FC2ブログ
2013/12/27.Fri

ご招待を受けて


あっという間に、日が経ちます。

今年のクリスマスは、

いつも違うことが ありました。

突然、クリスマスディナーのご招待を

頂きました。

横須賀ベースにお勤めのご家族からの
(ご家族全員、アメリカ人です)

ご招待です。

私だけではなく、私の家族揃っての

参加というのは珍しいことです。



ご招待を受けて、

思ったのは、

家族の絆 です。

お子さんが6人もいらっしゃる、

大家族です。

さぞかし、お母さんは大変だろうと

思っていたのですが、団欒の中で

お話を聞いているうちに、

ご家族で助け合って、家事を分担

されていることを知りました。

出された料理すべてが

「手料理」でした。

パンも、デザートも。

全て、手作り。

日本では、

次第に、手作りということが少なく

なり、作られたものを食べるという

のが増えたように思います。



感動というよりも、

たくさんのことを感じました。

お家には、愛があふれています。



忙しい私たち、

情報にあふれる中にいる私たち、

その私たちが、

忘れかけている大切なものを

このご家庭のクリスマスディナーを通じて、

たっぷりと受け取りました。



家族を大切に思う、

家族を大切にする、

こういった言葉は、聞き飽きる程、

私たちには いろいろなところで

耳に します。

目に します。



でも、実際は?



他の人々に手を差し伸べるように

家族に手と心を差し伸べることも

同じように 大切で必要なこと。

外ばかり 大切にし、

家族は ほったらかし・・・

意外と 日本では 多いことかも

しれません。



ご依頼を通して、

お伝えしていくと、結構な割合で

子どもの頃からお身内とのご縁がない、

というケースがあるということを

知らされます。

我が家も、複雑な事情もありますので

よく理解できます。



クリスマスディナーのご招待を通して

希薄になってきた「家族」の関係について

あらためて 考える機会となりました。



子ども達は、

上の子が 下の子をみる、

お母さんのお手伝いをする_

自然にいつもそうしているのが

わかりました。

まるで、

古き良き日本の家庭を見るかのようでした。



家族で 助け合う。

決して、押し付けがましさは

ありません。



その日の夜、

寝る前の感謝の祈りの時間が

いつもより 長くなったのは

言うまでもありません。




日常から学ぶ。

すべてが ここに あります。







今年のクリスマスケーキ。(作りました)
だいふんぱつして「あまおう」を1パック買いました。
やっぱり、あまおうは美味しいですね☆
(美味しくて、あっという間に半分も食べてしまいました<=食べ過ぎ)






合掌

アガサ Medium AGATHA
~天国からのメッセージをお伝えしています~

霊交信(霊界通信)公開霊視

日常 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |