04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

記念ではなく、日常に刻む。 

大震災、終戦、事件、事故。



命に 関わることは 記念にするもんじゃない。

記念ではなく、日常に刻むもの。



その日だけ 神妙な面持ちをして

合掌する、国の要人や大会社のおえらいさん方。

それらをとりまく空気は 行事的空気。



今も 飼い主を待ちわびる犬や猫や動物達が居る。

彼らを撮り続けるカメラマンがおられる。

彼らにご飯を持っていく保護団体の人達がおられる。



まっすぐな瞳が写った写真に 胸がいっぱいになり、

無責任な権力に 腹をたて、

何も出来ていない自分に 一番腹がたつ。



尊い命を奪われた多くの人達、

多くの動物達。

奪われつつある動物達は、健気にも

心ある人達が来るのを 待っている。

待ち続けている。

今も。

私達が 自分のことしか考えていない時も。



国の偉いさん方、大会社の人達が

心を向けたなら、救える命と心は いっぱいなのに。

賢くない私にさえ それぐらいのことが わかるのに。





" もっと便利に! "





電気を際限なく使う人間の鈍さが

便利を当たり前に思っている人間の勘違いが

多くの命を 奪い続けている。





命に関わることは、記念ではない。

記念でなく

日常に刻み

血の通った動きをすれば

落ちぶれている国政も すこしはマシに

なるかも しれない。
















この日だけ 私は神妙に合掌しては いない。

電気スイッチを押す時に いつも 刻んでいる。



アガサ















Posted on 2018/03/11 Sun. 09:04 [edit]

category: 日常

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

11

願わくば・・・ 〜 子ども達へ 〜 

春が近づいてきました。

春といえば、日本では 新しい環境に入っていく季節です。



わが家も、引越・転校となりました。(苦笑)

そこで、思うところを子に

先に言っておくことにしました _


「 もう中学か。早いなぁ・・・。

  中学になったら突然勉強が難しくなるわけやない。

  小学校からの積み重ねで、続きやから。ビビることはない。

  そんなことよりも、大事にしてほしいのは、礼儀正しく楽しむこと。

  将来やりたいことがあって、それをやるために勉強が必要なら、
 
  勉強したらいい。

  本当にやりたいと人間思ったら、人から言われんでも

  自分から懸命にやるもんや。

  何回失敗しようが、泣こうががっくりきても、頑張れる。

  勉強に関して、親が勉強させるのはおかしいとお母ちゃんは思ってる。
 
  だから、勉強しなさい、とは言わない。
 
  ◯○○の人生だから、勉強するしないは任せる。

  

  ただ、

  "皆が高校に行くから高校受験する・・・"

  そういう考えは、わが家には、ない。

  皆がするから、周囲がそうやから・・・というので決めるのは

  よくない。

  これは、自分の頭で考えず、自分の気持ちを無視してることになる。


 
  嫌々、勉強するのはよくない。

  勉強が嫌だから働く、というのもよくない。

  卑怯な考えやと思ってる。

  何を選ぶにしても、自分で決めること。それが覚悟するということ。

  もちろん、いつも相談に乗りたいと思ってるよ。

  

  ◯○○がやりたいと思うことに対して、

  それが良いと思えればお母ちゃんは

  出来る限りの協力はしたいと思ってるから。

  

  ただひとつだけ、気を付けてほしいことがある。

  身体を大事にしてほしい。」






" 親は子に何をしてやれるのか・・・"

いろんな育児書や育て方の書籍がたくさん出版されていますが

他人様が書いた本を読んで、わが子にあてはめるなんて

とんでもない。(笑)

同じように成るはずが、ありません。

これが正しい!というのは、私には分かりませんが、

出来ることなんて そうはないように思っています。



人というのは、"あなたのために!"という大義名分?を

自分の中で勝手に掲げて動いたら、大抵は、その相手から

見返りを求めてしまうのです。

子のために親が動く・・・

動き過ぎるぐらいに動く・・・

子がそれを望もうと望んでいなくとも、

親は何かに取り憑かれたように動いてしまう・・・

これは、もはや、愛情ではなくて、欲です。

欲を欲だと思いたくないのも、人間。

正当化させますね、大人は。(苦笑)



お子さんのことでいろいろ悩んでおられる親御さんは多いです。

一番は、学校のことです。

世の中が変わってきたので、学校での勉強がすべてではない、と思います(笑)。
(ア:私は学校がずっと好きでした。)



お子さんが学校に行くのが辛そうであれば、休ませればいい。

言える子どもさんは、まだいいです。

言えない子どもさんも 多くおられるでしょう。

我慢して我慢して、親に心配させたくない一心だと思います。



親は、子どもに何かを買い与えて喜ぶ顔を見て、

自己満足している役目ではないと思います。

むしろ、

子の雰囲気(空気)を感じ取るのが、大事と思います。

そこに " 世間体 " や " 常識 " というのに対して、勇気をもって

大人が立ち向かうことです。

世間体や常識というのは、あっけない程、コロッと変わるもんですから。(大笑)

そんなもんですよ、世間体や常識って。

いい加減と言えば、いい加減。



勉強はどこでだって出来ると思います。

勉強やりたい子は、ほっといても やります。

やらない子は、いくらお金積んでも やりません。

親が見極めてあげること。

親が自分の内にある世間体を取り払うこと。(笑)



本物の友達は、どこでだって出来ます。

クラスメイトだけが「人生で決められた出会い」ではありません。

時期がくれば、心友と出会うのです。

そのかわり、数少ないですよ、本物は。

だけど、本物とは、そういうもんです。










身体を大事にすること。

心を大切にすること。

すべての子ども達に願うのは、このことです。

















ご近所散歩道にある梅です。
ほぼ毎日、「ごんと歩く時間」を作っています。往復30分弱。
梅が好きなんです、私。
寒い頃から咲くでしょう?!
毎年、スゴいな!と思います。
だけど、地味。
桜や他の花達の可憐さと比べるとものすごく地味。
惹かれるんですね、そういうところに。




アガサ




Posted on 2018/03/07 Wed. 13:25 [edit]

category: 日常

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

07

ブログ更新が遅れてすみません。〜 介護、看病、見守り、見送り〜 

ブログを更新できず、申し訳ございません。

アガサの体調が悪いのかも・・・と ご心配頂いては申し訳ないので、

書かせて頂こうと思いました。

( 私は大丈夫です。色々な意味で、無理は致しません。)





11月中旬より大事な家族の介護を優先しています。

先週末から、看病へと変わり、

昨日からは 吐血へと変わりました。

愛情をかけて 寄り添う他 何もできませんが、

見守ることを最優先しています。



そういう理由で 素晴しい交流の回想記録を

なかなか更新出来ずにいます。

すみません。



楽しみになさっている方々、

心の支えとしてお読み頂いている方々には

大変申し訳ございません。

きっと、お察しくださっていると思っています。

今月の最終週か来月の初旬には回想記録を書かせて頂きたいと

思っています。



ご依頼頂いていますお約束は、必ず守ります。

交流をきちんとお伝えできる精神力と集中力で臨みます。

切替が上手、ということではなくて、

交流の意味を私の経験と共に築いている信念があるからこそ

心を尽くせると思っています。

お伝えすることは、私自身をも支えて頂いていると思えます。





風邪の季節になりました。

皆様も体調を大切になさってください。

私も風邪などの身体都合がある場合には

ご依頼ご本人様にご連絡致します。












家族全員 心ひとつにして 見守ります。

いつも ありがとうございます。












12/14 夜 追記
本日のお昼過ぎ、他界しました。
多くの方々からの愛情に本当に感謝しています。
苦しく痛かったことから脱することが出来たと思います。
16年と少しの長い間、こちらで生きました。わが子同然です。
悲しさや辛さは残された者に残りますが、
それだけ愛を注げたのだと思っています。
悲しみは誇りだと思っています。

わが家を代表して、皆様に御礼申し上げます。
有難うございます。



12/7あたりに携帯で撮った写真です。
写真を撮られるのが苦手なごんでしたが、
この時ばかりは、こちらをしっかり見てくれました。
わが子が可愛く思えるのは、
良い時だけではなく、苦楽を共にするからこそ、です。

ごんのために毎朝4時過ぎには起きて、看病をしていた習慣から
なかなか抜け出せなく、ついつい、「ごん〜、おはよ〜」と
言ってしまいます。
次の瞬間、大きな寂しさに包まれます。
ごんのためにだから、早朝であっても起きれたんだと今更ながら
気づきました。
自分のためには、なかなか起きれませんね。(苦笑+涙)








深い悲しみを胸にし、寂しさを肩に乗せ、

それでも、私達は生きていくのです。

悲しみと寂しさは 人のために役立ててこそ

輝きを増すのだと思い込んでいます。





いつも ありがとうございます。

アガサ











Posted on 2017/12/11 Mon. 09:08 [edit]

category: 日常

thread: 生きること  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

11

 

そこそこ、お元気でお暮らしですか?

すっかり秋になりました。

心身共に落ち着ける季節に入りました。



こちらの朝晩は段々と冷え込み始めました。

お住まいのところは、いかがですか?

北は、寒さの厳しい北海道から、

南は、まだ半袖でいらっしゃるのかなぁ?と想像する沖縄まで、

そして、北米や欧州にお住まいの方々、

とにかく、皆さんお元気に暮らしておられることを時折願いつつ、

ぼちぼちと暮らしています。



秋を感じますと、野良愛猫ぺこのことが気がかりで仕方がない季節の始まり。

彼女がご飯を食べてくる頃には出迎えたいですし、

気まぐれで近づいてきてくれる時には、じっと立ち止まり、

すりすりしてくるのを期待せずに心待ちにするのです。

地味な生活振りですが、結構、やることがあります。(笑)



最近、ぺこトイレ設置のために家族たちの協力を得れ始めました。

希望すら持っていなかっただけに、とても有難く思います。

外で暮らしている娘をまたひとつ、迎え入れてもらえたような気分。(笑)

どんなに可愛く思えても、野良は危険が常につきまとう外の世界で

生きていますから、非常に用心深いです。(当たり前)

思惑とは裏腹に、なかなか、ぺこトイレでは用を足さないようです。

まあ、様子見・・・というところでしょうか。(笑)



わが家は賃貸ですので、好き勝手に家をいじれません。

大家さんの了解を得てから、作業。

古くなりすぎているウッドデッキも所々、木が腐って折れたりしています。

なかなか手をつけることが出来なかったボロいウッドデッキを、

家族総出で作業し始めました。

お天気の良い日に少しずつ。

ご近所さんへの気遣いも忘れず居たいので、作業は1時間内。

危険な古い板から優先して、剥がしていっています。

その後は、分別というか、重要な後始末。



木は長く置いておけば腐ります。長い年月をかけて、土に還ります。

ボロボロに腐っている部分は、手で簡単に細かく出来、土に混ぜます。

それ以外は、町の回収に則って出さねばですね。

ウッドデッキの下には、落としてしまった洗濯バサミやレゴブロック

等のプラスチック類が落ちていました。

人工的に作られたこれらは、" 地球のゴミ "。

土に還るということはありません。



そう気づくと、私たち人間って身勝手な生き方をしてるんだな

と振り返ります。

売るために作って(作りっぱなし)、

売るだけ売って(売りっぱなし)、

使うだけ使って(使いっぱなし)、

あとは、ゴミの日にポイッ。

目の前から物が移動すれば解決した気分になっているんですもん。(苦笑)

" 尻の始末 " を考えて、生活に必要な物を買うことを意識すると、

普段からいろいろなアイディアが浮かび始めます。

物を大事に扱うようになってきたかなとも思えます。

こうした習慣は、将来的なボケ防止にもなるかも。(笑)



つきつめれば、普段から命を大事にする、ことだろうと思います。

自分の若い頃なんて、全くそういうことを考えもしませんでしたが(苦笑)、

今の子ども達や若い方々は、小さい頃からそうしたこともお考えになって

いるようで立派だなと思います。



秋の楽しみのひとつは、散歩。

空いた時間を持て、気分が良かったら、小一時間ほど歩いています。

いつも近所ばかりで家族たちから「よく飽きないね。」と言われますが、

飽きません。(笑)



道端の草や花や虫たちを眺めながら・・・

時々立ち止まって大空を飛ぶ鳥たちを眺めながら・・・

ですから、いつも同じではありません。

すずめ、カラス、とんび、さぎ、その他の鳥達の動きと鳴き声、

雑草と思われているものの生え方や色(枯れ具合)、

育てておられる野菜たちの生育具合、

人や車の流れ、

そして、空の様子、空気 など・・・

いつも違います。



すべてに命が宿っているから、同じってことはないなぁ。

人間だけが生きてるわけじゃないですもんね。(笑)

当たり前といえば、当たり前。(笑)

小さな散歩はそういうことを気づかせてくれるように思います。







なんだ?これ! キノコのようでした。




小さな蝶々が歩道の真ん中に止まっていました。
私「 こんなところにいたら、ふまれるよ。助けてあげて。」
家(そっと手にのせてくれました)
私「 草と花がある踏まれないところに放してあげてくれる?」





家「 なかなか、離れないよ・・・」
と言いながら、草と花のあるところに蝶々を放しました。
私「 これで安心だ! ありがとさん。」





秋の桜、コスモス。
その隣には、里芋の葉がうわっています。
里芋の葉が風で揺れる様子がとても好きです。思わず、にんまりしてしまいます。
まるで、うんうんと頷いたり、いやいやと言っている子どものように思えます。
可愛いんですよ、里芋の葉。





自然の緑の素晴らしさは、健康な状態ではなかなかわからないものがありました。
自分の身体を大切にしたいと心底思えてからは、今迄気づかなかったことが、
心底わかるように思えます。
まさに、" 身にしみる " ですね。(笑)








皆さんも、道端にある秋を時に立ち止まって

ご覧になってみてください。

目の前にあるそれらは、今しか見れないのですから。

尊いものばかり。















アガサ

Posted on 2017/10/02 Mon. 10:39 [edit]

category: 日常

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

02

ひとりひとり違うもの 〜 unique 〜 

9月に入って、あっさりと秋らしくなりました。

あれだけ暑かったのに。(笑)

私たちが、ぶつくさ言っている時も

自然界は 黙って 成すべきことを成していますね。

見習いたいといつも思っています。



いつ頃からか・・・忘れましたが、

私が好んで聴いている音楽があります。

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 です。

(私は音楽知識は皆無です。ご安心ください。(笑))



コンサートに出掛ける程の余裕がありませんが、

一度でも直接聴きたいと淡い思いを抱きながら

CDで聴いています。



世界的に有名な五嶋みどりさんの音と演奏のなさり方、

彼女の空気感がとても好きです。

他の方のも聴くのですが、やっぱり、彼女の演奏が好み。

毎日1回はヘッドフォンで聴いていますので、

家族は「また、それ? よく飽きないね!」と呆れ顔。

誰に迷惑もかけていないので、私は気にしません。(笑)

それに、

クラシックは 交流に似ているように思えています。





ある日、何気なく、見つけたヴァオリニストのおじいちゃん。

何とも言えない熟練さが素晴しく、さすが年の功だなぁとしみじみ。

どのような方だろうと検索しましたら、なんとまあ!

偉大なヴァイオリニストでした。

アイザック スターンさん。

すでに他界されていますが、音楽も 永遠です。



彼の純粋さ、思慮深さ、信念、温かさ、そして、厳しさ。

年齢を重ねていくなかで 熟成されていく音色。



五嶋みどりさんを見出したのがスターンさんだと知り、

それはそれで何だか(勝手に)嬉しく思いました。







ひとりひとりに、個性があります。

感受性、考え方、行動も 違います。

非常にユニーク。

ご存知のようにユニークという言葉には、

「 唯一 」という意味があります。



命あるもの、全く同じというのはありません。

同じように見えたり思えたりするのは、

肉眼で見えるとこしか見ていないからです。



個性。

唯一( unique )。

たったひとつの存在。



ユニークの素晴らしさは、交流を通じて いつも実感します。

それを言葉で表現するのが本当に難しい。

難しいからこそ、努力のしがいがあります。





行楽の秋でもありますが、音楽、読書にも最適な季節。

細かい手仕事も好きなので、やりたいことがいっぱいです。

ついぼんやりしてしまって、なかなか行動に移せていないですけれど。(笑)





めぐる季節を年齢を重ねるたびに、大切に思えます。

辛い悲しい経験をするたびに、普通の有難さを感じます。



ひとりとして 同じ人は いない。

親子であっても、

兄弟姉妹であっても、

夫婦であっても、

気の合う友人であっても、

嫌だと思う人であっても、

苦手な人であっても。



ひとりひとり、違う。

ユニークな存在。



自然もそう。

毎年、同じような季節の流れはないのだと思えれば

心が広がるような気が します。














写真下の方に写っておられるのが、アイザック スターンさん。
どこにでも居そうな方ですが、ヴァイオリンを奏でられる時は
非凡な存在です。













アガサ









Posted on 2017/09/10 Sun. 10:17 [edit]

category: 日常

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

10