04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

悲しみ・・・その後 

ある記事を見る機会がありました。

目を通し終わる前に、涙があふれてきました。



中学生になるお子さんを

癌で亡くされたお父さんの心。

こんなに成熟した魂があるのか・・・

そう思いました。

この世での年齢は、15才。


でも、魂の年齢は、

実年齢とは異なります。

この方は、大変成熟した

気高い魂の持ち主。



この方の本を購入しようと思います。

「 遊雲さん 父さん 」
有国 智光著書

---------------

小さい悲しみは やがて 消えていく

深い悲しみは 私を 育てる

大きな悲しみは 慈しみに つながる

---------------


本当にその通り。

子を亡くすことは、例え切れない。

親を亡くすことも、

比べることはできないけど

子を亡くすことは、

言葉では 言えない。



どれほど涙を流しても

眠れぬ夜を重ねても

これほどの悲しみは

この世にあるのだろうか。



15才であの世へ旅立った(戻った)その子は、

亡くなる前に、

お母さんにこう言われたそうです、

「 ありがとう。

  みんなに ありがとうって 言ってね。

  ぼくは、そろそろ 逝きます。」

と。


生まれてきた以上、

みな、必ず、「死」が訪れます。

死を身近に感じた時、死をどう捉えるか・・・

最初は、

嘆き悲しみ、パニックに陥ったとしても、

いつか、

心の底から、命の尊さを感じられるように、

そして、

生まれてきてくれたこと、

生まれたこと、

生かされているんだ、ということを

正面から 穏やかに 感謝することが

出来ればと願います。



そうは言っても、

現実は、

やっぱり、悲しいし、苦しいし、辛い。

その押し寄せる悲辛苦の波が、

穏やかになることを祈るしかありません。



悲しみや辛さから、

逃れる事は一時的にできるのかもしれない。

だけど、

逃げたら、また、繰り返すかもしれない。



なぜ、苦しいのか

なぜ、悲しいのか

どうして、生まれてきたのか

死後、どうなるのか

自分の存在は、

何のためにあるのだろうか・・・

さまざまな疑問が生まれるだけ。



どのような感情に揺れようとも、

深く大きな悲しみは、

必ず、わたしの力になる。

必ず、誰かのためになる。





合掌










Posted on 2011/05/31 Tue. 00:23 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

31

大切にしてること 

ありきたりですが、「家族」です。

そして、

子どもを授かって、育児をしていくなかで、

私を「人」として成長させてくれています。


命を育てる、

善悪を伝える、

生きる力を伝える、

思いやりを育てる、

心を育てる、

たくさん、大事なことばかりです。




子育ては、思い通りになんかいかないので当たり前。

子どもといえども、違う魂。



今の時代、

まっすぐに、純粋に育てることは本当に難しいことかもしれません。



でも、

自分が育った頃のこと、

親から教わったこと、

祖父母から教わったこと、

先生から教わったこと、

友達から教わったこと、

これらの核の部分は、

どれだけ時代が変わっても、変わらないものがあると思います。




親は親らしく、

子どもに、背中を見て育ってほしいと思います。


物で友達をひきよせるのではなく、

心や人柄(性格)で、周囲を明るくしてほしい、

心豊かな、器の広い人に育ってほしいと思います。




物が豊富にある分、

便利さを当たり前と感じる分、

心と生きる力に、フタをさせてしまいます。



子どもたちの輝く瞳って、本当に宝です。




合掌






Posted on 2011/05/25 Wed. 16:21 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

25

苦しい時って 

「 苦しい時って、どうすればいいの? 」 

「 気持ちが落ち込んでる時って、どうすればいいの ? 」 


と、よく、家人に聞かれます。




自分の経験から、考えると・・・・・・・・・・・・・・




もがいて 、 もがいて、 あーでもない、こーでもない、という時期を
乗り越えていくしか ないのですよね。



そんな魔法がこの世の中にあるわけないし。



自分を見つめて、
何をどうしたいのか、
今はどういう状態なのか、
といったことを客観的に見ていくしかないのだと思います。




人生に、近道ってないでしょうしね。




それをカウンセリング方法であてはめていくのなら、
それは、ちょっと違う感じがします。

人には、
それぞれ生まれ育った環境が「今」に、「人格」に多大な影響を及ぼしてるし、
それぞれに考えがあるし、
性格もあるし。

人の数だけ、
道や学びがあると思います。





苦しい時、
辛い時、
悩んでいる時、

ただ 話を聞くことしかできないけれど、

でも、

あなたの 「 心の声 」 に、そっと耳を澄ませたいと
思います。



話して、気持ちが楽になることって結構大きいもの。





話せない人が、一番苦しいですね。。。
苦しい。


苦しんでるあなたの姿を
そっと見守っている人や、守護霊さん、ご先祖さんたちも苦しいんですよね。。。
・・・何とかしてあげたいけど、してあげれない・・・
って。


苦しい時って、「孤独」を感じ易いけど、
ひとりでは、ないってことを
イメージしてもらえたら、いいなと思います。



胸のうちを話せない人は、
心の扉が、ギュ~~~っと閉じてしまってるんです。


緑色、桃色、薄いピンク色、などのものを
身につけたり、
してみて下さい。

この色は、心を穏やかにする色。







他の人はしあわせそうに見えるけど、

結構、

その笑顔の裏で、

泣いたり 、

がっかりしたり、

落ち込んだり、

しているもんなんです。



人生って、山あり谷あり。






合掌



Posted on 2011/05/15 Sun. 05:41 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

15

自分を愛することって 

よく、

「あなた自身を大事にしなさい」とか

「まずは、自分を愛すること」って言われてたり、

本に書かれてたりするけど、




自分を大事にする、
自分を愛する、


ということがどういうことなのか

わからない人は たくさんいると思う。



大事にする、
愛する、という観点は、人の数だけ、人それぞれ だから、

一概には、「 こういうことです 」なんて

言えないと思う。



自分に当てはまることが、
他の人にも当てはまることではないから。



自分はこうやってきたから、
他の人(家族であっても)にも、そうであるとは
限らない。



違う視点から例えると、


自分以外の人から
「 こうしたらいい 」 「こういうふうにしてはどうか 」と
言われても、
ストンと納得できることもあれば、
いやいや、それは、自分にとってありえないな・・・
と思うこともあるし。




自分を愛する っていうのは、

自分で、

自分を、

見つめていくこと しかないんだろうって

思う。



↑もちろん、この考えも、「今の私」がそう思っているようで、
「1年後の私」は、もう少し 違う視点や思考なんだと思う。





ま、

あれも、

それも、

これも、

全部、自分ってことで、OKでしょう。






合掌




(余談)
CGアニメ映画「マダガスカル」というのがあるんですが、
登場するシマウマ(マーティー)たちが、動物園から脱出して、
自然の中へ旅する途中で、
マーティは、野生のシマウマたちと出会います。
そこでは、皆、行動が同じように描かれています。
そこで、マーティは「同じ」ということに、疑問を持つようです。
「群れ」に憧れていたのに、いざ「群れ」を目の前にし、入ると、
「自分」と「自分以外」との違いがどこにあるのか、
見た目はすべて「シマウマ」だけど、
多くのシマウマの群れの中で、「自分」はどこにいるのか・・・
どうやって、友達が、「自分(マーティ)」だと区別できるのか・・・
ということが描かれているとこが、
深いなと思っています。

自分とは、、、

命あるものの永遠の疑問なんだなと思います。










Posted on 2011/05/14 Sat. 05:11 [edit]

category: 思うこと

TB: 0    CM: 0

14