決して、その日常は

穏やかな日などなかったでしょう。

もうダメか・・・と思われるような

日々もおありだったと思います。

私が頂くご縁の半分は、

子どもさんを亡くされた親御さん。

壮絶な日常を過ごされていることを

想像するまでもありません。

そんな悲しみを私は、受け取ります。

伝わってこないはずは ありません。

人生、皆、いろいろあります。



親だけでなく、

兄弟姉妹の他界により、

子どもさん達もまた、

多くのショックを受けます。

子どもというのは、我慢をします。

親が悲しんでいる姿を見て、

我慢するのです。

子どもは 繊細にいろいろなことを

感じ取っているのです。

命というのは、

存在というのは

それほど大きく、

尊いものなのです。



こうして、

お子さんの嬉しいお知らせを

頂けるなんて、言葉に表現できません。

本当に、

ご家族みんなで 乗り越えてこられた、

誰一人として、

心を凍らせたままにはさせなかった、

親御さんの愛情と、

お子さんの頑張りに、

心をうたれました。



そして。



天国に住んでいらっしゃる

お子さんから、

お母さんにメッセージを

届けられたようです。



心に「春」がやって来ましたね。

本当に 良かった。

霊媒ではなく、

ひとりの知人として、

心から

” おめでとう!”







春ですね。可愛い小鳥たちが増えてきました。
小鳥たちのおしゃべりに嬉々となります。






健やかであられますように。

合掌







アガサ AGATHA
~天国からのメッセージを伝えています~

Posted on 2014/02/24 Mon. 10:01 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

24

一緒に居ると楽しい! 


先日のコンタクトでは、

あちらからお越し下さった方の

機転の効いたお伝えに、

驚きました。



そのことをお伝えし終わらない内に

ご依頼下さった方は、

どなたであるか_

お分かりになり、

それにまつわる思い出話を

して下さいました。

ご本人は、とても懐かしく思われ、

笑いながらお話されていました。

その話を聴かれて

霊界在住のお身内の方も

私に話して下さったりで、

両方から同時に 話される、

賑やかなご機会と なりました。



” この子と一緒に居ると楽しいんですよ ”



そう何度も何度も

おっしゃるのです。

他にも、お身内の方は

いろいろなお話をして下さいました。

鮮やかな情報提供をして下さいました。

霊界(天国)から来られる方が

すべてがすべて、

鮮やかで強烈な情報提供を

されるとは限りません。

ご本人の性格や気持ち、

私たちの状況なども関係してきます。



ご依頼下さった方から

早速、メールを頂きました_

-----
言葉にならない想いを感じながら
久しぶりに心が鎮まったように思います。
驚きと嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
一緒に話せたら笑いだらけだなぁ…
会わせたかったなぁと 思っておりましたので
今の私達の様子を祖母も楽しんでくれているなんて
本当に嬉しいです。
愛で溢れる言葉ひとつひとつが 光のたまのように
私の心に染みて ほ~っと温かくなりました。
-----

あちらに住んでいる方も、

こちらに住んでいる方も、

双方の心が 柔らかくなる様子は

それはそれは 美しいのです。

その美しさは、優美で活気にあふれ

例えようもない美しさ。



ご依頼下さった方は、

本当は こういうこと(依頼)を

申込むつもりではなかったけれど

申込む数日前に、突然そわそわしました、

とおっしゃっていました。



そのことを聴いておられた

おばあさんが にっこりされたのは

言うまでもありません。

もちろん、そのこともお伝えしました。

お役に立てたようで 良かったです。








今日も皆さんが

健やかであられますように。

合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視









Posted on 2014/02/20 Thu. 05:13 [edit]

category: 愛する人・家族との交流

TB: 0    CM: 0

20

最近の愛読書 


最近の愛読書です。

このタイトルで訪問して下さった、

スピリチュアル好きな方の期待を

大きく裏切る、

名作です。



不眠な方に、おすすめ!

ぐっすり、眠れますよ、きっと。

人生に、笑いは 必要です。

ふふっと カラッとした笑いは

毎日のエッセンス。



単純明快。

出来そうで出来ない、

この方の発想。

目のつけどころが鋭く、

「あ~、分かる、分かる。」

と、思えますね。



ふふふ。




しかめっ面していては、

人の心や思いやりには 気づきにくいです。







合掌







アガサ AGATHA
~天国からのメッセージを伝えています~

Posted on 2014/02/13 Thu. 14:34 [edit]

category: おすすめ本など

TB: 0    CM: 0

13

ガイダンス 


ガイダンス。

天国からのメッセージ、

霊界からのメッセージ、

アドバイスとガイダンスは

同じような意味合いと

ここでは イメージして下さい。



依頼を受けて、私が

お伝えすることの中身について

思いを馳せることがあります。

どのように?

と思われる方もいらっしゃると

思いますので、

例えるならば、

日本人職人の精密な物を作る感覚。

職人の方が、長年の感で、

1mm以下を削る_

というあの感覚。

ちょっとでも 違うだけで

しばらくすると、

ぎこちなくなったり、

役立つ期間が短くなったり

という具合に表面に出てきます。

ここでお伝えしたいのは、

細かいことに 拘る、

という意味では ないのです。



霊界からメッッセージ等の情報だと

いうことで、伝えることは簡単です。

しかしながら、

本当に「そう」だろうか、

そう思うのです。

伝えられた時、

安易に、

ありがちな解釈をしてしまうと、

せっかくの伝言が

全く違うものになってしまうのです。



事実、

随分昔、

定期的な練習をしていた頃のことです。

ある方へのガイダンスを

講師の方も混ざって数名が受け取り、

伝えるということをしていました。

講師の方が伝えられたことと、

私が伝えたこととは、

全く 違う内容でした。

受け手である人は、

講師の方の内容に

直ぐに反応されました。

「あ、わかります。」と。

その状態では、

(あ、私の受け取ったのは違うかも・・・)

「当てたい」という欲にぐらつき、

自分が捉えたことをまげてしまうことも

あるのかもしれません。

でも、

「当てたい」などという気持ちは

ありませんでした。

なぜなら、

我欲によって、真実をまげることに

なるからです。



一週間後、

受け手の方との再会時に、

意の一番に、歩み寄ってこられ、

私がお伝えした内容が、

本当に起こったと、言われました。

その事が起こって、驚いたと。

それは_

あの時点ではわからないこと。

起きてなかったことでしたから。

しばらくしてから起き、

まったくその通りだったというのです。



ここで 申し上げたいことは、

ガイダンスというのは

一体、どういうことなのか?

ということをお考え頂きたいのです。



誰もが、未来を知りたいと

思います。

知ることが出来れば、

不安にならなくて済む、

危険を回避できる_

そう 思っておられるからです。

しかしながら、

その人にとって、

必要なことは、

人生に起きてきます。



占い、霊能者、霊媒、、、

スピリチュアルなことで

そういったガイダンスや

メッセージを望まれる方は

あとを絶ちません。

でも、

一番大切なのは、

当たると言われている人達に

お金と時間をかけて、

伺いに行くことではなくて、

探しまくることではなくて、

当たる人になりたい!

と思うことではなくて(^_^;)、

自分が、

自分のことを知る、

自分で知る、

自分の人生から学ぶ、

という姿勢が 大切なのだと

強く思うのです。



背中を押してもらってばかりで

実際の行動が 伴わなければ

とても「気づき」だとは

言えないでしょう?



霊界からのメッセージは

霊界をあがめるために、

有難く思わせるために、

伝えられるのでは

ないのです。



質の良いガイダンスや

メッセージというのは、

しばらくしてから、

その輝きを見せつけられるもの。

そして、

その輝きの深い美しさを

しみじみと 味わえるのです。








合掌

アガサ 葉山在住霊媒 Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視









Posted on 2014/02/05 Wed. 10:46 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

05