FC2ブログ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ
(2019年春から町暮らし)




初夢らしい初夢は例年見ないのを知っておきながら

「 今年も見なかったなぁ・・・」

ついこう言ってしまう自分です。(笑)

そう言いながら何となく、窓に反射する外の色が気になりました。

(まだ 陽は射してこないのになぁ )

窓は全部開かないので 玄関の外を見てみました。



「 うわぁぁ、真っ白。」

扉の向こうは、白銀の世界でした。



すっかりイレギュラーなことが億劫になりつつある私ですが

家事の前に、辺りをぐるっと歩いてみることにしました。

「 ぎゅっぎゅっと鳴るねぇ〜!」

乾いた雪質は、まるで片栗粉を踏むような感覚。



誰の足跡もない(野生動物の可愛い足跡はあります)雪を

歩くのは、すごく得した気分。

家の周囲を一回りしたので家族共々、家の中に入りました。





子は、早速 宿題をし始めたようで 私は何だか

不自然な感じがしたんです。

「 宿題、やってんの?」

「 うん。いっぱいあるから。」

「 ふ〜ん。」



(おかしい。

 こんな綺麗な白銀の世界で、

 人も車もほとんど通らないのに

 机に向かってるのは、おかしい。)



「 外で 遊んできたら?

 スノボー、ソリ 出来るで。」

「 ・・・でも、宿題があるから・・・」



宿題かぁ・・・

長野の中学は 連休でさえ、連休用の宿題を出される。

びっくりです。今はどこもそうなんでしょうか?

学校は塾ではないのだから、宿題の量もそこそこで

ええのではないか?と思う自分です。



「 そんなんな、どうでにでも なる。

 今、遊ばんで どうすんの?

 雪遊び してき。

 思いっきり!」



この後、嬉しそうに家から飛び出して行ったのは

書くまでもありません。(笑)



子ども時代に 自然に抱かれた遊びが出来るのは

何物にも代え難いと思います。

点数をあげるために塾へ行き、

その他の時間は友達が傍に居ようと家族が傍に居ようと

関係なく、ゲームやスマホにのめり込んでいては

大切なことやものを見逃してしまいます。

物事に対しての考え方や捉え方、人に対しての接し方、

命に対しての考え方や思いなど 人としての基盤は、

子どもの頃に作られるのです。



若い時分のエネルギー(若さ)というのは、

最新で流行のものや画面をどんなに見続けても、

どんなに知っていても、人の作ったものでは

満たされません。

それらは所詮、人の作ったもの、人工的なもの。

与えられた刺激でしか、ありません。

与えられた刺激はすぐに飽き、刺激でなくなり、

さらなる刺激を求めてしまうようになるのです。

麻薬と一緒。



最新情報をいかに知っていても、知っているだけでは

想像力は育ちません。

想像力というのは、相手の立場になって考えられる"思いやり"に成り、

これやったら次はどうなる?というのは"先見・予測"に成ります。

言い方を変えますと、想像力は"生きる力"と成るのです。



子どもの時には、子どもの時にしか出来ないことや感性があり、

若い時には若い時ならではのことがあります。

伸び伸びと出来る時代は、伸び伸びとした方が良い。

それが自然だと思うのです。



自然たっぷりの中で 遊び学ぶのは最高。

人間より命の短い生命がそこかしこに存在します。

生きることの美しさ、大変さ、儚さ、偉大さを

肌で実感するのは、精神的な大きな満足と成長に繫がります。



机に無理にかじりつくような子になってほしくない。

我慢をし過ぎたり、勉強しかやらずに心を置き去りにしては

子の心(心眼)は育めない。

多過ぎるプライドとプレッシャーは、子の個性を潰します。



明日は誰にでも来ると思われがちですが、そんな保証は

どこにもない。

ちょっと先なんて、何が起きるか分からないからこそ、

伸び伸びと 素朴に生きてほしい_

そう思っています。



遊ぶ時は 思いっきり遊ぶ。

それが出来てはじめて、本物の集中力が育ち、

どのような経験も後に 宝と成るのです。









外から 大きな笑い声が 聞こえてきました。

あはは。

こちらまで笑いが伝わってきます。










= おまけ =

この通り、白銀の世界。
さらっさらの雪質です。
明日はつるっつるに凍っているので要注意。




可愛い足跡!
他にも様々な足跡を見つけるのが冬の楽しみになりました。
彼の足跡からは、命を感じるのです。
生きることは奇跡ですもの。感動以外ありません。
洗濯物を干す一瞬でさえ、指先に痛みが出るほどの寒さです。
その痛い程の寒さの中、暖を取る物なにも無しで生きる動物達。
足跡を見る時、我が身を反省しつつ、命の尊さをあらためて強く感じます。

同時に、
人間なら到底生きれない過酷な自然の中、懸命に生きる動物達を
人間都合で駆除や猟する身勝手さと心の狭さに、繰り返し心頭します。
鹿の肉は美味しい、皮を無駄にせず、って言うな!と思います。
きれいごと言ったって、殺しですよ、私からすれば。









アガサ










 2019_01_02

氷点下暮らし

Category: 日常  

「 山の中はどうですか? 」

お気遣いのメールを頂戴致しますので、書かせて頂きます。

大晦日には相応しくないかもしれませんが、ご勘弁ください。



こちら山の中は、氷点下暮らしに入ってきました。

氷点下暮らし in 山の中は、何やかやとあります。

"楽しんでやる"というのは建前だと思える程で(苦笑)

習慣として捉えないと、ついつい頭によぎるのは次の5文字。

" 面倒くさい "

あはは、自分で書いて笑えます。

だけど、本当。



もうね、面倒くさいことばかりなんです。(笑)

だけど、生きていくというのは そういうことなんだと思います。

便利になり過ぎたんですね、日常が。

便利が不便になってしまうと

動揺して、ついつい、便利だった過去を懐かしんでしまう・・・

のです。私は、ですよ。(笑)



氷点下暮らし in 山の中は、自然のスゴさが日常に濃く影響しますが

次の2つのどちらかがあれば、大丈夫。

意欲 あるいは、資力。

笑えますけど、現実はこうです。

山の中に建つということは、メンテナンスが日常的に必要。

それを自分で全部やる意欲と根気があるかどうか。

出来ないのなら業者さんに依頼せねばなりません。



氷点下暮らしといえば、これ。

● 窓が凍る

凍り方も段階があるのだと知りました。

ものすごく頑丈な凍り方。

神奈川の時も北側は凍っていましたが、今思えば

凍ってるとは言えない程の可愛さでした。

この山の中は・・・お湯をサァっとかけても、解けないのです。

「 スゴいな氷って。」と思わず口に出してしまう程、感心。

ちょっと待てよ・・・

冷たいところに熱いのを急激にかけると割れるんじゃないの?!

後々の事を考えると、太陽の陽が射してくる午前9時半ぐらい

を待った方がいいかな・・・

このところ、やっと知恵がついてきました。



● 雨戸は家の外から開ける

家の窓全部、頑強に凍り付いていますから、

室内からは雨戸は開けられません。真っ暗です。

長野県の山奥で極夜を続けたくありませんから(笑)

毎朝9時過ぎに、家の外に出て、雨戸を開けます。

南側はデッキの隙間を保伏前進のようにして入り、

雨戸を開けています。

※50過ぎて、毎朝、保伏前進するとは思わなかった!



●水関係は不凍液が必要

寒冷地では、水温が何度かになるとヒーターが作動するように

設置されます。大抵は。

ですから出始めは暖かいお湯が3秒ぐらい出ます。(嬉)

その後は、冷たい。(当たり前)



出てくる方だけでなく、水のあるところは留意が必要。

トイレの水、洗濯機の排水溝など もです。

そういうところには、不凍液を入れておくと安心。

とにかく。

凍るので、ついうっかり忘れると・・・後の祭りでは済まないのです。



今朝はマイナス10度越え。

全てが凍ってます。

吐く息の白さや細かさも違います。



最高気温がマイナスの山暮らしでは、

どれほど陽を浴びることが貴重に思えるか。

人が寒い凍ると思うなかであっても、動物達の逞しさには脱帽します。



小鳥さんたちの姿を見た時、

可愛いさえずりを聞いた時、

動物たちの姿を遠くから見えた時、

氷点下暮らしでの忍耐綱が補充されるような気がします。



この寒さだから気づくこともたくさんあります。

夜の星空の綺麗さ、見える星の多さ。

野生動物と遭遇した時の高揚。

北欧のデザイン、北欧の照明のアイディアや美しさの理由など、

不便で氷点下だから、気づけたこと。



山の中での生活は、物理的に不便なだけでありません。

便利な街の中での生活も、便利だけではないと思います。

どこに住もうとも、一長一短。

良いことも そうでないことも 必ずあるんだなぁ・・・です。



明日の元旦は、明け方、マイナス15度ぐらいいくと思います。

2月の中旬あたりまでが本格的な冬。

プチプチ大作戦を駆使しながら、効率的な暖の取り方を

試行錯誤していこうと思っています。



今年は長い養生期間を頂きました。

本当に皆さんのおかげです。

街中も寒いようですから、どうぞ、ご無理をされませんように。







追記:
つい先程、きつねを見かけました。はじめて、です。
じっとこちらを見ていた姿が何とも可愛くて、
ついつい、愛犬の姿を重ねてしまいました。
日本昔話に出てくるキツネの走り方、そのままでした。








= おまけ =

えのき茸か、もやしのような霜。長さというか、高さがすごい!
7〜8センチぐらいあります。




側溝が凍っています。今はもっと凍り方が重なって不透明になっています。
足でガンガン踏みつけても割れない程、頑強!







アガサ





 2018_12_31

あっという間

Category: 日常  

月日は あっという間に過ぎていきます。

12月は越してきてから、9ヶ月目。

奇数になぜか落ち着きを感じる私は、

心を落ち着かせるために、唱えることがあります。

三日も経てば・・・

七日過ぎれば・・・

一ヶ月、我慢しよう・・・

三ヶ月もすれば・・・

半年、待とう・・・

というように。



我慢我慢と心でつぶやく回数と量が、

内在する"袋"では足りなくなりそうだ(苦笑)_

そういう思いも少しずつ鳴りを潜めてきたように思える、9ヶ月目。

もう、九ヶ月 経つんだね・・・

ひとつのことに慣れてきたら、

新しい何かに驚き、どうしようかと思ったり。

困惑したり、う・・・んと頭をひねったり。



悲しみも、

辛さも、

複雑な思いも、

全部 自分の経験になってゆきます。



色鮮やかな秋を過ぎ、トーンを落とした冬を迎えるなか、

早朝、家族達を見送る道すがら、粉雪の上には

動物達の足跡が 静かに 残っています。

人間には、到底できない 厳しい自然の中での生活。

寒さに凍えても ストーブなんて無い。

飢えを満たすような 備蓄食品も無い。



約一年前、この地を初めて訪れました。

なんて寒いんだろう!と思いました。

午前11時ぐらいなのに、たった1℃。

神奈川も寒いと思っていたら、とんでもない。



選べるほどの資力を持っていないとはいえ、

とんでもないところを選んでしまったのか・・・

後悔、不安、焦り、途方にくれてしまい、

無言になってしまった帰りの車中を思い出します。



景色なんて目に入らず、私の横で横たわっている愛犬の様子だけを

ぼんやりと見ていました。

もう 起き上がることも出来ない寝たきり状態。

お世話できることが 本当に嬉しかった。

元気な頃とは違う、愛おしさであふれていました。

空気は緊張し続けている静かな車中、私は

寝息をたてる子と横たわる愛犬を眺めながら

「 ・・・この子達のために、頑張ろうよ。」

つぶやくように 自分に言い聞かせるように

そう 口にしたことを今も覚えています。



それから数週間後の、12月14日。

ごんは 辛かった身体から やっと楽になりました。

たくさんの愛を教えてくれて、

例える事なんてできない悲しみも教えてくれました。



あっという間。

愛をこめて ドタバタとした日々は 本当に

あっという間に過ぎ去っていきます。



辛いことも、楽しいことも、

悲しいことも、嬉しいことも。

耐える時、耐える一日は長く感じても

過ぎてしまえば、あっという間。



愛をこめて生きることが 難しく感じる時もあります。

そんな時、自分が何について悲しく思うのか、辛く思うのか、

自問自答します。

すると、どうしようもなく正しいかのように思えてしまう常識で

頭と心がガチガチになっていることに気づきます。



不都合な時、

楽しくない時、

悲しい時、

そうした時に 今まで 自分が嬉しく楽しい時を

過ごした時があったじゃないかと思い出すことも

もしかしたら 大切なのかもしれない。



大切な家族を亡くすと、耐え難い悲しみがやってきます。

どんなに泣いても、叫んでも、です。

ついつい、自分が悲しく辛かった時のことや家族が弱っている姿を

思い出してしまいます。

だけど、そうじゃないんですね。



愛する家族が元気な時、本来の姿、その姿や笑顔を

この弱っちぃ自分に叩き込み直さねばなりません。

それぐらいの愛情は、持ってるはず。

悲しく淋しくとも、自分を叱咤激励せねばなりません。

それぐらいの愛情を持ち続けてるはず。

でなきゃ、自分が悲しいから辛いから、悲しんでるのか?!

ということになってしまう。

自分の悲しさよりも 愛する人や動物家族が

自由に伸び伸びと出来ていることに 注目せねば・・・_

そう思うことは 決して簡単なことではないけれど、

愛を込めるというのは そういうことなんだと思います。






なんでも あっという間だけど、

口先や文字での自己暗示ではなく、

もっと静かに、確かに、

愛をこめて生きたいと思います。























13年程前の、ごんです。
3、4歳ぐらいでしょうか。
私の座布団で昼寝をしとりました。(笑)
可愛いもんですよね。
ごんのヨダレ付きに成ったこの座布団は・・・
ごんにあげました。(笑)










= おまけ = 寒い季節に、寒いおまけ!(ニヤリ)

12月に入ってからでしょうか、雪がちらつくようになりました。
さらさらっとした雪質です。



南側にある木。最近になって、この木が「もみ」の木だと知りました。
クリスマスにぴったりですが、飾ることはしません。
鹿や小鳥たちが間違って食べてしまってはいけませんからね。
人間がテンションあがるのは自由だけど、自然界に迷惑かけちゃぁ〜いけない。(苦笑)



ガラケーなので画質が良くないですが、とても綺麗なんですよ。
街中で売っているリースに、キラキラとしたものが振ってありますね。
自然の美しさは、本物だなぁ・・・と感心することが多いです。
厳しい自然の中で存在するからこそ、なんだろうなぁ。


愛猫ぺこは、どこにいるんだろう・・・
姿を見せなくなって半年。
暖かいところにいるだろうか、ごはんを食べれてるだろうか、
誰か、、、頭をなでてくれる優しい人が傍にいるだろうか。
心に ぺこの穴が空いたまま、お母ちゃんは生きていくよ。

どうか、行方不明の娘が元気でいますように。











アガサ


 2018_12_14


今日は、立冬。

とうとう、冬がやってくるんですね。



自然の美しさと静けさの恩恵を受ける面があり、

自然の中で生きることの内省はいつもあります。



自然と共存して生きるというのは、一時期、

不可能なんではないかと思えました。

所詮、その環境で住んだことのない人が言う言葉_

そんなふうに思ったこともありました。



山の中に住むということは、自然界にお邪魔すること。

人間にとって、不便や快適ということなんて、

どうってことがないように思える事が日常に起きます。



それは、

山の中に家を建てたがゆえに動物達の命を奪ってしまう、

ということ。



そのひとつに、バードストライクがあります。

バードストライクというのは、窓に周囲の景色(自然)が

映り込むために野鳥が窓に思いっきり、突っ込んでしまうこと。

これは、人災です。

そんなことも、私は知りもしませんでした。



引越してきたまなし、突然、ドンッ!という大きな音に驚き、

振り向きますと ツグミが倒れていました。

脳しんとうのうえ、大切な命を落としました。

家族全員、悲しみに包まれました。

せめてもの償いに、近くの木の下に、心から埋めました。

子は泣きながら、墓標を作りました。

私は心が張り裂けそうでした。

「 もう二度とこういうことが起きないように気をつける。」

そう心にしました。



約半年後の先日、突然の「ドンっ」。

ドキっとして振り向くと、雀に似た小鳥がベランダに居ました。

苦しそうにくちばしを開けています。

「 ごめんね、まただ・・・本当にごめん 」

ボロボロと出てくるのは涙だけ。(情けない自分)

気の効いたことも出来ずに、祈るだけの自分に苛つきながらも、

祈るだけ。

( あの子を助けてやって。

 誰か聞いてくれてるんやったら、あの子を助けてやって。

 あの子は何にも悪くないのに。)

本当に無能な自分です。




苦しそうにクチバシを開けたまま、じっとしながらもふらふらの野鳥。



そうこうしていましたら、一匹のシジュウガラがその子に近づいて

鳴いていました。

「 どうしたの? だいじょうぶ?」

と言ってるかのように。

すると、何匹もの小鳥たちも近くの樹に停まり始めました。

仲間を心配したのかどうかは、分かりません。

十数秒後、彼らはどこかへ飛んでいってしまいました。



「 私、傍に居るから・・・」

そう言いながら、息をひそめていました。



その小さな身体の空気が段々と弱々しくなってきたのです。

( 助けてやって!)

その子は私の気配を感じ取ったようで 弱々しく瞼をあけました。



( この子にお願いする何かは残ってるんかな。

 ぺこ(野良愛猫)の時に全部使い果たしたように思うけど、

 ちょっとだけ残ったり貯まってる何かがあるんやったら、

 この子が何とか生きていけるために使いたい。)

誰にお願いをしてるのかは分かりませんけれど、涙と鼻水を

流しながら そういうことを心の中で思っていたのです。



( 無理かもしれんけど、祈るから。)

そう思った直後、その子はパッと飛び立って お隣の山荘の屋根まで

飛べました。

( 最後の力を振り絞ったんかな・・・)

日課の外掃除をしながら、屋根の上を見つつ。

外掃除を終え、再び屋根の上を見ると、あの子は居ません。

( 飛んでいけたかな? それとも、落っこちたかな・・・)



そのままにするのも自然なのかもしれませんが、

命に関わることですから、最後まで・・・ね。

ぺこには、そうしてあげれなかったというのも関係してると思います。



庭ほうき2本とデカちりとりを邪魔にならないところに置いて、

屋根の下あたりに小鳥が落ちていないかどうかを

目をさらのようにして見ていました。



見つくしたのですが、見つけることは出来ませんでした。

見落としてるのかもしれないし、

もしかしたら、飛んでいけたのかもしれない。



何ともすっきりしない気持ちを感じていました。

「 よし!」

今、自分に出来ることをやろう!

わざわざ、防止用グッズを買わなくても出来ることをやる!

家に今あるもので、小鳥達に注意を呼びかけれるものは何?



無い知恵絞りながら、何度か替えました。

" 買わずに、家にある物で バードストライクを防ぐんだ! "



山の中で暮らすというのは、人間がどうこうだけではない。

不便とか楽しいとか、その前にやるべきことがある。

生きていくために、知恵をしぼろう。

命を守るために、行動あるのみ。








あの子が生きていればいいな。








11/9 追記:
R様より頂いた実践なさっている"生活知恵"
・台所で使うアルミ箔をリボンのように細長く切って貼り付ける。
 またはクリスマスやパーティの飾りつけで使うキラキラモール。
(ア:なるほど!キラキラする方が鳥さん達には良いですね!やってみます。)





=おまけ=

最初は、手作りしたペーパークラフトを部屋の内側に釣りましたが
「部屋の内側じゃ、鳥さん達には一緒じゃないの?」
「屋外に釣れるものは、なんだ???」
「古いDVDではどう?」
独り言もここまで来ると大したもんです。
そういうことで窓の外に釣ってみました。
畑でよくある " 鳥よけ "みたいですね。

「これなら、鳥さん達も分かるでしょ!」
独りご満悦の数分後、微風が吹き始めました。
コツン、コツンとDVDが窓にあたります。
(あちゃー、そういうこともあるね。確かに。)
しばし、考えました。

現在は、リボンをプレスリーの衣装の袖下のようにしました。
これを毎朝かけて、毎夕取り込みます。
小鳥さんのために。






アガサ




 2018_11_07

秋から冬へ

Category: 日常  

いつも ご覧頂き有難うございます。

そこそこ お元気ですか?

おかげさまで 再開の一歩手前ぐらいに思えてきました。



山の中の秋は、それはそれは美しかったです。

こちらはもう、冬支度。

もう少し長く、秋の美しさの中に浸れるかなと思っていましたが

自然界は、人間都合であるわけがありません。(笑)

美しい秋は、あっという間に過ぎてしまいました。

だからこそ 貴重に思えます。



今は、落ち葉が舞う毎日。

山の中ですから、もちろん、落ち葉の枚数はすごく多いです。

樹は、葉を落として越冬準備。

その落ち葉は、土の上に落ち、土や虫達のお布団代わり。

自然界は本当に無駄が無いですね。

感心します。



ここのところ、最低気温は 零度あたり。

北海道の札幌や釧路の最低気温より低いみたい。(苦笑)

二言目には「山の中だから。」と言えるようになりました。(笑)



標高もそこそこ高く、半年かけてようやく、気圧に慣れてきました。

気圧が違いますと体調のみならず、生活するうえで珍しく思える事が

多々ありました。

例えば・・・

沸点が違い、小さな商品パッケージはパンパンに膨らんだり。(笑)



冬の気配を感じるようになったのは、9月の下旬。

「もう暖房、要るの?石油が高騰してるのにまいったなぁ。」

と何やら急かされる気分にもなりました。(苦笑)



家族が揃う時間帯以外に暖房を点けるのが勿体ないので

夏には出来なかった外での用事をする回数を増やそうと

思いつきました。

身体が動くのに、暖房をつけて じっと家の中に居るよりも

外に出て、太陽の光を浴びながら用事をした方が健康にも良いし

あったかくなるもんね。

以来、朝 家族たちを見送ったあと自宅前からご近所さん数軒分、

道の掃き掃除をしています。

掃いている際中も落ち葉は落ちてきますけど、身体を温めるのが

目的。

ほこほこしてきます。

太陽の光もすごいですが、身体の機能も「すごいなぁ」と思います。



皆さんのところでは、これから美しい秋の見頃でしょうか?

短い秋をどうぞ愛でて頂き、普段、目も留めない小さな自然に

感心なさってみてください。






一年なんて、あっという間。









= おまけ =


ゴミ出し場まで約1キロ。
もちろん、歩き です。(笑)
山の中は、辺りが明るくなっても陽を浴びるのはなかなか難しいのです。
ゴミ出しをした後、自宅に向かって歩き出し、何気なく斜め上を見ますと
木々の間から陽が射していました。
(寒いけど、綺麗だなぁ・・・)




赤く紅葉するのは、ご存知の通り、一定の寒暖の差を得れたからです。
生き物にとって、太陽の光があたるというのはとても大事。




この木は葉っぱが黄色一色!
なんていう木なんだろう・・・と思いながら、特に調べるでもなく「綺麗だなぁ」で通り過ぎる私。




落葉はどことなく、儚げな感じがしますが、私は落ちる様がとても美しいと感じます。
葉は、本当に " 舞う " のです。





自宅山荘周辺の葉が毎日、
どさどさと落ち、次第に向こうの景色が見えるようになってきました。
「冬の景色もまた、綺麗なんですよ。」
ぼちぼち、山荘を後にされご自宅へ戻られる大先輩方はそうおっしゃいます。
「冬の夜はマイナス20度ぐらいになるけど、星がね、綺麗に見えるんだよ。」
愉しみですが、マイナス20度・・・かぁ・・・(超苦笑)





アガサ





テーマ : 日々の中で・・    ジャンル : ライフ
 2018_11_02



02  « 2019_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



pagetop