FC2ブログ
2019/05/19.Sun

対面ご希望の皆様へ 〜 ステロイド外用剤副作用による皮膚炎 〜

対面をご希望くださる皆様に ご理解を頂戴したく書かせて頂きます。



今年の夏頃までの間、

お約束日の1週間前の体調次第で交流が可能かどうかをご連絡させて

頂きたいと存じます。

交流のために様々なことをご準備されることは重々承知をしておりますが

お伝えする私には、大きな責任があると思い込んでいます。

気軽に臨むことは性格的にも出来ません。

誠に申し訳ございませんが、ご理解を頂いたうえで、対面のご希望を

頂戴したいと存じます。



- - - - -


昨年、海から山の中へと引越し、様々なストレスが軟弱な私にのしかかった

からでしょうか、明確な理由はわかりませんが、顔面が赤く腫れ上がる症状

になりました。

ちょっとやそっとの腫れ方ではなく、満月のように腫れ上がり、顔や首から

は組織液が吹き出すため、別人の顔のように腫れます。

顔全体を火傷した・・・という感じです。



痛みと痒さ、顔には熱くて固い移植した肉がはっついているかのような感覚に

昼も夜もなく、耐えに耐えていましたが半月程しまして、なぜこうなったのか?

ということを知りたかったのもあり、医師に診て頂きたいと思いました。

はっきりした原因はお医者さんから聴けませんでした。

処方されました塗り薬をつけて、治ったと思い込んでおりましたが、

数ヶ月しますとぶり返しました。

再診に行き、また、言われた通り、塗り薬を塗っておりましたが、

どうも、塗り薬(ステロイド)が合わないと言いますか、

皮膚が薄くなって来まして・・・こりゃ、おかしいなと疑問を持ち始めたのです。



今年の1月下旬に再発したのを機会に家族で何度も話合い、

自力で通院に便利な市内に越すことに致しました。

市内に越してからおふたりの皮膚科専門医に診て頂きまして、

ステロイドによる皮膚炎という判断を頂きました。



先々月の3月末ぐらいに、ステロイド外用剤を全部捨て、

強烈な副作用に耐えていくことを選びました。

※ご興味のある方は、「酒さ様皮膚炎副作用」と検索されますと沢山表示されます。



先月の4月からは、ビタミン剤、いつも通りの規則正しい生活、

そして、忍耐。

色々とインターネットで調べていますと情報にばらつきが出ますが

自分の頭の中で整理をし、自分の身体の声に耳を澄ませ、

一番必要な "開き直り精神" で自分の身体と向き合っています。

少し良くなる時期もあり、また、悪化する時期もあります。

悪化する時は気分が凹みますが、凹むのは知識が陰を潜め、

不安になるからだと自分では思っています。

その不安を蹴散らすのは、納得出来る知識です。

わからないことは、インターネットで調べていく中で、随分と

皮膚のことについて知識が増えていきました。

なぜ、顔面が腫れるのか、

なぜ、顔面が発赤するのか、

なぜ、組織液(浸出液)が出るのか、

それらには何が必要なのか、

皮膚がどういう状態なのか、

そういったことも調べて、整理をすることで、不安を軽減出来ます。



処方され、初めて使用した時には、「すごい!」と驚嘆し、

日々の苦しみが一瞬にして解放される喜びを感じていました。

しばらくしますと、また、ぶり返す。

お医者さんに診て頂くと、やっぱり、塗り薬(大抵、ステロイドです)。

お医者さんの判断だから、専門だからと信じ、塗る。

塗ると皮膚の痒みと赤みと腫れが治まったとおもいきや、しばらくすると

また、顔面が赤く腫れてくる・・・

この繰返しで昨年一年を過ごしました。



ステロイド副作用の症状は、難治とも言われています。

難治とはいえ、いつか、必ず治るもの。

それは、お医者さんや薬が治してくれるのではなくて、

自分の身体が正常に動く日を待ってあげるしか方法はありません。

その日がすぐに来ないから、薬による副作用が酷いから

私達は不安と焦りで凹みがちになります。



現実、日常生活にまで支障が出ますので、

仕事を辞めて治療に専念する方、

家族と離れて生活する方、

入院をされる方も多くいらっしゃるそうです。

入院すれば、いつも、お医者さんや看護士さん方がおられるので

それだけでも安心ですが、私には無理。(苦笑)

我が家に来て間もないわんこと、思春期の子どもがいますので、

お母ちゃん(私)が長期間自宅を空けることは、現実難しいです。



症状が軽減される時期もありますが、突然、悪化する時は、当然ながら、

ショックを受けます。

"せっかく、治ってきたと思ったのに・・・" と凹みます。(苦笑)

また悪夢のような症状を受け入れる(耐える)他ないのですが、

自宅療法他、私には成す術はありません。

5月からは、友人に紹介して頂いた漢方薬局さんで調合して頂いた

漢方をメインにして、ビタミン剤を摂取。

この漢方の味が、また、すごい。笑

麦茶のように煮出すのですが、その色と匂いといったら!

タイヤのゴムと劣化したプラスチックを混ぜたような何とも言えない味。

最初は、ひるんでしまいました。

飲み始めて1週間程経った頃に、その味にも慣れてきました。

" 良薬、口に苦し "ですから、自然といえば、自然。

すぐの効果を期待せず、体質改善のつもりにしばらく続けようと思います。



人生というのは、いつ何時、何が起こるかわからないなぁ・・・

健康って、ある日、突然、どうなるか分からないもんなんだなぁ・・・

と思いました。

普通に生活出来ることが どれだけ有難いことか!(笑)



小さな頃から病と共に生きている方々のこと、

看病をされているご家族の方々のお気持ち、

日々、どんだけ耐えておられ、

どんなお気持ちで過ごし、

家族と自分を励まし続けてこられているか_

このことが身にしみて、とてもわかりました。

耐え難いものがある時もありますが、" 開き直り精神 " で心やわらかく

生きて行きたいと思います。

( 少しでも症状が軽くなればいいなぁ〜 笑)






尚、お電話とスカイプにつきましては、発熱・顔面腫れしない限り

お約束通りです。







掃除洗濯、下手でもご飯をせねばならないお母ちゃんです。笑

症状に一喜一憂しながらも、凹みながらでも、踏ん張ります。

治ってきた!と思っていたら、悪化。

それを何度も何度も繰り返して、少しずつ良くなっていくそうです。

どうしても焦りが表に出てしまい、あたふたしてしまう私。笑

身体は「もうちょっと時間がかかるよ」って言っているのに。

自分に負けてはおれません!苦笑













5/20追記:
励ましのメール、ご経験のメールなど有難うございます。
とても励まされます。



アガサ






アガサよりお知らせ | Comments(2)
2019/05/12.Sun

母の日に寄せて

子どもの頃は今の祝日のように連休を意識された設定ではなく、

◯月○日と決められていましたね。

日が決まっている方が印象深いものがあったように思えます。



母の日。

毎年、お花を贈るぐらいしか出来ない親不孝もんの私。

それでも、母は嬉しそうに御礼の電話をくれるのです。

実際、母はお花が大好きです。

母は私のなかで、50代ぐらいで止まっています。

いつの間にか、高齢と呼ばれる年齢になり、父のもとへ

召されても自然に思えるお年頃です。



子どもの頃、母のことが好きなのに、母のような生き方は

したくないと強く思い込んでいました。

50過ぎた今、母の生き方は私が願っているものでもあるように

思えます。



" 故郷で生まれ育ち生きる。"

転々としますと、故郷が少しだけ薄らぐような気がしています。

薄情なことではなく、故郷以外の住んだ場所にも思い出が生まれる

からです。その地その地に、色々な思い出があります。

母の人生とは違い、私の人生は、余儀なく引越すことが多い。

ほぼ、同じ場所(都道府県)で人生を積み重ねられることは、

年齢を重ねれば重ねるほど、私の内で深い憧れ、淡い夢のように

思えます。

転々とすることに、さすがに疲れてくる年になりました。

家族それぞれのためとはいえ、ね。(苦笑)



すみません。前置きが随分長くなってしまいました。

母の日に寄せて、頂いたメールを掲載させて頂きたいと思います。


- - - - -

今回で3回目となる交流をして頂き、毎回母は「明るい方」だと言って頂き本当に嬉しいです。
(ア:全く覚えておりませんが、母上のご性格が今も尚ということです。)

相変わらず父が心配な事、私の結婚の事、変わらない母で胸がいっぱいになります。
いつも家に、そしてそばに居てくれてるとの事ですがアガサさんに交流をして頂く
この機会は本当に母と会話をしているようで不思議だけれど不思議ではなく、
以前のような感覚になれます。

月日が流れ、受入れている部分と受け入れられない部分がありますが、
何より母が元気で変わらない事で救われます。

(略)

婚活に関しましては、普段の生活にじょじょに取り戻しつつある時、
ふと父を安心させなければ・・・と考えました。
どうしたら?と考えた時、やっぱり私の将来の心配が一番だと思いましたので
一念発起し行動に移しました。

私は父と母が築いた家族が大好きでここを離れたくない・・・
と若い頃は結婚願望が無く、ぬくぬくと甘えてました。
母があちらに住居を変えた時も今まで充分幸せだったから残りは地獄でも耐え
られる。と思っていました。
でも、3回の交流でやっぱり出てくる結婚の話・・・・・。
重たいお尻を上げ、今日に至ります。

(略)

- - - - -



お会いする度に、その方の空気(雰囲気?)が違います。

面白いもんだなぁ・・・と思えるほど、空気が違うのです。

毎日の積み重ね、日常がそうした変化を生むのでしょうね。

Cさんも空気が変わられたかな〜と思いました。

良い意味で、です。



Cさんのお母さんが、毎回、娘さんの結婚について仰っていたとは・・・笑。

そのお変わりのないところが、私にもとても嬉しく、

人様のご家庭の温かさ、ご家族への愛情に浴すると

心がほんわりと温かくなります。



結婚が全てではないと思っています。

結婚すれば絶対にしあわせになれる!ということでも

ありません。

信頼できる、安心できる、あくせく働くこともない・・・

夢は広がりますが(笑)、結婚はそんな甘くない、ですよね。

いろんなことがありますし、

不意打ちのことも起きます。

自分独りの方がよっぽど、気楽! と思えることも多々あります。(笑)



それでも、親というのは、自分が他界した後、大人に成っていても

わが子のことを気にかけます。

子が自分と全く同じ経験をするわけではないけれど、

子を信頼していないのとは違うのですけれど、

なんせ 親は いつも 子を思います。

子が いくつになっても、です。



なかには、

親に苦しめられ続けた方もおられます。

どんなにお辛かっただろうと思います。

そうしたお辛い子ども時代、少年少女時代を過ごされた方々は

本当に優しく、とても繊細です。

ご自分が身内から苦しめられたからこそ、

人の痛みがわかるのです。

良い思いばかりをしていては、思いやりは育ちませんもの。



自分の年齢の時、

母はどうだっただろう・・・

父はどうだっただろう・・・

どんなふうに生きていたっけ・・・

そう思う時があります。



親が老いていく姿を見るのは、子にとって辛い時があります。

自分の知らない人みたいと悲しくなることもあるでしょう。

だけど、自分も親と同じぐらいの年齢になった時、

似たり寄ったりになるのです。



肉体は 老朽化します。

肉体は 変わります。

性格や性質、人柄というのは、そんなに変わりません。

懐かしいまま なのです。



私が交流に臨む時、最も重要視するのは

お人柄。

性格です。



交流は、大切な方とアガサだけがするのではありません。

会席者全員が交流に参加するのです。

だから、交流なのです。



Cさんは書いておられます、

"この機会は本当に母と会話をしているようで不思議だけれど不思議ではなく、

以前のような感覚になれます。"

というように。



そこに、会いたい話したい母上がおられるから、

母上と会話をしているように思えるのです。

いたって 自然な思いです。



と、私は思います。












アガサ








愛する人・家族との交流 | Comments(0)
2019/05/05.Sun

一日一歩

自分ではどうしようもない時、

不安で辛く、途方に暮れる時、

自然に 心に思い浮かぶ曲があります。

何度か歌詞を思い浮かべ、時に、独り小さな声で口ずさむのです。



50年程前の曲、「365歩のマーチ」。

ゆっくりとしか 歩けない時もあっていいんだ、

ちょっと進んでも また ぶり返してしまう現実も

そういうこともあるよなと思えるのです。



一日頑張っても 一歩だけ。

だけど 三日続けたら 三歩になる。

一歩がしんどくて 一歩も進めない日が あっていい。

後退してしまう日だって あるんだよなぁ・・・

凹みながらでも いいんだ。



そんなふうにして、自分の些細な毎日は

目には見えないけど、歩いた軌跡を振り返った時

目には見えないけど、きれいな花が咲いているのだから。



このように解釈しています。笑

何度も何度も凹みながらも、

” 焦るな、自分!”

そう励まされる曲です。



オシャレではないけれど、

なぜか気持ちが楽になるシンプルなこの曲が

大好きです。







一日一歩。
















アガサ







日常 | Comments(0)
2019/04/27.Sat

冷静に物事をみる、とは

世間で起きていることは、IT会社ニュースで、ざっとタイトル読みをします。

3点、気になることがありました。



・尊い命を巻き込んだ大事故を起こした加害者へのうやむやな対応。

・その事故への、著名有名で優秀なコメンテーターの方々のお言葉。

・その事故対応への、ネットからの声が感情的である、という判断。



この3つに共通するのは、不公平で不誠実 ということ。

事故を起こした人が、高学歴でキャリアがあっても、

現実、人が亡くなり、多くの方々が巻き込まれたのですから、

現行犯逮捕です。

これをすべき部署がしていないから、不公平で不誠実。

加害者が指示をしたしないに関わらず、そうした類いの " 根回し " は

まるで映画並の速さです。

この大事故に限らず、昔っから、政府高官やそれに準ずる人達が

何かをやらかしてしまったら、お蔵入り、迷宮入りとなるのです。



2点め、著名有名で優秀なコメンテーターの方々のお言葉は、

随所に、ご自分を基準に発言なさっています。

人が亡くなり、ケガを伴う事故や事件につきましては、

コメントする側がご自分を基準にしたようなコメント発言は

観点と論点がズレているとしか思えません。

炎上するのは、極自然なことだろうと思います。



3点め、ネットの人達は感情的だというご意見。

不誠実、不公平があるから、「おかしいぞ」という意見が出るのです。

誠実、公平に事が成されていないから、です。

コメントが明らかに公平を欠いた発言であるからゆえ、

多くの人々が「それはおかしい」となるのです。

それは、感情的ではないと思うのです。

ネット意見=感情的=冷静ではない=独断と偏見

という色眼鏡で見、記事として書かれます。

確かに、感情的なコメントもあるでしょうけど、

すべてがすべてそう(感情的)とは言えないのです。



大切な家族が事件事故に巻き込まれて、亡くなった・・・

事件事故に巻き込まれて、日常生活に差し支える大けがになった・・・

精神的に苦痛が残ってしまった・・・

毎日です。毎日。

ずっとですよ。

事件や事故が忘れ去られていっても、ご本人やご家族の苦痛と悲しみは

毎日毎日続くのです。



事故や事件は、イベントではない。

暇つぶしの起爆剤でもなんでもない。

命と日常が懸かってる。



毎日毎日、一秒一秒、

言葉では言い尽くせない深い悲しみと辛さと怒り、

様々な感情と闘っておられるのです。

凄まじいほどの辛さです。



物事を冷静に見、真実を扱うという大役は、

警察、裁判所など 国家権力が担っていますから、

その部門が、不誠実で不公平なことをやってしまったら

国家はすでに崩壊している、という他 ありません。

地位や権力を持っている者のための " ご都合国家 " 。

地位や権力が大きくなればなるほど、崩壊破壊への道が加速します。





きちんとなさること。

被害に遭った人が自分の家族なら、親しい友人なら、

目の色変えてしっかりとお仕事をなさると思います。

各部署が各部門が、例外なくきちんと仕事をすること。

相手がどこかの国王や総理であったとしても、です。





ご家族を奪われた方のお気持ちを考えないで、

何を考える必要があるというのです?



腐り切った対応に、多くの人達は憤りを感じているのです。

それは感情的ではなくて、

至って 自然な 人の心の声です。





誠実であること。

正直であること。

これらは、簡単なようで 実に勇気がいること。

人様に迷惑がかかった時ほど、

震えながらでも

勇気を振り絞らねばなりません。





冷静に物事を見る時、自分の立場を擁護してしまっては

物事は冷静には見れず、まともな考えは出てこない。

そう思います。






亡くなられた方々、

そのご家族、

ケガをされた方々のことが最優先です。





















アガサ

思うこと | Comments(0)
2019/04/19.Fri

雨降って、地固まる。雨のち晴れ。

自分が大事に思う人や信頼していた人が、

自分に嘘をついているのではないか・・・

そんな思いがまとわりついてしまった時、私達はどれだけ

自分の感情に振り回されてしまうのでしょうか。

そういう事態になっていない時に想像する自分と、

実際、その渦中に落とされてしまった自分とでは

大きく違ってくると思います。

果たして、実際起こった時にも冷静に持論通り

自分を保てるでしょうか?・・・



私の場合は、無理だと思っています。

動揺することは避けたいと願いますが、やっぱり、人間ですから

動揺するのも自然だと思うのです。

覚悟が足りない、考えが甘い云々ではなくて、そこは、

やっぱり、人間なんだと思うのです。



まずは、

Mさんから頂いたメールの一部をお読みください。

- - - - -
(略)
「散歩や買い物という日常が幸せだったとご主人が言ってらしゃいます。」
とアガサさんから伝えられるその言葉でやっぱり主人だと思いました。
特別なことは無くても一緒に居ることが幸せでした。
仕事が忙しく、出張が多い人でしたので、愛犬と過ごすお休みを大事にしていました。

○月に主人が亡くなった頃は、喪失感と裏切られていたのではないかという疑念とで
夜も眠れず、気が狂ったように主人の携帯や手帳などを見ていました。
それがさらに自分を追い込み病気もしました。
熱があっても気がつかず、腎盂炎になっていました。
その頃のことが時々フラッシュバッグし辛かったのですが、今年に入り、
主人との生活は幸せだったし、大事にしてくれた◯年間は嘘では無かったと
思いたいと思うようになりました。
この頃、アガサさんのブログを拝見しました。

(略)
アガサさんに主人のことを聞き、信じたいと思えました。
(略)
主人が病気になってから来てくれた愛犬も主人に寄り添い
今は私に寄り添ってくれています。
この子のお陰で私は乗り越えて来れたんだと思っています。
もちろん主人も支えてくれていたと思います。
主人には今、生活できていることに感謝しています。
(略)
心が軽くなりました。前を向いて生きて行けそうです。

- - - - -



何度も申しますが、交流に来られる方から嘘を言われたことは

ありません。

私が他界を盲信することはありませんが

先入観という色眼鏡で見ることもありません。

ご依頼人、他界の方、どちらかを依怙贔屓することもありません。

カチッと音がするほどの本当かどうか、です。



Mさんのご主人は、家庭を守り続けてくれた妻に感謝の思いを

深くされていました。

ご主人は、

<私が仕事が忙しくてもやってこれたのは、妻が家庭をしっかりと

守り続けてくれたからです。親のこともあり、苦労をかけました。

本当に感謝しています。>

とおっしゃったのです。

今の時代、結婚相手の親を看るというのは珍しくなりました。

そんな時代であっても、妻が自分の親を看てくれることが

どれほど大変なことなのかというのがご主人はわかっておられたのです。



交流を続けていくなかで、Mさんからあることを伝えられました。

悲しみにくれるその最中に突然起こったことによって、ご主人への

疑念が浮上してきたのです。

「 私は本当に主人のことが大好きなんです。」とそうおっしゃれる

Mさんですから、相当のことだったと想像するのは難くありません。

信頼しきっていただけに、ボキッと折れてしまわれたのです。



ここで私が申し上げておきたことがあります。

「そうだとしても携帯や手帳を見るなんて・・・私ならそんなことしない。」

というお考えの方もおられると思いますが、

そうしたことは考えないで頂きたいのです。

人を本当に理解する、思いやりを持つ、公平な心の目を持つ、

というのは、人様のされてきたことに対して批判的に独自的に

意見することではないのです。

どんなにお辛かったでしょう、

どんなに苦しかったでしょう、と同情ではなく、

相手の心を慈しむ気持ちが大切なのです。

(批判や非難は、簡単に誰にでも出来、自分の心さえ蝕みます。)



ご主人は誠実に心から話されました。

きっとご主人も妻がそういう疑念を持ち、病を患ってしまう程

苦しんでしまうとは想像もされていなかったと思います。

真実ではないことで、ご夫婦それぞれにお辛かったのです。



他人様の何気ない行動で、傷ついてしまうことは

私達の日常にあります。

だからとって、傷ついたままでいるのは違いますね。

声をあげなければならない時もあるし、

頃を見計らって、静かにしている時もあったり。



交流も終わる頃、Mさんのお声は違っていました。

誤解が解けて、ご主人もほっとされていると思います。



雨降って、地固まる。

雨のち晴れ。













アガサ







愛する人・家族との交流 | Comments(0)
 | HOME | Next »