FC2ブログ
2013/08/05.Mon

どこであっても


愛や光

内なる光や輝き_

私たちにとって 大切なものは

外 に あるのではない。



有名な神社やお寺

大聖堂や教会

大ホール といったところに

在るのでは ない。



四畳半に満たない部屋であろうと

神具などが飾られてなくとも

祈る者の心が 純粋であれば

どこであっても

その者の 内から 周りからは

愛や 光が あふれだす。



失ってから

人はその命の尊さに

気づくもの。

失ってから、

何が大切であったかに

気づくもの。

嘆き、悲しむ。



どんなに 悲しみが深くあろうとも

命を大切する。

心を見つめる。



どこにいても

前よりも ずっと

あなたの傍で見守っておられる。



どこに いても。
















思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |