04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

愛しい家族、愛しい人との対話 _ 静かで 心穏やかなひととき

他界された愛しいご家族や方々との対話回想、思うところを書いています。

生まれ変わり 

" 生まれ変わり "ということをそうした力を持つと言われる方から

言われますと、とても心が揺れると思います。

生まれ変わりについては宗教観によって違ってくるようですし、

特定の宗教を持たない私にとりましては、

その言葉を口に出すこと自体、ひいてしまいます。(苦笑)

発言される方の人格が台無しになってしまうと思います。



ご不安を取除くために申し上げるのでは ありません。

他界から言われていないことを想像で言うことは致しません。

言われていないことを知ったそうには言いたくないのです。



大切な方の他界をご経験された多くの方々が気になられることです。

過去にも拙ブログに書かせて頂いたと思いますが、

ご勘弁頂きたいと願いつつ、ここであらためて書かせて頂きます。





- - -



(略)
不思議な力を持つ女性にお会いしました。

(略)
その女性は、主人が時々は私のところに来ることもあるけれど、
いつも子の側にいること、
子と私の今後の人生は、
あまり波瀾万丈ではなく比較的穏やかであることを教えて下さいました。
そして主人が、子から女の子として生まれ変わるとお話されました。

姿格好が変わった主人ではなく、あの姿の主人に再会できることだけを、
現段階での心の支えとしている私としましては、衝撃的なお話でした。
生まれ変わりがあるとしたら、もう私は主人に会うことはできないのでしょうか。

本当に急ぎません。
お時間がある時で結構ですので、アガサさんの率直なお考えを
お伺いしたくお願い申し上げます。

(略)

- - - - -



私も一人の人間ですので、個性があり、それを承知のうえ、

偏りを調整しても個性は残ると思います。

ですので、私の考えを述べさせて頂くのではなく、

交流を通しての経験を基にして申し上げた返答です。

↓↓↓



その方は、生まれ変わりを信じておられるのだと思います。

そんな短いスパンでの生まれ変わり(輪廻転生)は聴いていません。



そのようにおっしゃる方には、多分、悪意はないと思います。

ただ、生まれ変わりを信じ込んでおられるだけだと思います。

何かの書物から知り得たことかもしれませんし、

受講されたところの"教え"であるかもしれません。

その出所はわかりません。



多分、多分ですよ、

" 生まれ変わる " と発言する方は、

ご自分の見聞きすることや感覚を信じ込んでおられます。

疑うということをなさらないと思います。



" 生まれ変わり "を期待される方の割合が多いのかもしれませんね。

大抵、多いのが、

「 だれそれの子どもとして生まれてきます。」でしょう。

そう言われて、「 やっぱり!」と嬉しそうに思われる方も

多いのかなぁ・・・そうなのかもしれませんね。



ご依頼くださった方々から時折、そのことについて尋ねられます。

経験したことしかはっきり言えませんので、

「それは無いです」、「そうではありません」と申し上げます。

そのような報告を他界の方々からは聴いていないのです。



生まれ変わる、

生まれ変わり _

過去、有名な芸能人の方がおっしゃったからなのか(苦笑)、

どこかのスピリチュアル講座で " 教え " を鵜呑みにされたのか

わかりませんが、

人様に言うことでは ありません。



私も含め、こうしたことを伝える者がどう言おうと、

どんなに著名で能力があると世間から絶賛されている方だとしても、

すべてが正しいとは言えない。



信じる信じないは、発言するご本人の自由ですが、

そういうことを言われた人のことをお考えになって欲しいと思います。

不安を感じることは、信じ込む必要はないです。

不安に思う必要は、全くありません。



家族であるあなたが腑に落ちないのなら、

それは真実ではありません。

腑に落ちないことは、信じ込まない。







生まれ変わりか・・・(苦笑)

十数年やそこらで、そんな短いスパンで生まれ変われるのなら、

人生の意味がなくなってしまいませんか?

リサイクルじゃあるまいし。



そうなってきますと、なかには、

真面目に生きなくてもいいや! とか、

悪いことしても、次生まれ変わるからいいや! とか、

ま〜、今生はとりあえずこんな感じに生きて、来世頑張ろう! とか、

そんなふうに思ってしまう方々も増えると思います。



私たちの人生というのは、

そんなにも軽々しく生まれ変わり、

そんなにも簡単なもの・・・なのでしょうか?



繰り返しますが、

家族であるあなたが腑に落ちない事は、真実ではありません。

他人を信じるよりも、家族を信じることです。



もし、あなたが逆の立場なら、どうされますか?

短いスパンで生まれ変わりますか? 

ご主人を待たずに?

お子さんを待たずに?

全く記憶もなくなって生まれ変わる?

逆に、すべてを覚えている?

なんて、不自然!(笑)

そんな不自然なことは ありません。



私なら・・・

家族、子ども、孫を出迎えたいと思います。

それが愛情だと思うのです。



他界での自分の仕事をしっかりしつつ、

家族を見守り、応援し、

愛情をいつも送り、

嬉しい時には共に喜び、

悲しんでいる時には そっと傍に、あるいは、

数メートル離れたところに居ながらも

じっと見守りたいと思います。

そして、

愛しい家族が他界するその時には、

安心しなさいよ!と迎えたいと思います。

やっと会えたね!って

涙や鼻水を流しながら、

ぎゅっと抱きしめたいと思うのです。



それが、家族っちゅうもんだと思うのですよ。

それが、自然だと思うのです。







私なんては、他界先でやりたいことがたくさんあります。(笑)

すでに他界した家族や親戚、知人友人、恩師の方々、

すずめ、ハムスター、十姉妹、文鳥、わんこ、にゃんこ、、、、

いっぱい 逢いたいです。

「 元気にしてたん?」と再会にしみじみしたい。

それに、

物質界で悪いことをしている人やしそうな人に

(ちょっとぉ、そんなことやめときなよ。)

なんて、お節介なことも言ってやりたいと思ったりしています。(笑)

そんなことしてたら、

きっと何百年も生まれ変わらないと思うなぁ〜。





家族を信じること。

あなたが共に暮らしたご家族を信じましょう。

まぎれも無い、疑いようのない真実ですもの。







私は そう思います。











=おまけ=

すっかり服装が"山小屋仕様"。半袖は御法度。虫がいっぱいだから。
靴は、運動靴。これ基本です。
今欲しいのは、麦わら帽子+帽子の網。虫がおかまいなく向かってくるから。(苦笑)



さて。
家族が借りている村営畑の道は、ご覧のように草たちが元気いっぱい。
この中には、虫たちもいっぱい生きているんですよ。
ということは、蛙さん達もいっぱい生きてるんですよ。(笑)
↓↓↓


小さい蛙ちゃん達が、本当にいっぱいです!(可愛いでしょ。)
私はたまにしか行かないので、歩くのに慣れていません。
ですから、虫や蛙たちを踏まないように、そぉ・・・っと 歩くのです。
家「そんなに(おそるおそる)歩かなくてもいいよ」
私「う・・・ん。でも、体重重いから、お母ちゃんは。」
家「 そっかぁ!」
( 何、納得してるねんっ! 笑)








アガサ








Posted on 2018/05/15 Tue. 20:41 [edit]

category: 頂いたメールへのお返事

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

15

愛する人の思い。愛する人への思い。 

人生というのは、本当にさまざまです。

交流の間に入らせて頂くようになりましてからは、

以前よりも 深くものごとについて考えるように

なってきたように思えます。

(単にそういうお年頃になってきたからなのかも。)



交流では、実にさまざまなことを経験させて頂きます。

けれども、交流を通しての経験のみならず、今の自分を

形作っているのは、子どもの頃からの自分だと思います。

口には出さなくとも 胸の内で うっすらと はかなげに

思えていたことが、大人となってしまった私に

濃い影を落としているのだろうと思います。



" 愛する人(恋人、パートナー、伴侶)の思いやり、愛する人への思い "

について 思うところを大切に述べさせて頂きたいと思います。



出会ってからの年数によって、それはそれで様々と思いますが

一概に分けることは出来ないと思います。



一生、同じ人と共に暮らせるのも幸せですし、

ご縁があって、別の方と共に暮らせるのも幸せです。

また、

戸籍に関わらず、互いを思いやれる関係に成れるのも幸せ。



人生は、こうでないといけない、ということは無いと思います。

何をどう選ぶのも、

どう生きるのも、

必ず、覚悟をせねばならない時や事が起きます。

覚悟なしで生きていくことは、難しいかもしれない。

小さい時に、「覚悟かなぁ?」と思えたことを思い出しました。

私の大好きなおばのことです。



おばは、戸籍でいうと遠い親戚。

今はすでに他界しています。

生きておられるとどう? 何才? 120才近くなるかな?

おばは、私の祖母の兄のお嫁さんです。

彼女は、戦争でご主人(祖母の兄)を亡くしました。

結婚したばっかりだったそうです。

昔は多かったようですね。

未亡人となった頃、まだまだ若かったろうと思います。

20才そこそこだったんじゃないかと思います。

でも、一生、再婚しませんでした。



姪っ子の子である私と兄弟をとても可愛がってくれました。

口の悪い、愛嬌たっぷりな弟はニヤニヤしながら、

「おばはん!」と呼んでいました。(笑)

おばのことを本当に大好きでしたし、今も大好きです。

夏休みには、家族で泊まりに行ってました。本当に田舎。

ひっそりと小さな農家をしていたようです。



子どもながらに 私は、

「 おばちゃん、なんで結婚せぇーへんの? 」

と何度か尋ねたと思います。

おばは、にこにこしていただけだと思います。

私もそれ以上、尋ね返すことはしませんでした。

子ども心に、何か納得したんだと思います。

口には出さないおばの思いというものを。



交流を通して、あふれる程の愛情を実感します。

あなたの愛する人は、

残して来た愛する人のことを心から思っておられます。

 何とか元気になってほしい・・・

 少しでも元気になってほしい・・・

 微笑む瞬間があってほしい・・・

というように。



なかには、

新しい愛する人と出会いについて触れる方もおられます。

言われる方としては、

" ずっとあなただけを愛し続けたいのに、そんなことを言わないで!"

ですよ。

だけど、どうか、勘違いなさらないでください。

決して「自分を忘れてほしい」とは思っておられませんから。



あなたが愛する人は、あなたの幸せを願っておられるのです。

あなたにとっての幸せが、ひとりの人を思い続けることならば

それが、あなたにとっての最高の幸せだと思います。

私の愛する「おばちゃん」のように。



ただ、頑なにならないこと。

" 絶対に私は誰とも出会わないし、出会いたくない!"

というように心を固く閉ざすことは なさらないこと。

新しい出会いを受け入れることが善い、という意味では

ありませんよ。



心を固くしてしまうことは、

あなたの愛する人からの愛情や思いやりさえも遮断してしまう、

ということを私は申し上げたいのです。



あなたが他界したと仮定します。

愛する人を残してしまった・・・

愛する人が悲しみの日々を過ごしている・・・

涙で頬の皮膚が荒れてしまっている・・・

そんな姿をずっと見ているとしたら、

そんな姿をずっと見せられていたら、

あなたは、どう思われますか?



愛する人の幸せを祈らずにはおれないし、

愛する人が、愛せる存在や機会を望んでしまうと思います。

それが、人であれ、動物であれ。



逆の立場を想像したら、その言葉の意味がわかってくるように

思います。



愛するというのは、縛りつけることではなく、

愛する人のしあわせを願い続けられることに

似ているんじゃないかと 思うのです。



愛が深くなるほど、静かになっていきます。

心が穏やかになってきます。

愛はとても強いですが、同時に静かなのだと思います。



無理は しない。

心を 閉ざさない。



自然に 沿う。

心を しなやかに。






これからも愛する人の思いを

乏しい語彙力で伝えたいと思います。

ご勘弁ください。









アガサ部屋にずっと居てくれます。
20才の時に母からもらった熊さん。
(もう32年程になるのかぁ・・・)
7年程前、突然他界したMダックスが恋しくて買ったもの。
(色は違うんですけどね。笑)

家族達からは、「お母ちゃんの棺に入れておくんだよね。」と
念押しされます。
「そうや、入れといてや。」と言い返す私。
「入れるものがいっぱいすぎて、入らないんじゃないかなぁ〜」と家族達。
「ぎゅぅ〜と押し込んだら、入るって!」と大笑いする私。

私の棺桶に入れて欲しいリストも言うてあります。(笑)
「書いておいてよ。」と言われたことがあるのでね。
定期的に整理するんですよ、宝物入れのダンボール箱を!(大笑)






アガサ



Posted on 2018/03/09 Fri. 12:00 [edit]

category: 頂いたメールへのお返事

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

09

潜在意識かどうか 

多分、同じようなことを思われたことがある方々もいらっしゃると

思いまして、正直なところを述べさせて頂きます。

- - - - -

(前略)

本当に素晴らしい時間でした。

それでもそこにどっぷり浸かることを
恐れる気持ちが自分にあるからか、

アガサさんは私の潜在意識を読めるのではないか?と思ったり
( ◯は数十年前に亡くなっているので
 そんなに霊のままいるのか?というのもあり。)

私の潜在意識と◯の意識のだぶるところを読めるのかな、なんて
いろいろ考えてしまいました。

大変失礼な言葉をお許しください。
(ア:失礼だなんてとんでもないです。)

(略)

- - - - -



お気持ち、とてもよくわかります。

私自身、子どもの頃から何度もそうしたことについて

疑問を抱き続け、相手にしないようにしてきたからです。

生まれ持ったものというのは、決して 良いこと尽くしではありません。



個人的なことを述べさせていただくことをお許しください。

私の言うこと、考えることが「100%正しい」とは思っていませんので

そこらは適当に、ご容赦ください。



霊という言い方が適当かどうかはわかりませんが、

そうした呼び方は、個人的に好きではないのです。

と申しますのも、

何か・・・失礼なように思えるのです。



自分と同じように、感情があり、心がある。

思いやりがある。

異なるといえば、身体が朽ちる物質で出来ているかどうか_

その違いでしかないように思うのです。

肉体の有無で人と呼ぶのか、霊と呼ぶのかは、私には

わかりません。

ただ、こうしたことは、ひとりひとり、考え方が違うと思います。



潜在意識というのが、実際どういうものなのか、

専門的に存じ上げません。

私は、全く"知らない方"が近くに来られて、

愛情あふれたことを話しかけてくださいます。

しかしながら、それが本当かどうか_

それは、ご依頼人を交えての交流時に確認出来るので私も

救われています。



なかには、ご依頼人もその時にはお分かりにならないことがあります。

後日、お分かりになる、気づかれる、思い出されるということが

多々あります。

そういうのは、潜在意識というのでしょうか、

そこには含まれていないのではないかと思うのです。



対面にてお伝えした方はご存知ですが、私が

ご依頼人の方を向かないご無礼をお許し頂いています。

もちろん、ご依頼くださる方を尊重し、大切に思います。

でも、ご依頼人は、交流時において私が話す相手ではないのです。

交流時に話す相手は、

ご依頼人と信頼関係にある方、

つまり、"愛で繫がっている"方々や動物達です。



どうか、ご安心ください。

あなたの愛する人は、今もあなたを大切に思っておられます。

忘れるわけありません。



私は、見聞きしたことを「当てる」気持ちは全くありません。

当たろうが、はずれようが、どうでもいいのです。



私のために、交流をしているわけではありませんから

こうハッキリ申し上げれるのかもしれません。(笑)

ですから、私の場合は、

ご依頼人の潜在意識を読む必要など 全くありません。

それ以前に読み方も全く知りませんし、興味もありません。(笑)



ご不安なお気持ちは、本当によくわかります。

私達は 不安を繰り返して 乗り越えて 支え合って

少しずつ 少しずつ

人と成っていくのだろうと思います。



あなたの大切な人が 話してくださることを

「 正確に伝える 」_

これに尽くしているつもりです。

これからも、そうです。








霊能者や霊媒といった者を信じるのではなくて、

あなたの大切な方を 信じること。

あなたの不安は、あなたが発露するもの。

大切な方が 発信しているわけでは ありませんよ。






大丈夫。














アガサ












Posted on 2018/02/11 Sun. 16:11 [edit]

category: 頂いたメールへのお返事

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 0

11

私達が困っている時 

私達が困っている時、

泣いている時、

途方に暮れている時、

他界した家族の人達は、もっと心を痛めていると思います。

ご自分の歯痒さを感じていると思います。



助けてあげたいのに、物質的な助けが出来ない自分。

辛く思っておられると思います。



いつか 私が他界した後に、家族が苦しんでいたら・・・

家族のそうした姿と心を知ると 私は自分の無力さを嘆き、

歯がゆく思うことは間違いない。

そして、

祈るしか出来ないけれど、愛する家族をあんじるでしょう。



私達にとって、

困ること、辛いこと、というのは

運命的で、決められたこと、試練という言葉にあてはめて

" あぁ、なんて私は不幸なんだろう!" にどっぷり浸かっている場合では

ありません。

当人である自分が 自分のそうした感情を感じながらも

この世的な対処を探し、地道に努力していくことなのだと思います。

どんなにもがき、出口が見えないトンネルのように思えても、です。



心を腐らせないように 踏ん張ること。

その心と踏ん張りは 必ず いつか 自分のためになります。

自分のためにならなくたって、きっと 誰かのためになるのです。

それが " 人として生きる " ということだと思います。



手をこまねいて、何もせずに、

「 どうか助けてください 」

と祈り願ったところで 何も変わらない。

やっぱり、何か 地道な積み重ねをせねばなりません。

すぐに 効果がなくとも、です。



祈るだけで全てがハッピーになる人生などは、

到底、人生とは呼べない。

感謝も へったくれもない、見た目が人の形をしているだけの

生き物のようになってしまいます。



私たちの最大の敵は、

自分のなかに ふとわいてくる " 私は孤独だ "

という自分よがりな感情です。



そう思ってしまう時、感謝の気持ちが薄れているのだと

思うのです。



私達が困っている時、

決して 孤独 なんかではない。



愛する家族達やご先祖さん方が 私達を見放すのではなく、

私達が 自分よがりな感情で 

愛する家族やご先祖、

周囲の方々、

会うこともない多くの方々の努力を遠ざけてしまっている_

私達が 愛しい存在を見放しているのだと思うのです。










" ダメ元で 踏ん張るから!"










あなたが、そう心で思えるように祈っています。

アガサ












Posted on 2018/01/21 Sun. 07:58 [edit]

category: 頂いたメールへのお返事

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 4

21

心配しなさんな。 

年の瀬、いかがおすごしですか?

あっという間に、12月29日。



ご依頼頂く皆様の「会いたい」お気持ちは、

私も私の家族達も身を以て、日々実感していますので よくわかります。

いろいろとつい、考えてしまいますよね。

それもまた、愛情が深いことの証だろうと思い、自分を慰め、

家族達に思いやりを持てるのだろうと思います。



ご依頼の際に、いろいろなこと、心のつぶやきも

メールでお話くださいます。

有難いことです。

私は、書物に書かれていることや自分以外のどなたかが

おっしゃったことをお話することは大嫌いです(笑)。

私自身の、今迄の経験からしか 申し上げれませんが、

他界された方々、動物達も、辛い痛い思いというのはされていません。

身体への負担が多い場合は、身体が楽のようです。

私も信じています。



こちらの方々は嘘はつきますけれども(苦笑)、

他界の方々との交流で嘘をつかれたことが私はありません。

交流に際して、伝わること(視覚聴覚体感等)に対して

全てを信じる_

といったような盲信は致しませんが、

真実と思いやりに対しての見極めは私の人生経験と個性で

本能的に判別出来ます。



もし、あなたが他界された大切な方の状態に際しまして

ご心配をなさっているのであれば、

安心なさった方が良いと思います。



世の中には、不安がらせる方々もおられるようですので(苦笑)、

不安が大好きな方々や書いてあることなどはスルーなさると善いでしょう。



何度も書かせて頂いていますように、

物事というのは、悪い面をピックアップしてしまうのが

私達 人間の特性だろうと思います。

それはとても自然な感情です。

だけど、皆さんご自身の人生の経験を大切になさることです。

自分にとって都合の良くない、悪い面があっても、

その面だけではないと思います。

見方や考え方を変えると、必ず、善い面もセットになっていると思います。



私たちは、突然のことや、辛く悲しいことに対して

まずは、拒否反応が起こると思います。

嘆き悲しむ・・・そうしたことです。

喪失感、虚無感、心にぽっかりと穴が空いたような感じ。

ぼんやりとしてしまい、自分の行動に驚く時も あります。

そうやって いろいろなことを経験しながらも

私たちは 生きていくのです。



辛く悲しい時のことは強烈ですので、

つい、思い出してしまいます。

だけど、その状態でずっとおられるわけがないのです。

あなたの大切な方は。



あなたの大切な方は、きっと、お元気でいらっしゃいますよ。

私の大切な家族たちも、元気でいるだろうと思いますし、

そう信じています。



悲しみで 私たちは繫がっているわけではないと思います。

愛で 繫がっているのです。



脱した肉体は火葬されて灰になっても、

愛は 燃やせないですよ。

愛は ずっと強い。

肉体(物質)とは 比べもんにならないほど、強い。



愛は 永遠なのですもの。












心しなやかに 健やかに過ごしましょう。

アガサ









数年前のごんです。
どうです? この満足そうな表情!
ご主人様に抱っこされているんですよ。
お世話係の私は、どんなにお世話しても、ご主人様にかないません。(笑)
他界後、1週間程した頃でしょうか。
ごんは、自家製サマーカットスタイル(通称:ぬいぐるみごん)から
コーギらしい以前のスタイルに戻っていました。
他界された方々が若返ることも、納得です。

ごん、そっちはどうだい?
家族皆で「姿を見たいね」って こっちで話してるけど
ごんが元気で楽しく暮らしているんなら
お母ちゃんはそれが一番良いんだから。

ごん、大好き。
皆と仲良くしなよ! ね!











Posted on 2017/12/29 Fri. 09:29 [edit]

category: 頂いたメールへのお返事

thread: 心、意識、魂、生命、人間の可能性  -  janre: 心と身体

TB: --    CM: 2

29