FC2ブログ
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

子どもの命を守るために

2012.01.31 05:59|思うこと

親による、子どもへの虐待。

肉体への暴力、

食事制限、

言葉の暴力、

そして、

最悪なのは、死に至らしめること。



児童相談所へ、周囲の人達や学校が

依頼しても、どこまで立ち入れるのだろう。



親という札が大事なのか、

それとも、

命を守ることが大事なのか、

国は、きちんとした法律なり

制度を早急に作る必要がありますよ。



子を大事にする親の割合が

圧倒的に多いと

信じたい。



でも、

親とて、ひとりの人間。



感情で子どもにぶつかれば、

一旦、刃をむけば、

親は 親で なくなる。

それでも、親だと言うのだろうか。

どうすれば、弱い立場の命を

救い、守っていけるのか。



外国映画では、

児童に対しての生活環境が悪いと

指摘できる機関の強さが目につきます。



日本も、

そういう時期なのでしょうか。



幼い子どもは、

親に暴力をふるわれても、

食事を与えてもらえなくても、

邪魔扱いされても、

何をされても、

親を親だと慕う・・・



胸が張り裂けそうだ・・・

私たちが、できることは何だろう。











合掌

アガサ
~天国からのメッセージをお伝えしています~
霊界通信 霊通信



困った時には

2012.01.26 06:32|思うこと

何かに困った時、

何か、迷った時、

嫌なことばかり起きる時、

自分が自分でないような時、

などなど、

感情は、

「 何かのせい 」にしたがります。



何かをみつけ、

何かに結びつけ、

そして、

自分以外の「誰か」のせいに

してしまいます。

全てを

目に見えない世界からの

指示やメッセージとして

結びつけてしまうのは

安直です。



何かがうまく行かない時、

もしかすると・・・

そこに行き着くまでの流れの中で、

楽をしようと選んだのではないか、

楽が出来ると思って選んだのではないか、

口先だけでなく、

自らが率先して動いたのかどうか、

皆のためと頭では思っていても、

心のどこかに

「 見返り 」が返ってくるものと

思い込んで動いていたのではないか、

というところ見つめること。




困った時には、気づいて頂きたい。

自分は、一体、何をどうしたいのか?

どう生きたいのか?

それに向かって、出来うる努力、

考えられることを順番にやっていく努力を

しているのだろうか・・・



不平不満を言い続けるなんて、

あなたの良いところを、くすませるだけ。



やれることは全てやった。

あとは、運を天に任せるだけだ。

どうなろうと、悔いはない_

こう、心から思えた時、

そう経験をしたら、何度困ったことが起きても

困難に立ち向かえます。










厳しさの奥にあるもの 〜ナニーマクフィー〜

2012.01.21 07:26|思うこと

私の大好きな映画のひとつが、

Nanny McPhee
ナニーマクフィー)です。



驚きのオープニング。

厳しさ怖さだけを感じるのは、

感じる側の心の現れなのだと、

ふと、そう気づかせてくれる

素晴らしい映画。



ナニーマクフィーは、言います_

『 必要ではない と思われる間は居ます。

 必要だと思われたら、居なくなります。』



厳しさの奥にある豊かな愛。

私たちが日常を過ごしているうちに、

忘れてしまいがちな、

何かを気づかせてくれる映画。



その気づきは、

人それぞれによって、

違うことでしょう。



ぜひ、ご家族で、

大事な方と、

おひとりで、

楽しみながら しみじみと

ご覧下さい。



潔い、

そして、

深い愛の持ち主。

決して、

目立たず、

表立たず、

さぁーと風のように

動く。



何て、自由で

素晴らしい!







合掌


ミディアム アガサ
~天国からのメッセージをお伝えしています~
霊界通信 霊通信 スピリットメッセージ


他界した愛しい人への影響

2012.01.15 10:11|思うこと
大切な人が他界されるのは 本当に辛く淋しいです。



私達は 残された意識をどうしても持ってしまいます。

考えてしまうことは たくさんある中のひとつ、

「 私たちの悲しみが大切な人にどう影響するのかな?」

です。

気になるところです。

何か言われた感じがしても、

果たして 本人なのかな?

それとも 自分の妄想なのかな?

ということです。



そういう時は 相手の立場になってみること。

相手の立場になってみることは、どこにいても大切。

もし、私が他界したら・・・と想像してみます_

私の家族や友達、ご近所さんが、

ふとした時にでも 自分のことを思い出してくれたら

やっぱり 嬉しい。



だけど、

いつも私のことを思ってくれていて

家族や友達が悲しんでいたら・・・

私は 心配になってしまうでしょう。



なんだか、自分のせいで家族や友達を悲しませてしまったようで

気分が落ち込みがちになってしまうかも しれません。

< ◯○ちゃんがしあわせに暮らせること、元気で暮らせますように。>

そう祈ると思います。



あなたが、

思いやりに満ちて、

精一杯 生きますように。

悲しかったり、辛かったり、

悔しかったり、落ち込んだり、

そういうことが増えてしまったけど

ちょっと嬉しいことも、

ちょっと楽しいことも、

そのうち 増えていきますように。



人と比べることなく、

あなたが あなたのスピードで暮らますように。

あなたが あなたらしく ありますように。



そういう思いは、必ず 私達に伝わると思います。

私達が大切な人のことを思う愛も 必ず伝わるように。



愛は、第三者を介さなくても 伝わるということを

どうか お忘れなく。



大事に思う気持ち、

大切に思う気持ち、

見返りをもとめないそうした純粋な気持ちは

必ず 伝わるのですから、

安心なさってください。



他界されても 大切な人には 変わりないでしょう?

ね。

愛情は 他界したしないに関わらず

分け隔てなく 育み 育まれるもの。



今も お互いに影響しあっているのだと思います。

人は ひとりじゃ 生きていないのですもの。

誰かが 自分を支えてくれていて、

誰かを 自分が支えているのですから。

知る、知らないは 別として。

だから 感謝が心に広がるのだと思います。














アガサ








テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

憑意(霊が取り憑く)と言われたら

2012.01.14 09:14|思うこと
もし 誰かから

「あなたは憑意されている」というようなことを

言われたなら、それを言った人から遠ざかること。

そんな失礼な人っていません。(苦笑)

ほんと 失礼すぎる。



憑意、憑意と騒ぎ立てること自体、よくありません。

不都合なことや、不幸とされていることが起きると

人というのは、見えない誰かのせいにするんです。

酷いなぁ〜 と思います。

言いたい放題 ですよね。



まぁ、そんなことを言う人は ほっといて

ご自分の日常生活を いつもより一層

大切になさってください。

愛おしく思って。

日常生活は 平凡に思われがちですが

とても貴重です。



それでも気になってしまうようでしたら、

家の中、部屋の中を掃除してもいいかも。

普段より丁寧に。

普段の掃除にはない感謝を込めて。(笑)



自分が掃除したところがキレイになったのを見て、

気持ちは ちょっとすっきりするでしょう。

掃除することで 身体も動かすから 良いですね。

肉眼で はっきりと キレイになったのを

確認できますもんね。



まずは、自分の周囲から掃除。

小さいけれど いろんな発見があると思います。



霊が取り憑くとか そういうことを言う人って

私は 嫌いだなぁ。(苦笑)

なんでも かんでも そっち系の話に結びつけるんですもん。

そういうふうに話されている時の そういう方の表情の方が

恐い。(大笑)

ものすごく 得意気な感じを醸し出されるでしょ。

( なんだろうなぁ〜、この人)って思うもの。

そういうことを言うのが好きなんでしょうね。きっと。

それにしても ですよ、

他界の方々も たまったもんじゃないだろうなぁと

気の毒に思います。






まぁ、そういう人に対しては

ほっとくのが 一番。



ほっときましょう!(笑)











アガサ





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

スピリチュアルというもの

2012.01.09 20:21|思うこと
肉眼で見えないことを人様に言う者は

肉眼で見えることに関与する以上に

責任が大きくなる。



このことを真剣に考え

真摯に受けとめ

良識と 現実的な視点を身にまとうこと。



なぜなら 人様に影響を与えるから。

言葉の影響力を自覚すること。



肩書きや人気などに気をとられている場合では

ない。



認められたいために

すごい!と思われたいために

感謝されたいために

目の前で感動する姿を見たいがために

生活費を稼ぐために

特別扱いするために

自分を錯覚しては ならない。



何の見返りが 無くとも

お礼の言葉が なくとも

どれだけ 自分を差し出せるかだ。

これは 簡単ではない と思う。



肉眼で見えないことや肉耳で聞こえないことを

人様に話すということは そういうこと。

スピリチュアルというものは

広めるべき類いのもんではない ということだ。













アガサ









テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

憎しみから生まれるもの、それは何?

2012.01.06 15:05|思うこと
憎しみ、固執、執着

それらから 何が生まれてくるのだろう。




この世の中、善と悪に ばっさりと区別できない。

善だけの人もいないだろうし、

悪だけの人もいない、かもしれない。

限りなく、それに近い人はいるかもしれない。

それも ちょっと不自然な感じは する。

私は 未熟もんだから。

ほとんどは いりまじっていて 自然だと思う。




憎しみ、固執、執着の根っこになっているのは

恐れ。




自分が置いてけぼりくった感じがして

焦ったり 悲しく思うから

憎んだり、

執着したり するんだと思う。

要は、自分のことが相手よりも優先ってことかな。



憎しみから生まれるもの_

自分も相手も 誰もかれも すべてを

自分から遠ざけてしまう"もの"。






ご用心ご用心。






アガサ