FC2ブログ
2012/12/23.Sun

クリスマス・キャロル 〜 わかりやすい霊・霊界の説明 〜


私の好きなクリスマス映画に、

「 クリスマス キャロル 」

というのがあります。



リメイク版や、現代風にアレンジしたものが

何作品か出ています。

それぞれに、素晴らしい作品です。



その中でも、一番気に入っているのは

古い 古い「クリスマスキャロル」です。



お子さんは、ちょっと怖がるかもしれません。

中学生ぐらいだったらいいのかな



3人の亡霊がそれぞれに見せてくれる、

過去・現在・未来。



スクルージ(主人公)精霊に見せられる、自分自身の人生。



次第に、気づいてゆき、

生きるとは何か、

どう生きてゆくのが真なのかを悟ります。



素晴らしい映画です。



世界的な有名な作品、

「 クリスマスキャロル 」。




何度観ても、

素晴らしいです。









共に過ごす人数ではなく、

心温まるクリスマスをお過ごし下さい。


アガサ



思うこと | Comments(3) | Trackback(0)
2012/12/12.Wed

他界との交流(交信、通信)の方法


これは、多くの人が気になるところだろうと

思います。

実際に、私もよく頂く質問にあります。



おそらく、

こういったご質問をされる方の心理は

● 手っ取り早く

● 手軽に(楽々)

● 近道

● コツ

● 正確に(完璧に)

といったことがズラリと並んでいるのでは

ないかしら・・・と思います。

まるで、

20年程かかることを数日間で

取得できるかのように。



全うなところをお伝えしたいと

思います。

触れられないものへの

方法や上達する術というものは、

お手軽な方法など一切ありません。



学んだから、どうなる、

といったことは、

霊界通信に限っては

無いのです。

ひとりひとり、顔や性格などが違うように

ひとりひとり、違うのです。



シンプルです、

簡単です、

と言われることほど、

実は、難しい。



素質なり、

才能なり、

といった下地に加え、

さらに、

たゆまない努力、

ずっと努力する忍耐力も

必要不可欠。



ただ、

サイキックな部分は、

練習すれば、

ある程度は、「当てる」ことは

出来ます。

国内外問わず、

スピリチュアル的な講座を開いている

大々的なところの、
(利益目的)

実践内容は、サイキック開発です。

それさえも、

気づかれていないことも多々あるようです。



教えている側、

伝えている側が、

正しく理解していないところも

関係あるかもしれません。

教えている人の肩書きを盲信しては

ならないのだと学びました。

伝える側が必ずしも、学ぶ側より

霊性や霊格が高いとは限りません。



そして、



スピリチュアルと呼ばれていることは

人として歪みやすい。

我欲が強く頻繁に出ます。

感情は、楽な方へ、手っ取り早くの方へと

促します。

だから、歪みやすくなるのです。

このことを念頭に置いていれば、

多分、

歪み始めても、修正しやすいかなと

思います。




毎日を誠実に生きることの方が大切です。









アガサ


思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
2012/12/11.Tue

おじいちゃんの言いたかったこと


先日の、他界との交流でのこと。

おじいさんが来られ、真剣な表情に変わって行かれました。



伝わってくる内容を伝えつつも、

何か納得が行きません。

伝えれた内容のまま、

保留にしておきました。

その間、

・・・もしかすると、そういう意味なのでは?

と思われたことがあったようです。



一ヶ月、一ヶ月半頃が過ぎたある日のこと。

買いっぱなしにされていたある本を読んでおられた時、

ある部分に「ハッ」とされたそうです。

その部分に書かれたことは、

まさに、おじいさんが交流の時に

伝えられたそのままのことが、書かれていたそうです。



その方は、その本は買ったものの、

なかなか読む気にはなれず、

捨てようかと 思われていたそうです。

本の整理をなさっていた最中、

その本を何気なくペラペラとページを

めくったところに

交流でおじいさんが言われたことが

書かれていたそうです。

それは それは驚かれたそうです。



そして、

描写されたあの時の表情の意味も全て、おわかりになったそうです。

「 わかったよ!おじいちゃん。」


ああ・・・

言葉には出来ない、感謝であふれるこの気持ち・・・


「とにかく、ご報告したくなりました!」

ということでした。




交流に関わる人全て、日頃から謙虚に懸命に生きる姿勢


といったものが、伝えられる内容の真意や深さを増してゆくのだと


あらためて、実感いたしました。



おじいさんの伝えたかったことは

可愛いがっていた孫へのアドバイス。

独り立ち向かっているお孫さんを

励ましてあげたかったのでしょう。

孫への愛情は変わらない。









アガサ






愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/12/04.Tue

よく似た手 〜 美しく深い愛 〜


先日、交流が終わった後、

「 見るとつらいのですが大切な写真を

 アガサさんにお見せします 」

と、見せて下さいました。



拝見した瞬間、言葉は出ませんでした。



それほど、美しい写真でした。

よく似た手。

本当に。



想像を絶する悲しみと辛さを経験され

乗り越えようと、

今日に至ったことでしょう。

華奢なお身体には、

代々引き継がれる強い精神性と共に

深い愛もとても強くあるのだということもお伝えしました。


伝わってくる方法や、表現方法は、千差万別。


それぞれの個性が確かに、存在します。




お帰りの際、

晴れ間の中に、

美しい霧雨が降っていました。

傘をどうぞとおすすめしたのですが、

優しさからか遠慮なさって、

『 タクシーで帰ろうかな・・・・』

と、おっしゃっていたのですが、

バス停まで歩かれた方が良い気がしました。



バス停への道順をご説明する為に

待ち合わせ場所のあたりまでご一緒しました。



すると、霧雨が上がりかけました。



「 大丈夫そうです。」


「そうですね」


ふたりして傘をたたみ、それぞれの道を歩いてゆきました。





その後、すぐにメールを下さいました。


メールには、交流後に見せて頂いたお写真を添付して下さいました。


大切なお写真を第三者の私に送ってくださり、有難うございます。







アガサ





愛しい家族、大切な人との交流 | Comments(0) | Trackback(0)
2012/12/02.Sun

不平不満


人様の嫌な部分には、

感情が動くのは速いですね。

すぐ目につきます。

嫌だなと思います。

どうして、ああなんだろう???




個人的に、思うのは自由だと考えています。

心の中でそう思うのは自由。

誰でも、そう思ったことはあるものです。

嫌だ嫌だと思っていても、何も良い方向には変わらない。

逆に、

嫌だな~と思っていると、思っている側の空気(オーラ)も縮こまる。

すぐに。



小さい時から、自分の感情にそう感じている時、

頭によぎる言葉がありました_

" 人の振りみて、我が振り直せ。"

人は人。

うち(自分)は、うち。

無関心になるのではなくて、人のことに目を釣り上げるのではない

ということ。

嫌だな、と思えたならば、ほっといたら良い。

" もしかして、自分も、誰かに対して(特に家族とか)

そういう行動や気持ちになっていないか?・・・"

ということです。

人様のそうした機会は、我が振りを見直す考える機会。



生きている以上、いろんなことが起きます。

イライラしやすい時、

人に厳しくなってしまう時、

自分の気持ちが不安定な時だと思えます。

何かに不満で、何かに不安を感じているから。

自分の空気がものすごく縮こまっている時。



自分だって、知らないところで、迷惑をかけているだろうと

そう思えるだけで、感情が爆発するのが少なくなります。

自分が地味に地道に、誠実に生きることを良しと思えていれば、

人の不躾なことも多少は、気にならなくなるのです。



自分が知らないところで、お世話になっているのもの。

人の行動にいちいち反応するよりも、

自分が「人の道」を歩いているかどうか、です。











アガサ






思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |