FC2ブログ
2013/02/03.Sun

しあわせだと気づく

 
気づく。



何もなしで、

気づく感動が 訪れるわけではない。

試行錯誤、夢中になる、暗中模索、

といったことを

次から次へと経験した後に、

ふぅ~っと、春のそよ風のように、

あるいは、

ある日突然、電光石火のように、

訪れる。

ああ、そうだったのか・・・

と。



人によっては、

本によっては、

「苦労などすすんでしなくていい。

 あなたはもう十分に云々。」

と慰めのようなことを言われたり、

書かれたりする。

私も 10代、20代は、そういう言葉に

慰められた時もあった。

一時的には慰められる。

そんなような気がしていた。

でも、

人生は、そんな甘くはない。

慰められることも時に必要だが、

慰められてばかりでは、何も 変わらない。

甘い汁だけ吸う人生に、

何の進歩も 気づきも、訪れない。

逆に、魂が、心が、ぼんやりしてしまう。

心の栄養とは、ならないようだ。



癒されたい、

愛されたい、

しあわせになりたい、

キレイになりたい(外見)、

といった誰でも描くことを私も夢見た。

そう思うと、私の心には、いつも、

「誰か」の声が響き渡った!



” 傷は掘り起こせ。

 膿みを出せ。
 
 そうすることで

 芯から傷は治る。”



厳しいけど、その通りだと思った。

今も、そう思っている。



日常に起こる色々なことで

心を磨いていけるのだと思う。



不思議に、

嬉しいことはあまり覚えていない。

逆境の時に、

悔いなく踏ん張れたことに

しばらくしてから、しあわせを感じる。

” あれで、良かったのだ ”

と。




私の好きな言葉をご紹介します_


「 道をひらくためには、

 まず歩まねばならぬ。

 心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

 それがたとえ、

 遠い道のように思えても、

 休まず歩む姿からは、

 必ず新たな道が開けてくる。

 深い喜びも生まれてくる。」
 
 (松下幸之助さんの言葉より)









アガサ

思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |