FC2ブログ
2011/11/14.Mon

それでも、会いたい

家族、大事な人が、

天国へ旅立ったあと、

頭では、わかろうとしていても、

遺された意識がある私たちは、

悲しみが癒えません。

これは、年月の流れが、問題ではないのです。



何年経っても、

悲しさが癒える、完全に癒える、ということは、

ないのだなと実感します。



時が、解決をしてくれることもあれば、

そうではないものも あるのです。

後悔が残っている場合には、

心の傷が癒えることは、難しい。

でも、無理ではないのです。



してあげたくても、事情があって、

そうしてあげられなかった_

あれも、これも、と色々な思いが浮かび、

全てが後悔の材料になったり します。

自責の念は、あとを断ちません。



魂は永遠だと、知り得ても、肉眼で、見えないもの。

(それで、良いのです )



少しずつ、本当に 少しずつ

感情の波がゆるやかになってはきますが、

生きている限りは、消え失せるものでは、

ないでしょう。



前向きにと言われがちですが、

時機が来ていなければ、

逆に ポジティブになろうとすることが

ストレスとなるかも しれません。

データのように、故意に消し去るなどということは、

所詮、不自然な話。

心は、物では ないのです。



それでも、会いたい・・・・・



そう思う波がやってくるのは、誰しも一緒。

そんな時には、思いっきり 泣く。

ああ してあげたら よかった。。。

こう してあげたかった。。。

そう思って、普通です。

自然です。














思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/12.Sat

注意すべきは・・・

見えないものが感じられたり、

見えたりすることは、

悪いことでも、

良いことでも、

どちらでもないのです。

気にしすぎないことが 大切。



私たちは、日々、瞬間瞬間、

変化しています。

感情もありますから、当然です。

落ち込んだり、

嫉妬したり、

イライラしたり、

というような「穏やかでない」時には、

波長の低いものと合ってしまうことだってあります。

自分自身で感じる、自分の中の陰鬱としてものです。

そういう時や感じは誰にでもありますから、

あまり気にしないこと。

感情に深入りをしないこと。



" 何か " を霊体験だと直結させてしまうことは

やめておいた方が無難です。

何かについてそちらに結びつけてしまうと

顔つき(人相)が、山姥系になってしまいますよ。

昔話に出てくる、やまんば。



霊体験を望むよりも、今を大切に生きること。



地に足をつけた生き方をすることは

地味そうに思われますが、

とても 大切なことなのです。


















思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/02.Wed

ふと訪れるしあわせ

忙しい日々を送っていると、


ついつい 子どもの、家族の顔や表情を覗き込むことが


少なくなってしまう。





ふと、家族が寝静まってから、


まだ、家族が眠っている間に、


家族を想う。





子どもは、いつの間にか、何でもできるようになってくる。


手伝わせてあげるための準備もすることが少なくなり、


手伝ってもらえるしあわせを噛み締める。




・・・ ああ、手伝ってもらえるってこんなにしあわせなんだ・・・




嬉しくて、


心の底から 感動。


そして、


家族の前で、


わが子に、お礼を言う、


本当に、助かったよと。


コロッケを作る時には、今度も一緒に作ろう。


美味しいね、あなたが手伝ってくれたから。








卵を割ってかき混ぜるのも、


小麦粉をまぶすのも、


卵につけるのも、


パン粉につけるのも、


そして、


私がコロッケを揚げてる時に、


6才のあなたは、


自分から、


手伝ってくれたお皿やバットたちを


水洗い。


全部、やってくれたよ、と心から喜ぶ私を見て、



わが子は、顔をくしゃくしゃにして、喜ぶ。






「おかあちゃんに、そう言われると、ボク、嬉しくなってくる !」








忙しさの中に、


ふと 訪れる しあわせ。







ありがとう。


家族を与えて下さって。


ありがとう。

































日常 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/11/01.Tue

晩秋の桜




いつも遊んでる公園で、桜が咲いていました。


(多分、桜だと思うのですが)


本当に 美しいですね。


誰に認めてほしいと願うわけでもなく、


ただ 存在する。


自然の法則に沿って、生きる。


美しいばかりです。














思うこと | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |