FC2ブログ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事

カテゴリ

プロフィール

アガサ

Author:アガサ
他界された愛するご家族、大切な方との対話を地道にお伝えしています。

アガサ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

無事です。

2019.10.14 06:58|アガサよりお知らせ
台風の影響で、多くの地域で大きな被害が出ています。

皆様、ご無事でしょうか。

皆様のご無事を祈っています。



おかげさまで、私が住む場所は、事なきを得ています。

同じ長野市内でもこんなに違うのかと、

大変な目に遭われている方々を思いますと、

事なきを得ていることが、申し訳ない気持ちにもなります。



被害はいつやってくるか、わからない。

被害がどの程度なのかも、わからない。

今までは何だかかんだ言っても大丈夫だったんだから・・・

これは もう 通じません。



通じないのだな・・・と 気づいて、動く勇気が必要です。

どこに居たって、自然災害・二次災害は あります。

100%安全な場所なんて、ありませんよ。

そう思って生きていますと、物に対しての考えや生き方も

変わってくるように思えます。



物を祖末に扱うという意味ではなく、

自然界に人間の手を入れ過ぎたことで自然現象が変わってしまったのです。

今まで大丈夫だったから・・・

ここは土地の値段が高いから大丈夫だ・・・

こういうことは、日本中において無いのだと考えを改めねばなりません。

今までは、今まで。これからは、通用しない_

ということ。



避難勧告が頻繁に発令されたら、大丈夫だよと思わないで

素直に避難すること。

自ら避難することが格好悪いなんて、ありません。

我が身は、我が守り、動物達は 人が守り、です。



救う方々にも、お家があり、家族がおられます。

ご自分のことよりも、任務を優先される方々のことも、思います。

トイレさえも遠慮なさっているらしいです。

どうぞ、お使いくださいと一声かけてもらえるのが嬉しいと

どこかの記事に書いてありました。



辛い経験をしたならば、

悲しい経験を見聞きしたならば、

ご自分の日常に活かし、自分のことだけを考えるのではなくて、

他の方々のことも、その思いを差し出すことで

どれ程、救われるか 計り知れません。



そして、

必ず 出てくるのが、大丈夫な場所に住んでる人達の"買い込み"。

近所でも、物を買い込む方々が多いと家族達から聞きました。

住むところが無事なだけでも有難すぎるのですから、

食べ物や日用品は、まずは、困っている方々優先で当然だと

思いやりの心、慈悲の精神をお心に灯されることを願います。



無いと思えば、買い込みたくなる感情もありますが、

もっと困っている人達がいるんだ・・・

と、思おうじゃありませんか。



例えば、食パンがないのなら、当分は食べなくてもいいでしょ。

品薄になってるからといって、不安になっても仕方ない。

大衆の不安空気に 同調したって 仕方ない。

無いのなら、別の方向を考えれば良い。

住むところ、眠れるところがあるんですから。



冷静に考えることで、冷静が冷静を呼びます。












いつも、私と私の家族達のことを 気にかけてくださり、

本当に有難く思っています。





寒くなってきました。

皆様も どうぞ ご無事で。

救助なさる方々も ご無事で。

避難所におられる方々の不安が少しでも緩和される対策を

国が動いてください。

デスクワークとして、作業服を着ているだけでは、何も

変わりませんから。





アガサ








テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

LINEにつきまして 〜 9/25追記あり 〜

2019.09.24 09:08|アガサよりお知らせ
つい先日、家族があることの実験で、

LINE登録を試みたようです。

我が家の電話は、私のシニア携帯しかありませんので、

その電話番号で登録したとのこと。



登録直後に、次々に「ご連絡」を頂戴したそうで、

家族は驚いてしまったようです。

実験都合ですので、大変申し訳ございませんが、

アカウントを削除したそうです。



アガっさんは?といえば・・・

高熱でウンウンし、湿疹再発で凹みつつ、うとうとしていました。

今朝何とか、熱も下がり、動けるようになりました。





LINEご登録・メッセージをくださった皆様に

心よりお詫び申し上げます。









9/25追記:

体調のことで、ご心配頂き、申し訳ございません。
平熱になり、普通に動いています。

ただ、顔面・首にはブツブツとした湿疹が出来ています。
右目あたりは腫れておりますが、春先のような強烈なもの
にはならないと思います。(予想&願い)

ステロイド外用剤皮膚炎症状の最終段階と、夏の紫外線と
熱が体内にこもり、花粉なども関係しているのではないか
と思います。(多分、そう)
あるいは、内臓疾患か・・・。

いづれにせよ、こうした身体の症状は嫌だと思ったり、
どうして自分が???と感情的になっても仕方ないなと思いました。
嫌でも受け入れる他ない、と再発して思いました。

湿疹症状が落ち着くまで、見た目悪いですけれども、
根性が曲がっているわけではないので、まぁ、ご勘弁ください。















アガサ




テーマ:アレルギー
ジャンル:ヘルス・ダイエット

ご返信が遅い場合には

2019.08.29 10:01|アガサよりお知らせ
ご連絡を頂いたのに、私からのご返信が2日経っても来ない時は

再度、呼びかけメールを頂けますと助かります。



急かすことになるのでは?などと思われないでください。

自分でも嫌になるぐらい、ぬけてしまう時が あります。



順にお返事をさせて頂いているのですが、

お返事をした " つもり " になってることがあります。

返信をしていなかったという事実に気づいた時、

なんと申しますか、平謝りの気分一色です。



辛く悲しい思いをなさっている方に、ボケているせいで

ご不安を少しでもおかけしてしまう等とは、

本当に情けないことです。





ご心配だけはかけないように! と思っていますが

頭と動作が鈍い遅いことを 心からお詫び申し上げます。








う・・・ん

年、かなぁ・・・。











アガサ






空気の流れに沿って 〜 お盆明けより 〜 追記:8/17

2019.08.13 07:00|アガサよりお知らせ
空気の流れやそこに含まれるものというのは、実に不思議です。

不思議に思いながらも、数日、数週間、数ヶ月経ちますと

空気に察知した流れや含まれるものの確かさに驚きます。



何が起ころうとも不思議でないこの世ですから、

年齢と共に静観できるようになりつつあるとはいえ、

その流れや変化に応じるには、思案と勇気が必要。



日常を生きるなかで、偶然のことのように起こること_

それらを特別に意識することなく、自分なりに、その時なりに、

過ごしていく。

そして、ある日、突然、「 ああ、そうか 」と気づきます。



気づいてしまうと、今までのようでは居づらく思えます。

それは、まるで、服のサイズが合わなくなったかのように。



とは言え、

" 本当にそうなのか・・・" とも思います。



思案しながらの日常を送り、自分が独りになれる時間を重ね、

少しずつ、頭の中が整理整頓されていきます。

頭の整理がつきはじめると、心の中にある"決断の扉"の取っ手に

手をかけることが出来るのです。





自分には確固たる意志と信念があり、こんな自分に

信頼を寄せてくださる方々が、いつも胸にあります。

中途半端、道半ばでも、自分を優先できることであれば、

迷うことなく、私は気楽な方を選びます。

自分以外の人が関わっている限り、自分を優先しないことを

選ぶ方が自然に思えます。



過去、家庭事情のために辞めることも何度か よぎりました。

自分は影の存在だから、辞めたところで

星の数程おられる霊媒がくりひろげる通信や霊視というものに

何の影響もありません。

これは、自虐でも卑下でもありません。



どのような仕事(作業)も、その人でなければ出来ないというのは

ないと思います。 そのうち、まわっていきます。

だけど、信頼は違うと思うのです。

信頼は、人と人としての繋がり。

一度頂戴したならば最後の最期まで、その方の信頼に尽くしたいと

思います。

期待に応える程の能力はありませんが、尽くすことは出来ます。

それが私の願いであり、信念です。



自分が信頼を寄せたからには、何があろうとも一途に

信頼を心に持っていたいと思います。



交流に重きを置き、静かに内で燃やし続けるように臨み、

お伝えさせて頂くなかで、

必要で大切だと思えるものが芽生え、静かに育まれていきました。



” 交流はまるで、花火のようだ ” といつでしたか、拙ブログでも

述べさせて頂きました。

ご存知のように、日常は、花火的ではありません。

( 日常的ではないから、花火は美しいのだと思います。)



交流を伝え終わる度、頂いたメールにお返事を出す度に、

あっけらかんと平然と割り切ることが、

どうしても出来難い自分がおりました。



お盆明けには、ウェブサイトにも、わかりやすく表示が出来るように

致します。



すべては、空気の流れに素直に応じようと思います。
















【追記】8/17
ウェブサイトの内容を整理しました。
もしよろしければ、ご覧ください。













アガサ







テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

対面ご希望の皆様へ 〜 ステロイド外用剤副作用による皮膚炎 〜

2019.05.19 10:00|アガサよりお知らせ
対面をご希望くださる皆様に ご理解を頂戴したく書かせて頂きます。



今年の夏頃までの間、

お約束日の1週間前の体調次第で交流が可能かどうかをご連絡させて

頂きたいと存じます。

交流のために様々なことをご準備されることは重々承知をしておりますが

お伝えする私には、大きな責任があると思い込んでいます。

気軽に臨むことは性格的にも出来ません。

誠に申し訳ございませんが、ご理解を頂いたうえで、対面のご希望を

頂戴したいと存じます。



- - - - -


昨年、海から山の中へと引越し、様々なストレスが軟弱な私にのしかかった

からでしょうか、明確な理由はわかりませんが、顔面が赤く腫れ上がる症状

になりました。

ちょっとやそっとの腫れ方ではなく、満月のように腫れ上がり、顔や首から

は組織液が吹き出すため、別人の顔のように腫れます。

顔全体を火傷した・・・という感じです。



痛みと痒さ、顔には熱くて固い移植した肉がはっついているかのような感覚に

昼も夜もなく、耐えに耐えていましたが半月程しまして、なぜこうなったのか?

ということを知りたかったのもあり、医師に診て頂きたいと思いました。

はっきりした原因はお医者さんから聴けませんでした。

処方されました塗り薬をつけて、治ったと思い込んでおりましたが、

数ヶ月しますとぶり返しました。

再診に行き、また、言われた通り、塗り薬を塗っておりましたが、

どうも、塗り薬(ステロイド)が合わないと言いますか、

皮膚が薄くなって来まして・・・こりゃ、おかしいなと疑問を持ち始めたのです。



今年の1月下旬に再発したのを機会に家族で何度も話合い、

自力で通院に便利な市内に越すことに致しました。

市内に越してからおふたりの皮膚科専門医に診て頂きまして、

ステロイドによる皮膚炎という判断を頂きました。



先々月の3月末ぐらいに、ステロイド外用剤を全部捨て、

強烈な副作用に耐えていくことを選びました。

※ご興味のある方は、「ステロイド剤 副作用」と検索されますと沢山表示されます。



先月の4月からは、ビタミン剤、いつも通りの規則正しい生活、

副腎が正常に働きやすくなるために必要な栄養素(食事)、

そして、忍耐。

色々とインターネットで調べていますと情報にばらつきが出ますが

自分の頭の中で整理をし、自分の身体の声に耳を澄ませ、

一番必要な "開き直り精神" で自分の身体と向き合っています。

少し良くなる時期もあり、また、悪化する時期もあります。

悪化する時は気分が凹みますが、不安を蹴散らす方法は

調べること。

インターネットで調べていく中で、随分と皮膚のことについての

知識が増えていきました。



山の中に越した年、隣市の医院で処方されたステロイド外用剤を

初めて使用した時には、「すごい!」と驚嘆しました。

日々の痛みカユミ辛さから一瞬にして解放される感じ。

だけど、しばらくすると、また、ぶり返す。

お医者さんの判断だから、専門だからと信じ、塗る。

報告がてら再診に行きますと、「ぶり返す・・・なんでかな・・・」

と頭をひねりつつ、「少し強めの薬にしてみましょう。様子見てください。」

その言葉と"お医者様だから"というのを信じて疑わずに塗っていました。

専門家に頼り切るのではなく、自分でも調べないといけませんね。

自分の身体なんですもの。(苦笑)



ステロイド副作用の症状は、難治と言われています。

薬剤によって副腎の働きが鈍く悪くなってしまっているのを

"正常に動く日"を待ってあげるしかありません。

その日はすぐに来ないし、三ヶ月間は特に辛く酷い症状が

やってきます。

日常生活にまで支障が出ますので、仕事を辞めて治療に専念する方、

家族と離れて生活する方、入院をされる方も多くいらっしゃるそうです。

入院すれば、いつも、お医者さんや看護士さん方、同じ症状の入院仲間さんが

おられるのでそれだけでも安心出来そうですが、私には無理。(苦笑)

我が家に来て間もないわんこと、思春期の子どもがいますので、

お母ちゃん(私)が長期間自宅を空けることは、現実難しいです。



関西には専門医の方々が多いようですが、長野にはおられません。(苦笑)

診て頂きたい時は、重症の時。

重症の私につきそってくれる家族はおりません。(大笑)

何が何でも、自宅で家事を最低限しつつも、耐え抜かねば!



できる範囲で、自然なものを身体に取込むことにしました。

漢方(生薬)は、" 良薬、口に苦し "ですが、自然。

すぐの効果を期待せず、体質改善のつもりにしばらく続けようと思います。



人生というのは、いつ何時、何が起こるかわからないなぁ・・・

健康って、ある日、突然、どうなるか分からないもんなんだなぁ・・・

と思いました。

普通に生活出来ることが どれだけ有難いことか!(笑)



小さな頃から病と共に生きている方々のこと、

看病をされているご家族の方々のお気持ち、

日々、どんだけ耐えておられ、

どんなお気持ちで過ごし、

家族と自分を励まし続けてこられているか_

このことが身にしみて、とてもわかりました。

耐え難いものがある時もありますが、" 開き直り精神 " で

心やわらかく生きて行きたいと思います。











尚、お電話とスカイプにつきましては、発熱・顔面腫れしない限り

お約束通りです。






















5/20追記:
励ましのメール、ご経験のメールなど有難うございます。
とても励まされます。



アガサ






テーマ:病気と付き合いながらの生活
ジャンル:心と身体